狂騒旋律

LuNa RhyThm非公式★宣伝ブログ『ロボの公園』

休日も働きますとも作家業

玉子焼きのクオリティが安定して高いらしい。ロボです☆。

 

 

そして着替える作家

柚子湯に入ったためか、においに敏感になって、上着を脱いだ途端「海老くさい」と言い出す。

土日月を挟んで、セミナーの体験はあと一回。

それから、色々手続きを経て、そのセミナーに通い続けるかどうかを選ぶらしい。

LuNa「俺としては通っても良いと思う。唯、俺が一般社会人として馴染めるかの問題がある」

ロボ「職人気質で丸一年以上、貯金生活だったんだもんね…」

LuNa「なんかね、着てるものがもう違うんだよ。古い布のにおいがしないの」

ロボ「ほう。古着はあかんって事かい?」

LuNa「あかんとは言わんが、手入れをちゃんとしてあれば違うかも」

ロボ「黒服着ていくときはコロコロしろって言ってるのに」

LuNa「コロコロ何処かに消えたじゃん」

ロボ「ロボはお弁当しか作らないから、服に関しては自分でなんとかしてね」

LuNa「そうなるよなー。でも、自分の皮膚から海老のにおいがするって嫌じゃね?」

ロボ「魚肉ソーセージのにおいだよ」

LuNa「理由が分かっていれば問題はないが、原因が分からないのに海老くさいって」

ロボ「じゃぁ、魚肉ソーセージ止める?」

LuNa「しばらく魚肉は食べないでおこう。全力でにおいの改善をしよう」

ロボ「蛋白質を控える? 卵以外の」

LuNa「野菜いっぱい食べたいな。じゃがチーズ美味しかったよ」

ロボ「後、シャワーの回数増やすとか」

LuNa「それはちょっと難しい」

ロボ「じゃぁ、食べる物を変える方向でまず実験してみよう」

LuNa「一時期より、植物を摂取する機会が減ったと思うんだが」

ロボ「レーズンは植物だよ」

LuNa「それはそうだけど…。しばらくラクベジタリアンになるわ」

ロボ「それならそれで、買う食材も買えないとね」

LuNa「蛋白質は乳製品と玉子だっけ?」

ロボ「そうだね。それとあわせて、たっぷりの野菜」

LuNa「なるほど。ロボよ、俺の日常のために野菜の飯を作ってくれ」

ロボ「頼まれなくても作るけど。ロボの分担はちゃんと働きますよ」

LuNa「野菜ジュースを独り占めしないでくれ!」

ロボ「ロボだってお腹空くんだもん」

LuNa「ロボのバカ! もう知らない!」

ロボ「LuNaさんのばかぁああああぁぁぁ~。ば~か~ぁぁぁああ…」

LuNa「寸劇はこのくらいにしよう」

ロボ「カンタが居ないと続かないもんね」

飯のことは置いておいて

LuNa「月曜日まで休みだと分かったので、明日は仕事詰めても大丈夫かな」

ロボ「ようやく更新できるんだね」

LuNa「プログラミング、しっかり頼むぞ」

ロボ「おうよ。そっちも、WordとExcelの復習、しっかりね」

LuNa「もちろん。とりま今日の夕飯は何?」

ロボ「ベビーチーズの残りとスライスチーズの残りです」

LuNa「野菜は?」

ロボ「ブロッコリーがあるけど、これはロボの分」

LuNa「俺の話聞いてた?」

ロボ「仲良く分けるには、料理をしないといけないんだよ。今から料理するの嫌なんだよ。めんどいんだよ」

LuNa「ブロッコリーくらい茹でろよ」

ロボ「レンジで乾燥野菜にすることは出来るよ?」

LuNa「ボイルブロッコリーはみずみずしさが命だろ?」

ロボ「お湯沸かすところから始めるなら、蕎麦とかも美味しいね」

LuNa「蕎麦はあるのか…」

ロボ「あるよ」

LuNa「じゃぁ、俺チーズと蕎麦食う」

ロボ「自分でゆでてね」

LuNa「ロボ昼間だらだらしてたんだろ? 夕飯の支度しといてよ」

ロボ「弁当のクオリティを保つための休息です」

LuNa「確かに玉子焼きは美味いんだけど…野菜足りない…」

ロボ「昼間野菜ジュース買って飲めば良いじゃん」

LuNa「昼間はアクエリアス飲んでる」

ロボ「何故?」

LuNa「もちろんにおい対策」

再び飯の話は置いておいて

ロボ「そう言えば、缶バッジの模様に魔法陣描きたいって言う意向は読んでくれた?」

LuNa「読んだ」

ロボ「魔法陣のデザインは?」

LuNa「ロボ考えれば?」

ロボ「やっぱそうなる?」

LuNa「頑張れ」

ロボ「サンストリック語とか入れたら、ぽく成るかな?」

LuNa「サンストリック語使うなら、一文字とかで使いたい。一文字一文字で意味があるから」

ロボ「なるほど。では、検索しますか」

LuNa「サンストリック語を?」

ロボ「意味とかね」

と言うわけで、これからロボもお勉強の時間です。

たぶん19時には眠っています。ロボ眠りすぎの一日。

では、皆様グッナイ☆