狂騒旋律

LuNa RhyThm非公式★宣伝ブログ『ロボの公園』

午前中いっぱいだらだらしていた日

おはようございます。クリエイターLuNa RhyThmさんのアシスタントのロボです☆。

作家さん、昨日HPにアップした曲が気に入らないらしい。

 

 

何故なら

LuNa「後半の伴奏の繰り返しが長すぎて、曲がもたついているように聞こえてしまう」

からだって。

パソコンで聞くとそんなことは無いんだけど、スマホとかで聞いた場合はGUMIの声ばっかりはっきりしてて、確かに伴奏の印象薄いかもしれない。

改善が必要なので、後々サウンドデータを差し替えます。

寝違えた

右肩を寝違えたらしく、パソコンを打っていてもひどく痛むので軽く柔軟。

右首まで痛くなっているので、かなり広範囲の筋を寝違えたらしい。

ロボ「まずいぞ作家さん。このままでは卵が焼けない」

LuNa「それ以前に食材が無いので、今日は買い出しです」

ロボ「そうか」

LuNa「そうだ」

ロボ「買い物メモ作っておく。作家さん、何か食べたいものは?」

LuNa「鮭。野菜」

ロボ「限定的なのかざっくりなのかはっきりしてくれ」

LuNa「鮭とおひたし」

ロボ「大変分かりやすくなりました」

買い物メモ

・卵

・鮭

・ほうれん草

・ドライフルーツ

・鮭ふりかけ

・野菜ふりかけ

・パックご飯

ミニトマト

・チーズ

・粉コショー

そしてブログをアップする前に買いに行ってしまう作家。

まだ500文字ちょっと

早急にブログを完成させる意味が無くなったので、じっくり書いてみよう。

じっくり…なんについて書けば良いんだ。

今日は月曜日なので、週ループを思い出すなら「漫画を描く日」なのだが、ここの所、連続的に〆切が続いていたので、ロボがデスクトップを占領するのはやめていたのだ。

作家さんが出かけているうちに、ちゃちゃっと描いて編集できれば良いのだが、何せ肩を負傷(←寝違えただけ)しているので、そこまで迅速な作画は出来ないと思う。

何より、普段の文字ブログで使ってしまっているので、ネタがねぇ! と言う事もある。

最近食べ過ぎである

何を書こうか迷っているうちに作家さんが帰って来た。

LuNa「だたいまー」

ロボ「おかえり。買う物分かった?」

LuNa「大体いつもの物を買って来た」

ロボ「粉コショーは?」

LuNa「あ。忘れてた」

ロボ「だからブロブアップを待てと言うに」

LuNa「それに何時間かかるんだよ」

ロボ「せめてメモを持って行くとか…」

LuNa「麦茶冷えてる? 外暑くて」

ロボ「スポドリならあるよ」

LuNa「ちょっとくれ」

ロボ「ガツンと飲むが良い」

LuNa「マジで? 後から『ロボのスポドリが消えた』とか言うなよ」

ロボ「それほどブレインは老化していないはずだ」

寝違えた肩が治らない話

ロボ「肩が治らないよー」

LuNa「だと思って調理せんでも食えるものを買って来た。ボイルイカカニカマ」

ロボ「なんか食欲のわかない組み合わせだね」

LuNa「うん。俺もあんまり食べる気がしないんだが。どちらかと言うとカップうどんを買って来たほうが良かったような気がする」

ロボ「今求めているのは塩分か」

LuNa「らしいな。水分と体液の比率が合わない」

ロボ「体液を作るのって何が必要なんだろう?」

LuNa「ポカリ」

ロボ「何が必要か分からなくなったら飲め」

LuNa「北野さん渋いなぁ」

ロボ「この会話、元ネタを知ってる人しか面白くないよ」

LuNa「ウケを狙うために会話をしているわけではない」

クロレッツ買わね?

ロボ「ガムを買っておくといいと思うんだ。腹は減ってないけど甘いものが食べたいときとかに」

LuNa「キシリトールとか?」

ロボ「もしくはクロレッツとかね。そうしないと、ロボの総重量が段々上がってゆくのです」

LuNa「夏なのに、確実に食べ過ぎてるもんな…」

ロボ「冷たいものをちょっと食べてやめておく食生活にすると良いと思う」

LuNa「今度、寒天ゼリー買って来る?」

ロボ「そうだね。それからクロレッツね」

LuNa「それから粉コショーか」

ロボ「その通り」

作家さんの髪を切る

ロボ「では、これから断髪式を…」

LuNa「俺は力士か」

ロボ「それほど太ってはいない」

LuNa「まぁ、前髪伸びてきたから切るけど…自分で切るから放っておいてくれ」

ロボ「遠慮するな。ロボが可愛くカットしてあげるから」

LuNa「君のカワイイはセンスがよく分からないから遠慮する」

ロボ「せっかくロボがベリーショートに…」

LuNa「パツン前髪を維持しろと言ったのは誰だ」

ロボ「冗談だよ。前髪だけを残してショートに…」

LuNa「やめろって。前髪以外は、ちょっと伸ばす予定なんだから」

ロボ「なんだ。伸ばすのか」

LuNa「整えるくらいはするけどな」

ロボ「じゃぁロボが…」

LuNa「しつこいと怒るよ」

ロボ「マッシュルームカットに…」

LuNa「方針を変えてもダメです」

締めよう

そして作家さんを兎さんにする計画は断たれたのだった。

ロボはただ…作家の髪をロップイヤーにしたかっただけなのに…。

そんな話とは全く関係ない、

LuNa RhyThm official web site 月暦には、

http://lunarhythm.holy.jp」からアクセス☆!

では、See You Next Time! お仕事開始★