狂騒旋律

ロボからの素敵な脅迫状

合言葉はクオックル

ふぎゃご! 尻尾を踏まれた時の猫の声。を発するロボです☆。

 

 

タイトル「猫を求める」

f:id:Luna-Rhythm:20180423174324j:plain

↑哀愁を込めて窓の外を眺めるロボ。

f:id:Luna-Rhythm:20180423174435j:plain

↑呼びかけ始める。

f:id:Luna-Rhythm:20180423174519j:plain

↑素面の人に注意される。

素面でこのテンションです

ロボも酔っ払っているわけではないのですが、胸のうちのもやもやを解消するときに、猫を求めたくなるのです。

猫が丸くて柔らかくてもふもふしていて、ダスキンになったり、ダスキンにしたり、コロコロをかけられたり、コロコロをかけたり、カリカリを食べたり、カリカリを差し上げたり、と、お猫様につくして、お猫様が「我は満足なり」と言って、腹を出して眠っているのを遠めに眺めながら、ケコケコの後始末をしたりするのです。

あんまりケコケコしないお猫様だと良いんですけどね。

猫と暮らすなら、アルコールウェットシートは欠かせません。

後、水彩の青い絵の具を放置しておくと、猫に食われます。顔料の素材にもよるんだろうけど、マタタビに似た成分の入っている青い絵の具が存在するようなので、猫飼いの人は注意しましょう。

猫の体にも良くないと思う。

なんとか出来上がりそう

HP小説の最新話の更新が、後は背表紙ボタン作りとアップロードのみとなりました。

まだ2段階あるんかいって話ですけど、このアップロードが終わったら、ようやく本棚を分ける段階に入れるので、まずは…プリンを食う!!

プリン食ってる

美味いですね。この冷たくてぷにぷにしていて玉子と牛乳と糖分の良い感じになっている物質は。何で固めてあるかとかはあえて考えない。

焼きプリンも嫌いじゃないんですよ。むしろ焼きプリン派なんですよ。だけど、「食費に金をかけなさすぎる」と言われ続けているにも関わらず、1個98円の焼きプリンが高いと思ってしまうのです。

3個で98円。しかもデザートとして適量。となると、少しの肉の成分くらい…コラーゲンだと思えば食える! ってなるんですよ。

やっぱり貧乏生活長かったからかなぁ。

いわゆる下積みと言う期間

ほんの数年前まで、作家さんは、副業しながら毎日、当時の知人に足を引っ張られつつ作曲をしていて、ロボも劣悪な環境下で副業をしながら、毎日家事をしていて、色々ありまして、作家さんは悪い知人からは解放されて、ロボも環境の悪い副業先から解放されて、胃袋をかなり傷めましたが、ストレスフリーな生活になりました。

それから一日の時間をゆっくり使えるようになって、他の無駄な出費が減ったので、食費も増やせるようになって、CD作ったりイベントに参加したりするようになって…。

今でも下積みと言えば下積み期間なんですけど、作る作品のレベルは段々上がっているのは、友人にも保証してもらいました。

新しい副業先がどうなるかは分かりませんが、自由な時間が使える間は、大いに作品制作に勤しんでおきます。

これからどうなるかはまだ分からないから。

先行きは透明ですが

次のイベント参加が終わってからの動きも、既に予定の中にあるので、副業復活しても、隙間時間や休日をしっかり使って、ご飯をいっぱい食べてなんとかします。

睡眠時間を減らす…努力? もしたほうが良いのかな…。でも、19時に眠って朝4時に起きて寝不足だったことがあるので、本当に切羽詰まらないと朝4時起きは難しいと考えておきます。

マイクとオーディオインターフェースとノートパソコンとUSBメモリを持って、貸しスタジオに行くのか…荷物重そうだけど頑張ってね。

ノートパソコンを持って行くための鞄が必要って言うのは本当だね。

作家さんが悩みだした

ロボが読者登録している「真顔日記」という有名なブログがあるのですが、そこで「自称〇〇」って言う話が出てて、真顔日記を書いていらっしゃる方は、「自称aiko」なんだって。

無意識にaikoを布教する活動をしてたり、aikoの曲を日常から聞いてて、空気を吸うように「自分はaikoだ」って思える(言える?)人なんだそうだけど、それって明らかにおかしいよねって言う事には、その自称aikoさんも自分で気づいているけど、どうしようもなく「自称aiko」なんだって。

で、うちの作家さんが「俺って自称クリエイターなんかな?」って言い出して、「これだけ時間かけてきて、今更、何を揺らいでんの?」ってなったんだけど、まぁ、作品が無かったら自称クリエイターだろうね。

でも、作品はあるんだよね。ボカロやUTAUボイス使用だけど。一応、2ndCDフルアルバム作って、友人に「上達したね」って言われたと言うレベルだけど。

ハードロックケルトという物に手を出して、そこそこの曲は作れるというレベル…。

だけど。一応作品はあるわけで。

これからその作品をイベントや通販で売り出そうって言う段階で、「俺、自称クリエイターなんかな…」って、何を弱気になっている。

そりゃーね、HP運営のほうもまだ完全に巻き返して無いし、作曲しなきゃならん曲はまだ数点残ってるし、なのに小説はバリバリ書いているという訳の分からない状態だけど、充分頑張ってるよ。

そこで何故「俺は自称クリエイターなのか?」と悩むとよ。

今日あんたの書き上げた小説が、明日辺りにはHPに載るんだよ?! っていう状態なのに、何を現実逃避しているのか。

自称クリエイターって言うか、むしろクリエイター業してるのが現実だから。

その現実から逃避して何処へ行くとよ?

口から魂出してる場合じゃねーよ。魂回収して、味噌汁と一緒に呑み込んでおきなさい。

「とにかく働け。なんでも良いから働け。休むな。サボるな。だらけるな。自分の存在が『自称』かどうかわからなくなったら、とにかく頭を動かせ」

と励ましておいたので、今月中にはHP運営も巻き返せるかと思います。

遊びで作った「Robosrus」のコーナーに一番手間取ってる状況なんだけどね。

今日は21時に眠りますので

それまでに、プログラミング係ロボ、頑張ります。

作家さんのHPアドレスは、毎朝の記事か、はてなのプロフィールにも書いてあるよ★

もう一つ読者登録している有名ブログもあるんだけど、「いっぱいかあさん」って言うブログで、赤ちゃんや子供のこととか、創作マンガなどを書いていらっしゃるブロガーさんで、その方の創作マンガ「伝説のお母さん」が、完結したそうですね。

あんまり感想を書くとネタバレしてしまうので、「伝説のお母さん」は、是非「いっぱいかあさん」のブログからご覧ください。

作業始めます。

ではまた☆