狂騒旋律

LuNa RhyThm非公式★宣伝ブログ『ロボの公園』

往復40分間の走行によりて

おはようございます。クリエイターLuNa RhyThmさんのアシスタントのロボです☆。

日曜日はおしゃべりの日。

 

 

スタミナ

今日は、ロボが代表して(チャリに乗って)遠くのショッピング施設に買い物に行きました。

ロボ「すごく体力の減退を感じた」

LuNa「昼ご飯食べた?」

ロボ「ううん。たこ焼き買ったけど、腹減って無かったから食べなかった」

LuNa「たぶん原因はそれだ。目、ちゃんと開いてないもん」

筋トレの必要性

ロボ「後ねー、たかが20分くらいの距離で、初めてチャリこいでる脚が痛くなった」

LuNa「それは筋トレ不足だな」

ロボ「ロボの膝とふくらはぎが、かつてないほどぺなぺなになっているんだよ」

LuNa「由々しき事態だ。お魚のハンバーグを食って筋トレしなさい」

ロボ「意識的に鍛えないと一気に衰える年齢に到達したかと気づいた」

LuNa「ロボは基礎の筋肉がついてるから、ちょっと鍛えればすぐ復活するよ」

ロボ「LuNaさんも筋トレしようね。前はいきなりハードなメニューを設定したから長続きしなかったけど、少しずつ増やしていけば細マッチョも夢ではない」

LuNa「ずーっとそれ(←細マッチョ)目標にしてるけど、筋肉は実際ついてきているのか?」

ロボ「チャリを持ち上げて階段を移動するのはスムーズだったよ。腕筋はついてきているんだ。脚が弱ってるだけで」

LuNa「サザエさんにも、人間は脚から弱るって書いてあったもんな」

ロボ「毎日歩く習慣とかつけないと、ロボsもやばいよ。帰ってきて鏡見た時、いきなりすごい老けて見えたもん」

筋肉と老けの関係?

LuNa「老けて見えると言えば見えるな。髪の毛がぐちゃぐちゃだから、そう言う変なパーマをかけているオバサンに見えなくない」

ロボ「これは治りきらなかった寝癖なのですが…」

LuNa「朝シャンして行きなさい。服装とか顔色とかでも、老けて見えたり若く見えたりするから。後、筋肉がしっかりしてないと、顔の張りも違ってくるぞ」

ロボ「初耳」

作家さんの美容の持論

LuNa「顔は皮膚を大事にしがちだが、顔面の皮膚を支えているものは何だ?」

ロボ「筋肉なわけ?」

LuNa「そうだろう? 顔面の筋肉の…つまりリンパをマッサージすることで、顔を引き締める方法とかあるだろう?」

ロボ「あれって筋肉引き締めてたんだ」

LuNa「俺はそう思うって言うレベルの知識だけどな。まず、リンパマッサージやってみ」

ロボ「(顔面リンパマッサージ中)。リンパが痛い」

LuNa「体の流れが滞ってるってことだ。痛いところは悪いところ。リンパが痛くなくなるまで続けてみ」

ロボ「(顔面リンパマッサージ中)。段々楽になってきた」

LuNa「その調子で、今日、チャリ乗ってて痛くなった箇所を、ツボ押しとかなんでも良いからほぐしていきなさい。そうすれば、全身のむくみとか筋肉痛とか取れるぞ」

実践

ロボ「今日はおしゃべりの日なので、実況をつけながらマッサージして行って良いですか?」

LuNa「ちょっとウザいけど許可しよう」

ロボ「なんか知らんけど、腹筋がすごく痛い。脇腹と、腹直筋の所のへその両横がめちゃ痛い」

LuNa「皮下脂肪が燃焼されてないんじゃね?」

ロボ「じゃ、ロボ何を燃焼してチャリをこいでいたの?」

LuNa「筋肉? 瞬筋しか使ってなかったんじゃない?」

ロボ「怖いな~。あ。脇腹は痛いの治った。腹直筋しぶといなー」

LuNa「他の部分の凝りとかが出てる場合もあるから、全体的にツボとか押せば?」

ロボ「なんか左肩凝ってる」

LuNa「チャリは全身運動だからな」

(実況を忘れて黙々と柔軟体操をするロボ)

ロボ「背中が超バキバキに凝ってた」

LuNa「ほう」

ロボ「そして皮下脂肪だと思っていたものが無くなった」

LuNa「水分だったのか?」

ロボ「それは分からないが、はみ肉だと思っていたものも無くなった」

LuNa「皮が余りそうだな」

ロボ「その通り。皮はあまってプルプル言っている。この皮が引き締まるまで現在の体形を維持したら、腹筋が割れるかもしれない」

LuNa「6個に?」

ロボ「いや、縦に真っ直ぐ割れるのが理想」

LuNa「つまり君は今まで、筋肉の上に脂肪を着ていたんだね?」

ロボ「そうなる。このうん十年かけて、ようやく脂肪を脱いだと言うことだ」

LuNa「おめでとう」

ロボ「でも、ちょっと腹筋引き締まりすぎて気持ち悪い。たこ焼きが暴れている」

LuNa「せめて植物だったらよかったな」

雨が降ってきた

LuNa「12時前に出かけて13時30頃帰ってきたのには、何か意味はあるのか?」

ロボ「いや。買い物が思ったよりスムーズだったのと、何故か急がなければならない気がしたから」

LuNa「大当たり。雨降ってきた」

ロボ「さすがロボ。低気圧を感知する何かが働いている」

LuNa「何処かに湿気を感知するセンサーがついているのかもな」

ロボ「湿気じゃなくて低気圧」

LuNa「家の掃除するアイテムは買って来たのか?」

ロボ「A4のファイルと台所用のパズルクッション買って来た。ラクガキやイラストはファイルに収めたし、パズルクッションはもう敷いたよ」

LuNa「おお。これか。…踏み心地が良い」

ロボ「これからは床を気にせず洗い物が出来る。食器洗いスポンジのストックも買って来た」

LuNa「いつも半分に切って使ってるあれか」

ロボ「今回はミニサイズだから…だけど、たぶん半分に切って使うと思う」

LuNa「そう言う所でみみっちいと言うか…節約家なのが、今まで副業なしで家計を支えてこられた功績だろうな」

ロボ「けなすのか褒めるのかどっちかにしてくれ。リアクションが取れない」

LuNa「ロボえらい。ロボ賢い。ロボすごい」

ロボ「ものすごく事務的なものを感じる」

作家さんの髪染め時間

LuNa「じゃぁ、俺これから風呂場で髪染めるから」

ロボ「待ち時間何分間だっけ?」

LuNa「25分間。準備できたら合図するから、スマホのタイマーかけといてくれ」

ロボ「おっけー」

LuNa「髪が傷まないと良いんだけどな」

ロボ「多少のダメージは仕方ないよ。金髪にしてから染めるよりマシだと思えば?」

LuNa「25分間、風呂場を磨き続けるか…」

ロボ「ちょうど良い運動じゃん。目に染髪剤入れないようにね」

LuNa「はいよ」

と言うわけで、作家さんは染髪剤を持って風呂場に消えました。

出来上がりはどんなのなんだろう。

締める時のいつもの挨拶

本来音楽作家のうちの作家さんのHP、

LuNa RhyThm official web site 月暦には、

http://lunarhythm.holy.jp」からアクセス☆!

読み物とかも展示してあるので、音楽が聴けない状況でも楽しめます。

作詩のコーナーは最近ホラーです★。

後でこの記事にもイラスト載せますねー。

では、See You Next Time! またね★

 今日の作家

f:id:Luna-Rhythm:20180311192137j:plain