狂騒旋律

ロボからの素敵な脅迫状

大人びてみたい年頃みたいな

 

おはようございます。クリエイターLuNa RhyThmさんのアシスタントのロボです☆。

土曜日は女の子の日。

 

 

可愛くない女の子

f:id:Luna-Rhythm:20180303123132j:plain

解説と感想

まつ毛すらないので、口紅塗ってみたけど…甘ロリなんだかゴスロリなんだか分からない仕上がりになりました。

大人っぽくしてみたい女の子みたいな感じ? メイクを失敗しただけのようにも見える。

服の色を結構迷って、最初は水色で塗ったんですけど、少し色調補正で紫みに変化させてあります。

背景は、Girls Dayの初日に作家さんが使っていた技を盗んだのですが、何色にするかを考えあぐねて、白黒にして落ち着きました。

本当にかわいくないですね、この子。一般的な可愛さと言うものとは違うものを発していると思って下さい。

服もいっそ黒服にすればよかったか…。だけど、今回は黒髪のイメージが強かったので、まっくろくろすけになっても、さらに可愛くなくなると思ったんですよね。

着色はこれからも勉強です。

HPのほうの更新具合

昨日の段階で、【音響効果】を更新して、今朝に【制作秘話】と【月々徒然】を更新しました。

反映がまた遅いと思うので、パソコンなら「最新の状態」に、スマホとかなら「丸矢印マーク」を押してもらえると、更新した状態になります。

日々お知らせしている通り、この頃の【音響効果】は、作曲をしている暇がないので過去曲のストックから選んだものを掲載しています。

今聞くと、「すごくソフトロックだね」って気づくんですよ。

ロボsも、最近「パンク」「ソフロ」「ハードロック」の違いが分かってきて、まだ作ったことのないジャンル「バラード」を作ってみたいのですが、どうしても小気味よくなってしまうリズム感とかをどうにかしないと…と言う話をしています。

ロボの提案

ロボ「つまりあれでしょ。バラードって、『あな〇にあえたこと。しあわ〇のあとさき』って言う感じでしょ?」

LuNa「無駄にGLAYかよ」

ロボ「でも、恋歌じゃないバラードを作るとなると…『まい〇になった~。おさ~な~い~。とき~〇ようだ~ね~』って感じになるのか」

LuNa「ラルクだねぇ」

ロボ「スローテンポであることは外せないと言うか」

LuNa「それは言える」

ロボ「ロボザラス用の曲をスローテンポにしてたみたいだけど」

LuNa「文字数少ないから、テンポ遅くしないと聴いたんだか何なんだか分からないんだ」

ロボ「めっちゃ文字数多いのもあるけど?」

LuNa「あれはあれで、使える部分だけ使う」

ロボ「じゃぁ、文字数少ないほうでバラードを作ってみてくれ」

LuNa「ゆっくりだからバラードになるとは限らないよ?」

ロボ「何事も挑戦だ」

LuNa「じゃぁ、君は絵の背景を描け」

被害がこちらに及んできたので

締めます。

LuNa RhyThm official web site 月暦には、

http://lunarhythm.holy.jp」からアクセス☆!

グラフィックの制作の合間にどすどす更新させるので、HPもよろしくね☆。

では、See You Next Time! またね★