狂騒旋律

ロボからの素敵な脅迫状

イラッと感を分析してみました

おはようございます。クリエイターLuNa RhyThmさんのアシスタントのロボです☆。

久しぶりにロングスリープ

昨日は20時に眠って、今日は朝9時に起きました。
起きてから全然眠く無いって良いですね。
これはいよいよ、前日16時に眠る必要が出てきたかな?

イラッとする事

ロボは普通に歩いていた。ちょっと風が強くて、砂埃が鬱陶しかった。
待たされた事とお腹が減っていたこともあり、少しイライラしていた。
通りすがりの女子中学生達に、野郎だと思われた。
それはよくあることなので今さら腹も立たない。
問題はその後、「あの人女だよ」「こっちずっと睨んでる」「やだー」と言う、よく分からないことを言い出したので、
その女子中学生達の横にあった停留所の時刻表を睨んでいたロボ(近眼)は、
「あの年代は、世界の中心が自分『達』なんだなぁ」と思いながら、バスが来るのを待っていた。
群れなきゃ何も言えないのは、群れて言いたいことが、他人を誹謗中傷するものである(=言い返される恐れがある)と分かっているからだろうけど、
群れて言いたいことが悪口なんだったら、一人で居なさい。
その方が、人生をよりよく考える時間を得られるよ。
男だって間違えておきながら、睨まれていると勘違いし、「(あの人怒ってるー)やだー」ってなる、と言うとことん失礼な連中である。
イラッとしたのは、少女達のナルシズムの行きつく先が「世界の中心は自分『達』」だったところ。
少しは一人で自分のアホさ(ナルシズム)に立ち向かってみろ。
見られているのが自分か停留所かくらい判別しろ。中二病真っ最中諸君よ。
世の中は、君達が思うほど、そんなに君達を気にしていない。
究極、眼鏡をかけろ!
親にねだってコンタクトレンズくらい買ってもらいたまえ。

イラッとしてから5分考えてみた

考えすぎてバス停を一区間乗り過ごしてしまった。
ロボは分析型なので、イラっとしたときは、何故自分がイライラしているのかを分析するのだが、
イライラしていた要素を挙げると、上記のような内容になることが分かって、なんかすっきり。
「なんだ。中二病患者か」と思うに至り、納得していつものマイペースなロボに戻れました。

勘違いって嫌ですね

ロボがイラっとするときの共通点が、段々分かってきました。
「勘違いで世界(世の中、物事)を捉えた気になってこっちを攻撃してくる奴」に、イラっと来るんです。
だから、万年中二病の人はすごく苦手。
永遠の14歳はやめてくれ。せめて15歳になって、中学生的特質から卒業してくれ。
永遠の16歳なら、まだ分かる。ちょっとは成長している。

自分の好きな自分で居る

と言う意味のナルシズムならわかるのです。「自愛」ってのね。
それは大切だけど、度を越えて「私(達)は注目されている」「私(達)はイケている」「私(達)は正義」って成ってるのが、
なんか納得いかない。
ちなみにロボは、今日通りすがったその女子中学達の顔すら覚えていない。
これから「大人」になって、夫々の個性を磨いていけるようになるまで、彼女達は顔すらソフトフォーカスなのだ。
学校ジャージ着てたから、ファッションを観察する種にもならんし、ロボにとっての彼女達の価値は、その辺に居る石ころなのだ。
あれから、井戸端会議オバサン予備軍になって、他人の悪口言いながら楕円形になって行くのかな…と思うと、
輝いてないねー。何も輝いてない。
ちょっとは輝けジュニアハイスクールスチューデンツよ。
でも、大人になっても居るからね。群れて悪口言うのが好きな連中は。

子供は悪魔です

古くは、女子1名(ロボ)に対し、2~3人で殴る蹴るを行なう小学生男子と言うものも居た。
今でも地方にはいるかもね。
いわゆる苛めにあたるのだが、教師は見てみないふり。
その小学生男子は、クラスの男子のリーダー格にあたり、その男子のすること、言う事が全部「正義」と成されていて、
ロボは悪役にされていたわけよ。
ある日、いつものようにロボの悪口を言ってきたので、キレたロボが、その男子に、良い角度で横面に掌底を食らわせたことがある。
掌底は、腕を伸縮させる力がそのまま伝わるので、下手なグーパンチより痛い。
もちろん、その男子は自分が悪いことをしたと言う自覚は無く、ロボを殴った後、迷惑そうに「いって~」とか言っていたが、
そこでも群れの連帯感で、別男子が「大丈夫?」とか言ってリーダー格の男子に寄り添っていた。
ロボが群れを嫌うのはそう言う実体験からも由来する。
ロボが読者になってるブログで、家庭や子供達のことについて語っている人々は、ここまで悪質な子供を育ててはいないだろうけど、
子供は一歩間違えると悪魔に育つからね。
親や先生の前では良い子を演じて、陰では暴力に走る悪い魔物よ。しかも自分達は悪いことしてる自覚無し。
自覚が無いからいくらでも卑怯な手を使って、優越感に浸ろうとする。
そう言う悪ガキに今いじめられている子供達よ、そう言う暴力馬鹿は、指さして大笑いしてやれば良いんだよ☆。
護身のために、人体の急所の勉強と、多少の筋トレをしておくこともお勧めする。
最終的には笑い飛ばしてやりゃー良いのさ。

締めるね

そう言うロボの説教等々は、全く載っていない、作家さんのHP、
LuNa RhyThm official web site 月暦には、
http://lunarhythm.holy.jp」からアクセス☆!
では、See You Next Time! またね★