狂騒旋律

LuNa RhyThm非公式★宣伝ブログ『ロボの公園』

表現者って言うんですよ(敷居が高くない表現の話)

はふー(ため息)。作家さんがTwitterに新作CGコラージュを朝から3件上げました。

まずはコーヒーでお疲れ。

 

 

練習用なんだってさ

3件上げたCGコラージュですが…どれもCG技じゃないと作れない物ばかりだし、これをCDのグラフィックに使ってしまうという案もあるのですが、

LuNa「こんなのじゃまだ足りねー」

と言って、Twitterに貼り付けて、機会があったらHPにも載せ…るのか?は、未定だけど、とにかくCGコラージュを増やす方向で考えているらしい。

別件のほうにも貼りつければ、多少は見てくれる人も居るだろうに…。

出し惜しむ。この人は…この人はもう…自分をアピールしないんだから(プレゼン苦手なタイプ)。

そしてロボの変身道具購入について

ロボの、この邪魔な両胸のでっぱりを、シュッとスマートにすべく、「ロボ少年化計画」を実行します。

代引き出来ると良いんだけどな…。カード払いとかだったら買えへんから、カード式だった場合は旧繁華街のデパートに行ったとき、「胸つぶすブラ売ってませんか」って聞いてみよ。

Amazonにあるくらいだから、デパートにもあるでしょ。

男装以外の目的でも、和装とかの時に胸をつぶす必要がある(人がいる)から、結構そう言うブラは一般的に売られているらしい。

男性用ブラ(サイズXL)とかもあるので、間違えないように買わなければ。

外が初夏だと言う事を実感した

湿気はないけど、日光が熱いんですね。日焼け止めもメイク(多少日焼け止め効果あり)もして行かなかったので、なるべく日陰を歩いたり、春コートのフード被ったりしてたけど…暑いよ~~~~~おぉぉぉ。

梅雨から梅雨明けにかけては、この暑さに湿気が伴うんだよなぁと思うと…。

ロボは、錆びるかもしれない。臓器は大丈夫だが、皮膚とか?

こまめに着替えたりこまめに洗濯したりこまめに着替え買って来たり…すごく消耗しそうな今年の夏。

特に、胸ペタブラ買ってからは、一枚多く着ているのと同じことになるから…水分補給は欠かさずに。

今日も比較的軽装で出かけたんだけど、帰ってくるときには身に着けていたもの全てが汗だくになっていた。

着替えましたとも。

しかも、お腹が減りすぎて、予定より早く出かけてしまったので、カフェ2件はしごしてもショップの開店時間まで待てず、

LuNa「帰るか」

ロボ「おう」

って言って帰ってきた。

朝のバスが無駄に快速だったりしたから…バカバカ。〇〇交通のお世話焼きさんめ!

作家さんのTwitterの宣伝をするために

Twitterの宣伝ってどうやるんだろう。

他人のTwitterに「いいね」を残したり、リツイートをしたり、とアクションを起こせば、何らかのきっかけにはなるかも知れないが、今のところ…作家さんのTwitterがどんなジャンルに属するか分からない。

って言うか、ロボがどうにかできるわけじゃねーし。

今日になって、「暇だったからCGコラージュのリベンジをしてみた」と言う段階なので、これから「CGコラージュとイラスト用Twitter」として特化して行くかどうかって言う感じ。

イラスト…描かないとね。

明日はBoys Day

ロボはごつい青年を描く練習中だよ。

ロボの愛らしさあふれる絵に、「ごつさ」をプラスせねばならない。

イメージ、原始人…ではなくて、ラグビーとかやってそうな青年。

思い描いただけで、むさい。

でも、この「理想的なごつさ」をクリアすると、あれですね。

外国の方が大好きな、マッチョメンが描けるんですね。

マッチョとグラマーの組み合わせは、特に欧米の方は大好物ですからね。

そのマッチョとグラマーの「良い感じショット」のイラストとかをTwitterに載せると海外の方の反応が良いらしい…とは聞き読んだことはあるけど、うちの作家さんの作風から言って、無理だな。

ロボが描くも無理だな。ロボがそう言う「良い感じショット」を描いても、美的に決まらないと思うので、やめておきます。

意識高い系?

そんな世俗に溢れたショットとかは他の人に任せておいて、うちの作家さんはうちの作家さんなりの作品を…とりま、CGコラージュの品質向上を目指しましょう。

Twitterの圧縮と解析度の関係とか段々分かってきたっぽいので、後はどんな写真やどんなPhotoshop技を体得するかだね。

今回の練習で、ポスタリゼーションと、とある技法の合わせ技を身に着けたらしいので、これからもどんどん…まずは素材集めだ。

世俗っぽいのは他の人に任せるとなると、意識高い系なのか?と疑問視されそうだけど、唯単に、ロボsが世俗っぽいものを描いても、決まらないだけなんだよね。

美術的なものを操る上で、自分の技能を何に特化させて行くかって言う問題が発生してくるんだけど、全体的に何でも活動できる人も居ます。

こう言う人はデザイナーやマルチクリエイターに向いています。

だけど、デザイナーと言うものは、ある種の発明家なので、発想の柔軟性と応用力が大切です。

芸術性や自分の感性に特化したものを作る人は、アーティスティックな方面に向いています。

ただ、芸術を極めるのはパネェ努力が必要っすよ。

写実を極めた人も、抽象を極めた人も、筋肉のようにたゆまぬ「観察力」「再現力」「発想力」等々、全ての感覚と技を駆使し、作品を作り上げるのです。

一般で言う意識高い系ではないけど、一応美大通ってた身としては、このくらいのことはちゃんと「意識」はしています。

そのくらいの心構えないと、やってけないよ。作家さんも、そのアシストも。

料理と美術は体育会系

繊細なものを日常的に作り出す世界に居る人ほど、会社や事務所の気質、現場でのモチベーションなど、とっても体育会系です。

特に、社会人になったばかりの美大生等は、遅刻厳禁、欠席厳禁、遅刻欠席したら丸坊主にして来い、雪が降ったら率先して撮りに行け! くらいな勢いです。

たぶん「丸坊主にして来い」は女性でも言われる。そのために、世の中にはウィッグという物がある(とロボは思う)。

「この吹雪は俺のもんだー!!」って心の中で豪語しながら吹雪を撮影できるようになるのが、大卒の若さに期待されている根性なんだろうね。

実際、ほぼ個人で活動してる、うちの作家さんも、大雪が降った時に「この新雪は俺のもの!」って言って、早朝の誰も踏んでいない豪雪を撮りに行ったくらいだから。

ロボも着いて行こうとしたけど、「余計な足跡がつくと、雪が美しくなくなる」と言って断られた。

たぶんロボその後眠りなおしたから、当日の記録はないと思う。

そんな気楽な作家生活をしていたら…いつの間にか5年経過してたんですけどね。

「かなり出遅れたなー」って言うのは、作家さんも分かってると思うけど。

その分巻いて行きましょう。今日も元気なロボはお昼寝したけど! お昼ご飯食べると眠たいねん!

別件活動で作家さんが歌歌うのは何故?

「EDMを使ってるうちに『自分でも歌いたい』と思うのは自然な事」だそうです。

音楽の出発地点が、一般のアーティストさんと逆なだけで、歌うこと自体は作家さんも好きなほうなので、「体現できるなら表現者になってみるのも良いと思うのです」だってさ。

丸1年、作家業の一環としてボーカリゼ―ションの練習してたし、パソコンの故障で吹っ飛んだ4曲も、後2曲作れば追い付く段階に成って来たし、

そろそろ声の吹込みして、聞いてみて「Go」が出せるレベルだったら合成して、まずは友人達にCD-Rを配るところから始めるってさ。

次回イベントは別件の名前で出展しようとしてたけど、やめたって。

まず、友人達の反応を聞きたいらしい。

作家さんの声質「基本、太くて低い。時々裏返る。悪ロリボイスが出る。太めの少年声が出る。音域が無駄に広い」という基本装備を、色々駆使してもらいます。

次はMew曲集を引っ提げて、M3 2018秋に、合格できるかな? って言う段階です。

夏イベントは…たぶん無理でしょう。

今から熱中症になりかけてるから、その季節にイベントに参加するのは無理だと思われます。

その頃(秋)には、「ラウドパンク」も板についてきているでしょう。Mew曲集で来たら、次回のCM用グラフィックも作らなくちゃね。

まずは、日常的に活動するツールとして、Twitterを使いこなせるようになること、かな?

長くなりましたが、午後の記事はこれにて閉店。

ではまた☆