狂騒旋律

LuNa RhyThm非公式★宣伝ブログ『ロボの公園』

工事なんとか終わりました。

うさらびっしゅ! イヌドッグス! ねこきゃりっつ! ワニゲーター!

朝は元気な挨拶から。ロボです☆。

 

 

まずは今のところの結果

YouTube視聴回数27件、ニコ動視聴回数25件(←もしかしたら逆かもしれない)。ちょっとずつだけど、伸びてます。

一時は…もう、色んな物がごちゃごちゃになって大変だったんだけど、消したり直したり復旧したりして、一通り…なんとかなるようになりました。

一件だけ、ちょっと気になる設定のところがあるので、それが直せるのか、消すしかないのかをちょっと調べてから…通常活動を始めようと思います。

朝8時に起きて、色々機器をごちゃごちゃいじって。これはショップに行くしかない!ってなって、出かけたら知ってたショップが閉店してて、急いで最寄りのショップを調べて、親切なお兄さんにアドバイスとちょっとした操作をしてもらって、冥福を祈りかけた機器達も立ち直り、ようやくブログ書ける余裕が出来ました。

そしてその間に作家さんは…

ロボ「作家さーん。買い物行ってくれた―?」

LuNa「まだ」

ロボ「なんでやねん!」

LuNa「だってロボが財布持って行ったじゃん」

ロボ「う…。ごめん」

そうです。ロボは、鍵入った財布を持って出たまま、作家さんに一銭も、クレジットカードの一枚も渡していなかったことを忘れていたのです(←無駄遣い禁止のために財布は共用)。

ロボ「じゃぁ、お昼は?」

LuNa「コーヒーだけ」

ロボ「すまぬ。すまぬのぉ…」

LuNa「卵焼いてあったから、それ食べたけど。あれは食べても良かったんだよね?」

 ロボ「そう。あれ朝ご飯。もう、機器の調節で手いっぱいっであれしか作れなかった」

LuNa「ロボは朝昼どうしたの?」

ロボ「スタバでスコーンとフラペチーノ」

LuNa「贅沢したねー。それで、出かけた成果はあったのかい?」

ロボ「おう。後はミステイクの復旧作業かな」

と言うわけで復旧作業も終わりまして、後は買い出しですね。

結局14時台ですよ

これから買い出しです。

その前に一休み。くたびれている2体の生物が、ぐんにゃりしております。

まずは買い物メモ書かなきゃね。

買い物メモ

レーズン

バナナチップス

チーズ

カップ

パックご飯

蕎麦

ネギ1本

アイスクリームMOW

コンニャク

シラタキ

寒天ゼリー

ご当地アイドル

ロボ「緊急で別のショップに行くことになった時さー、バス路線と停留所おしえてもらったんだ」

LuNa「ほう。それで?」

ロボ「忘れないように頭の中で暗証しながら歩いているのに、駅を通過するとき、それを邪魔するようにご当地アイドルのアピールソングが流れてきてさー、『マジうるせぇ。マジうぜぇ。消えろてめぇ』と思ってしまった」

LuNa「『消えろ』はボリューム抑える意味で?」

ロボ「いや、その時はてんぱってたから、存在がウザかった。だって、すごくアホみたいなアピールソングなんだもん」

LuNa「うーん。めっちゃ真面目になってるときは、アイドルの明るさを受け入れている余裕は無いか」

ロボ「明るさって言うか…アホさって言うか…もうどうでも良い…」

しなしなになる

ロボ「なんかもう…青菜に塩と言うか…漬物に塩と言うか…」

LuNa「燃え尽きるな。これから美味い物を食えると思え」

ロボ「でも、それ全部作るのロボじゃん。そのままでおいしいものを買って来てくれ」

LuNa「リバウンド覚悟でカニカマとか食う?」

ロボ「うん…。なんかお魚食べたいよね」

LuNa「節約しながら魚介を摂るとなると…チーカマとかも視野に入れる?」

ロボ「あれあると全部食べちゃうからダメ。ダイエットに成らない」

LuNa「そうすると、ちょっと高くても一度美味しく食べて、あとは再び減量生活とか?」

ロボ「そうすると、ごちそうサーモンを食べるか、ボイル海老のパックを買うかのどっちかになるね」

LuNa「海老だな。サーモンは高すぎる」

すらっとしていたロボさん

ロボ「あのね。良い事が一個だけあったんだよ」

LuNa「スマホがなおったのも良い事だろ?」

ロボ「うん。その他に、なんと!」

LuNa「ん?」

ロボ「街角の鏡に映ったロボさんがすっきりしていたのです!」

LuNa「それは痩せていたと言う意味?」

ロボ「見た目的には、とてもスレンダーでしたね」

LuNa「鏡歪んでたんじゃない?」

ロボ「え? ロボそんなにデブ?」

LuNa「いや…太ったって言ってた時と、あんまり変わらないと思う」

ロボ「贅肉がつくか筋肉がつくかの違いだと思われます」

LuNa「筋肉質になったと」

ロボ「そう言うわけです」

LuNa「じゃぁ、なおさら魚食べないとな」

ロボ「腹筋も頑張る」

LuNa「じゃぁ、そろそろ買い物行く?」

ロボ「頑張ってね」

LuNa「引きこもる気は満々なのな」

ロボ「だってロボ、スタバのスコーンとドリンクだけで長距離移動してきたのだよ?」

LuNa「ここのところ外に出て無かったから、長距離に感じたんだろ」

ロボ「今日曇りだから、買い出し行くなら穴場だよ。また明日40℃とかになったら嫌でしょ」

LuNa「風呂に入りながらは移動したくないなー」

ロボ「じゃぁ、16時頃出発と言う事で。暑さも峠を越えた頃だよ」

LuNa「前、夕方になっても外気温37℃でビビったことがある」

ロボ「残暑は…続くね」

LuNa「何故間を置いたし」

ロボ「外の暑さを表現」

LuNa「そんな暑いの?」

ロボ「なんかねー、日光はさほどじゃないけど、蒸される」

LuNa「着衣のままサウナに入ると思って出かけてくる…」

ロボ「水分補給してからね」

カツカツですが、ロボsは、まだ生きています。

LuNa RhyThm official web site 月暦には、

http://lunarhythm.holy.jp」からアクセス☆!

indexのナビバー【新規更新】のテキストリンクから、YouTube版新譜CDアピール広告が見れるよ。

テキストリンクの後、ボタン画像のページに飛ぶから、そこからYouTubeにさらに飛んでみてね☆

手間を取らせてすまんでごわす。

では、See You Next Time! ご飯を待つ★