狂騒旋律

LuNa RhyThm非公式★宣伝ブログ『ロボの公園』

お昼から昼下がりにかけてのリポートとか

作家さん、行き詰まる。リポーターのロボです☆。

前日まで何も動きがない状態で、急に作業を詰めろと言われても無理らしい。

 

 

CDの検証

一応、ボロカスなポータブルCDプレイヤーでCDを聞いてみたけど、普通の音だったので、ポータブルでの試聴も可能と。時々少し音のでかい(低音がやたら響いている)曲がある以外は、不自然ではないかな。

ラウドパンクとEDMの混合CDだからね。作家さんは、スペース内で試聴の方には、どちらがお好みか聞くように。

お弁当の感想

LuNa「玉子焼きとチーズが染み渡るようにうまい。朝ご飯に蛋白質なかったから」

ロボ「おお。そうだったね。でも、チーズも2人で分けると、1日1個ずつしかないから、余計な時に食べないようにね」

LuNa「君は夜中に起きた時に食べないようにな。俺の油揚げが消えていたのには気づいている」

ロボ「うーん。油揚げ2つ買って来ればよかったか」

LuNa「異常にコンニャクの数が多い件は何?」

ロボ「刺身コンニャクが食べたいと思って」

LuNa「シラタキも多いけど」

ロボ「もしもロボが昼に何か食べたくなった時のために」

LuNa「でも、何故シラタキ?」

ロボ「麺っぽいから」

LuNa「そこまで自分を追い込むってどうよ?」

ロボ「追い込まれて今がある」

LuNa「何言ってんの君」

作業が進まないので

外部からの情報を仕入れようと…何故かYouTubeを観始める。

人狼ジャッジメントの新アイコンがカワイイ。笑ってるサンドラがカワイイ。

でも、実況プレイヤーさんは男性なので、参加者にカワイイカワイイ言われて、「すごく心が痛い」と述べていた。

そして…ロボは…鍛えてるのに昼間断食状態で、そろそろカラカラしてきた。

断食中は運動はして良いけど、筋肉負荷系の体操はしないほうが良いのかな。

筋肉に負荷をかけるより、のばしたり縮めたりの運動のほうが良いのか。

夜間にストレッチをしていた(シャドーボクシングもしていた)ロボは、間違えて無かった。

それにつけても、作家さんの作業…どこから手をかけたら、とっかかりがあるのか。

熟考して、閃くものがあれば良いんだけどね。

作詩をしようとして、「今作詩って気分じゃねーわ」とか言い出すし、「小説もショートノベルくらいしか書けなさそう」とか言っているので、それならショートノベル書けよって話だけど、続き物の候補は、「Michele’s story」「A Magus's story」「Ash eater」の3作があります。

「Ash eater」は割と1話が長いほうだけど、外伝とか番外編とかを書けば、ショートノベルとして成り立つので、数に入れておきます。

一番ベタな所だと、「A Magus's story」かな。今作家さんのはまっている「クラシックファンタジー」の部類だし、3篇で1話なので、構造も分かりやすいのです。

「A Magus's story」の紹介

修業中の魔女、「リオナ」さんの冒険記ですね。「Ash eater」にも魔女は出てくるけど、時代設定やファンタジー要素としては、リオナさんの物語のほうがファンタジー色も強いのかな?

リオナさんは人生の途中から魔術を習い始めたので、年齢は20代前半、強力な結界や攻撃魔法も使えるけど、魔力のキャパシティがまだ追いついてないって感じですね。

とある事件から、こちらも修業中の精霊(最初はまだ幼霊)と出逢い、行動を共にするようになります。

リオナさんの主なフィールドワークは、古代魔術を研究すること。

そんな中で、色んな人や魔物や霊魂に会って、リオナさんと御供の精霊が、一人前の魔女と精霊として成長して行く過程を綴ってあります。

ロボが描いたリオナさんのイラストは、以前当ブログで発表しましたが、瞳の色はアメジスト色(紫)って言う設定なのに、何故かピンクに近い紫にしてしまいました。

髪は栗色のロングヘア、右手に魔力を持ったタトゥーをしており、リオナさんが能力を使うときは、主に右手に魔力を集めます。

第1話で、ヒーラー用の、かなり高度な威力のある杖を手に入れ、そこそこ使いこなしていますね。

そんな感じの話ですが、続きは?って言うのが、ロボの意見。

先に上げた3話がほぼ同時進行中なので、ショートノベルを書くなら、何処から進めるか…と言う所。

できれば、リオナさんの話か、Ash eaterの外伝か番外編を書いてほしい。

ですがここで問題が

今手掛けているCDも、物語形式のものなんですよ。

さすがに、どっちかに集中してもらわないと成らないと思うので、ここはクロスフェードデモの制作を、パパッと片づけて、それからショートノベルを書いてもらおうか。

ロボ「ショートノベルが書きたかったら、クロスフェードデモをさくっと作るのだ」

LuNa「うーん。どのみち、クロスフェード作りからは逃れられないからな…」

ロボ「今日は、せめて音源データを完成させる段階まで持って行こう」

LuNa「曲のどこを抽出するかとかも結構難しいんだけど」

ロボ「聴きこむしかないね」

作家さんの反抗

LuNa「それも良いけど、食事ちゃんと摂ってる状況下で制作がしたいのですが」

ロボ「おやつに豆腐を食おう」

LuNa「うん…低カロリーだな」

ロボ「足りなかったらコンニャクを切るよ」

LuNa「俺もう減量やだ。一人で弁当食っておいてなんだけど、急にストイックになりすぎてない?」

ロボ「うーん。じゃぁ、おやつにベビーチーズ一列食べて良いから」

LuNa「うん…。でも、食べてみて『行動する気が起きるかどうか』は分からないよ?」

ロボ「ちょっとお昼寝もすれば良い。勝負時は17時以降だから」

LuNa「Twitterの画像も作らないとならんし…」

ロボ「今14時30分くらいだから、1時間だけお昼寝すれば良い。15時30分くらいから実働」

LuNa「今後は、起きた途端『作業詰めろ』って言われても、無理だからね?」

ロボ「それなりに週ループが出来てくれば、慣れるよ」

こんな感じで…進んでる?よね?みたいな状況ですが。

記事が長くなるので、リポートここまでにします。

ではまた☆