狂騒旋律

LuNa RhyThm非公式★宣伝ブログ『ロボの公園』

駆け足で季節は過ぎ去ってゆくぜ

お夕飯の時間。キター! と、ロボのお腹は喜んでいる。

だけどブログを書いている。

 

 

短く今日の記録

食べた物

・朝ご飯、鮭ふりかけ、パックご飯、紅茶。

・昼ご飯、茹で海老、じゃがりこ、バナナ。

・おやつ、レーズン。

・夕ご飯、卵ご飯(←今実食中)。

仕事

・作家:作曲。YouTube人狼ジャッジメント実況を観る(←仕事?)。

・ロボ:家事。YouTubeAudacityの環境ノイズを除去する方法を探す。

運動

作家:運動せず(買い物には行ってくれた)。

ロボ:お腹がこなれ次第、筋トレと柔軟。

全体的に

今日は後手に回った感じがありますね。何が悪かったんだろう…。

すべきことは早めに出来てたし、作家さんの作曲作業も、後は伴奏の基礎をコピー&ペーストして色々味付けするだけっぽいし、作曲作業が朝早くと帰宅後と言うなら、エアーとしても間違えて無いし。

昼間の時間の使い方が悪かったのかな。

お買い物は作家さんが行ってくれたし、作家さんが人狼ジャッジメントの実況を観ている間は、ロボ昼寝してたし。

洗濯物が進んでいないとかかな。だけど、それはあんまり関係ないだろう。

昼寝もそんなに長くなかったし、ご飯もちゃんと食べたし。

なんで「何もしなかった感じのある日」なんだろう。

気分的には、「これから巻き返せ」みたいな風なんだけど、あと2時間30半後には眠る時間なんだよね。

作家さんの作曲が中途半端って言うのも気にかかるけど、そろそろ。そろそろ。3曲目仕上げようよ。

7月までには曲揃えなきゃならないって以前書いた気がする。

それから7月以内にグラフィック作って、当選落選通知を待ちながらどちらにしても8月までにはCD作って、9月はどっちに(合否が)転んでも良いように予備の時間として、10月イベントと。

作家さんが副業決まると、圧倒的に昼間の時間が無くなるから、今のうちなんだよね。色々作れるのは。

名刺も作ったし(業者発注で、めっちゃ簡単に作れました)、後は…。

反省会

ロボ「LuNaさんが昼間の時間を十分創造的な事に使えると、副業に就いてからも、『作業、休憩、作業』のローテーションにそれを組み込めると思うのだが」

LuNa「朝早く起きて作業して昼間も作業かよ」

ロボ「パソコン以外の作業をすれば良い。絵を描くとか」

LuNa「あー。それがあったか」

ロボ「LuNaさんが絵を描かなくなってから数ヶ月経過するので、画力はだいぶ落ちていると思われる」

LuNa「否定できないな」

ロボ「でも、描きたいのは人物画じゃないんでしょ?」

LuNa「うん。抽象画」

ロボ「それなら感覚と画材の問題になるから大丈夫か」

LuNa「抽象も結構難しいんだよ? 絵の具盛ったり削ったり」

ロボ「抽象のジャンルによるでしょ」

LuNa「まぁその辺は置いておいて、ロボは昼間に眠くなるのなんとかならない? 昼寝絶対必要?」

ロボ「栄養状態による。後、コーヒーがあるかどうか」

LuNa「明日も買い出しに行くのか…」

ロボ「頑張ってくれ。ロボは日に焼けたくない」

LuNa「俺も日には焼けたくないよ。だから長袖着て行ってるんだし」

ロボ「外歩くと、通勤の練習になって良いじゃん」

LuNa「それはそうだけどな」

締めるよ

と言う事で、とにかく「昼間活動する生活」に体を慣らせることが第一かと。

その日課の中で、色々作業をすると言う事で。

作家さんには、これから18時より残り時間1時間の間で、3曲目の伴奏の、せめてコピペを済ませてもらいましょう。

歌メロ作りを明日から始めて、調子が良かったら歌詞も書いて、ボーカロイドに歌わせてみて「良い感じ」だったら、細部を作りこむかどうかを検討して、一旦耳休めて、次の日聞いてみて変じゃなかったらそれでGOで。

その活動を可能にするために必要なのが…コーヒー。

紅茶はちょっとダメだね。カフェイン(テアニン)の量は紅茶のほうが多いらしいけど、お湯で薄める分、作用が優しすぎる。

コーヒーのね、あの、胃袋の油を全て吸い取るかのような…これロボが胃袋壊していたときの体験だから、一般の人には当てはまらないけど、「きっちり効いてるんだなー」って言う、コーヒーのあの覚醒作用が必要なのです。

あああ。18時1分過ぎてしまった。

とにかく、「頑張って昼間起きる」。

まずこれを目指そう。

ではまた☆