狂騒旋律

LuNa RhyThm非公式★宣伝ブログ『ロボの公園』

飯食う

内科はまだだけど。っていう話。ロボです☆。

 

 

リアル摂食障害?

ロボ「もしロボが、本当に拒食症だったらどうする?」

LuNa「よりリアルな物語が書けるな(『Ash eater』の主人公が拒食症)」

ロボ「じゃぁ、過食症だったら?」

LuNa「それは防止できるだろう」

ロボ「どうやって?」

LuNa「食べ物を買って来ない」

ロボ「確かに…食べれるものが無ければ過食には走らないけど、『過食』と『過食症』は違うんだよ」

LuNa「それは分かってる。『過食』は唯食べすぎる人、『過食症』はいっぱい食べた後に自動的に吐いてしまう人、だろ?」

ロボ「はてなキーワードで、意図的に吐いているように書いてあったけど、実は全自動だったりするっていう状態だね」

LuNa「ロボ的には過食症を疑ってるの?」

ロボ「胃袋が膨らむことを拒絶しているのはなんとなくわかる」

LuNa「昨日、そばを食べた後は?」

ロボ「ちょっと胸がむかむかしたけど、布団に横になったら胃に溜まっていたものが腸に移動したらしい」

LuNa「胃がんも考えられるから、充分注意しろよ。まずは今日のうちに内科に行くこと」

ロボ「ヘイホー」

バナナチップス半袋

満腹感が取れないので、今日のロボの朝ごはんはバナナチップスです。

拒食症は「お腹が減っても食べられない」って言う状態らしいけど、ロボの今の状態は、お腹が減らないんですよ。

でも、朝だから何か食べたい、脳に糖分が必要である、と言う事は分かっているのでバナナチップス食べたんですけど…まぁ、毎年夏には寒天ゼリーで1食とかにしていた時期もあるので、大丈夫と言えば大丈夫です。

唯の夏バテだと良いな…。胃がんは嫌だ。

お茶は飲める

本当に、うちの作家さんのHP小説「Ash eater」の世界じゃないけど、お茶は飲めるんですよ。

食事を受け付けなくなってきているだけで。

ロボ「がん患者が、食事を摂らない療法でがんの進行を食い止めるという物もあるらしいけど」

LuNa「それは食べれないんじゃなくて食べないんだろ? 根本が違うよ」

ロボ「胃袋がびっくりしてるだけだと良いんだけどなー」

LuNa「だから、内科で調べてもらえって」

ロボ「午後から行く。15時からの診察が可能らしいから」

LuNa「療養ブログにならないうちになんとかしたほうが良いぞ」

それよりも!

ロボ「LuNaさんよ。作曲は進んだかい?」

LuNa「1mmも動いていない」

ロボ「使う楽器決めて、いつも通りパパっと作ってしまえばいいじゃないか」

LuNa「今回は難産かな」

ロボ「〆切は1週間後だからね」

LuNa「了解」

ブログチェック

ロボ「やはりバスの冷房は涼しいらしい」

LuNa「直射だと涼しい」

ロボ「それと、逆絶対音感と言う物を持っている人が居るらしい」

LuNa「逆か…」

ロボ「逆です。音が上がるところで下がって、下がるところで上がるんだよ。ある意味すごいよ」

LuNa「そう言う人は、合唱でテノールを任されると美味くハモるんじゃないか?」

ロボ「女声だったらアルトの音域ですね」

LuNa「ストレートな音階で歌えるのって、ソプラノと…バスだっけ?」

ロボ「確かね」

LuNa「ロボの発言と被ってしまった。バス違い」

ロボ「うむ。バス違い」

ご飯の時間

ロボ「食べないなら食べないで気持ち悪い」

LuNa「では、拒食症では無いな」

ロボ「玉子を焼きます」

LuNa「お願いします」

(調理中)

ロボ「出来ました」

LuNa「素早い」

(食事中)

ロボ「一度食べ始めると、主食がちゃんと食べたいな…」

LuNa「蕎麦ゆでれば?」

ロボ「お腹的には、卵だけで十分っぽい」

LuNa「頭が腹減ってるんじゃね?」

ロボ「その可能性はある。お腹がいっぱいにならない、適度なものが食べたい」

LuNa「内科行った帰りにお菓子を買って来なさい」

ロボ「うーん。あんまり食べる気しないかも」

LuNa「じゃぁ蕎麦を食えって」

段々療養ブログになってきている

ロボのお腹の調子を宣伝してもどうしようもないので、とりま一度締めます。

作家さんには、【音響効果】の新曲制作、次にMew曲集のクロスフェード作り、と言う昨日決定したメニューを…なんとかこなしてもらいましょう。

音響効果が押すようなら、先にクロスフェード作りでも良いけど。

15日までには、【8月の音響】掲載予定の、

LuNa RhyThm official web site 月暦には、

http://lunarhythm.holy.jp」からアクセス☆!

では、See You Next Time! 蕎麦★