狂騒旋律

LuNa RhyThm非公式★宣伝ブログ『ロボの公園』

眠ろう。そうしよう。

作家さん副業探しの旅。今日は曇りなのでそこそこ涼しいのでは。ロボです☆。

作家さん、朝ご飯に蕎麦を食べさせられたの巻。

 

 

蕎麦

LuNa「(朝食が)蕎麦か…」

ロボ「蕎麦です」

LuNa「食料足りてる?」

ロボ「足りてません」

LuNa「何か買って来ようか?」

ロボ「帰ってきてから行こう。今日は涼しそうだからロボも出かけたい」

LuNa「別に良いけど。帰ってくるの何時になるか分からんよ?」

ロボ「大丈夫。午後に差し掛からなければ」

って言ったけど、現在差し掛かってるよ!

12時過ぎたよ! まだかいな。

もう良いよ。ロボは買い物メモを書くよ。

買い物メモ

パックご飯

ゼリー

魚肉ソーセージ

チーズ

チーカマ

ナッツ

レーズン

バナナチップス

氷蜜(何味でも良い)

炭酸水

野菜ジュース

コンニャク

シラタキ

カップスープの素

インスタントコーヒー

ハチ公

パトラッシュ

ニーベルンゲンの指輪

エッダ

シュミテクト(ホワイトニング)

キュキュットの詰め替え

待ちきれないロボ

お腹空いたよー。2食連続蕎麦は嫌だよー。と思うけど、食べてみたらまた違うかもしれないので、一応蕎麦を食べておこう。

何か噛みたい…ガムもメモに入れておこうかな…でも高いんだよな。

13時6分

LuNa「ただいまー」

ロボ「おかえりー」

LuNa「昼食った?」

ロボ「今蕎麦を茹でようとしていた」

LuNa「また蕎麦?」

ロボ「蕎麦開けてあるから、湿気る前に食べないと」

LuNa「それはそうだな」

ロボ「蕎麦食ったら買い物行こうぜ」

LuNa「ちょい休ませてくれ。シャワーしたいし」

ロボ「そんなに外暑い?」

LuNa「いや、家が蒸し暑い。汗一気に出た」

ロボ「たぶん湯気の影響だ。後、洗濯物」

(作家さん風呂場に消える)

ロボ、蕎麦を食う。食ってみたら蕎麦は蕎麦で美味しい。

腹が減ってるときってなんでも美味しいんだね。

江戸っ子と蕎麦

その由来は、職人さんが昼飯を簡単に済ませるために、そばを好んで食べたことから始まり…一時期は、サラリーマンさえも昼飯5分で食って仕事に戻るとかしていたらしい。

ロボも何回か立ち食い蕎麦屋で、すぐ出てくる蕎麦を食べたことがあるが、質より量って感じだった記憶がある。

切り方が多少荒くったって、ある程度細ければ蕎麦は蕎麦だ。

400円の蕎麦に、そんなにクオリティは求めない。

だが、蕎麦御前1食1500円台の蕎麦屋もあるので、そう言う所ではちゃんと美味しいお蕎麦を食べたい。

てんぷらはカリカリでなければならないし、食後には蕎麦湯も飲みたい。

蕎麦の量は少なくても、おむすびが付いていれば上等だ。

物価が安い地域に住んでいるので、1500円台でも、そこそこのごちそうは食べれるのです。

ちなみに寿司も乗り合わせは千円くらいで売っています。作家さんが都内で食べたと言う1500円のパック寿司と同じくらいの量だけど、500円安い。

食熱

ちゃんと沸騰したお湯で蕎麦を茹でたら…蕎麦湯がサラサラ! でも、しっかり蕎麦の味が残ってます。

そして食熱で暑くなるロボ。タンクトップ涼しいわ。

LuNa「あがったよー」

ロボ「すまねぇ。蕎麦がラスト1束だった」

LuNa「じゃぁ、ちょっと休んだら買い物行きますか」

ロボ「ご飯食べてなくて大丈夫?」

LuNa「多少食べたから、大丈夫」

ロボ「買い食いですね?」

LuNa「だって昼近かったんだもん」

ウゴゴゴゴゴ…

ロボの腸が鳴っている。たぶん蕎麦の繊維質がお腹を掃除してくれているんだろう。

だが、ロボは今…甘いものが食いたい

激しく甘いものが食いたい

ので、早くレーズン食べたいなー。

ロボ「眠くなってきてしまった」

LuNa「昼寝すれば?」

ロボ「うん…2時間くらい眠って良い?」

LuNa「お好きなように」

ロボ「LuNaさん…『うさ草』を食べてはいけないよ」

LuNa「変な遺言を残すな」

と言うわけで眠ります。

ではまた☆