狂騒旋律

ロボからの素敵な脅迫状

作戦会議と言う駄弁を続ける

がぁああああああ。ロボですよ☆。今日のお仕事長引いた。

 

 

まだ許可得てないけど

作家さんが、桃音モモ曲集の再構築を始めました。wavファイルの状態で残っていたデータは、6件。

伴奏データが残っていたものは、ほぼ元に戻せるけど、元に戻せない物達が…6件。

データ残ってたけど、全然テンポ違うとか、色々…データ変えるたびにバックアップしとけよーってものが多い。

3月までに6曲伴奏を制作し、なるべく元のボイスが存在するものを生かす、と。

単独音だがナチュラルではあるが

新しい桃音モモボイスが、キンキンだーと思っていたら、Mode2を押し忘れていたとか。

そして、「おま☆かせ」をかけると、少し声が大人びる。

以前使っていたバージョンだと、もうちょっと声が大人っぽかったのだが、よりロリっぽくなっていたのはロボの耳にも分かった。

音的にナチュラルって言う意味では、より作りこまれたUTAUボイスではある。

いつもの作戦会議

ロボ「ほぼ丸1ヶ月を使って、桃音モモ曲の伴奏を6曲作らねばならないのですが、来月は30日間なので、1曲に割ける時間は約5日間となります」

LuNa「うん」

ロボ「そして、M3のほうに届けてあるキーワードとしては、『ハードロックケルト』と『サイバーパンク』が挙げられます」

LuNa「うん」

ロボ「この、約半数の曲の伴奏を、ハードロックケルトサイバーパンクでの構成にしなければ成りません」

LuNa「もともとサイバーパンクのもあるけどな」

ロボ「エフェクターで音を壊しただけでしょ? 確かにサイバーっぽい味わいはあるけどね」

LuNa「5日で1曲なら、飯さえちゃんと食べれてば死ぬことはないと思うから、なんとかしよう。何処まで使えるボイスがあるかにかかっている」

ロボ「完全にボイスから作らなきゃならないのは、残っていた2曲だけだと思うから、4曲伴奏のみで、2曲は丸ごとになる。それから、2月の間にHPの『音響効果』の2018年1月の音響と2月の音響を更新しなければならない」

LuNa「候補はある。やっぱり俺好みではない、押しつけがましい曲だが」

ロボ「wavファイル変換しある?」

LuNa「ある。それより恐ろしいのが…」

ロボ「恐ろしいのが?」

LuNa「ロボザラスが春にずれ込む予定になると言うことだ」

ロボ「2ndの作詩は書いてあるけど、発表が3rdと一緒になるかもってこと?」

LuNa「大体そんなもんだ。そして、それにも合計6曲必要だから、2月3月は修羅場だな」

ロボ「副業も復活しないと成らないしね。4月の特定の日に休みがとりたいバイトって、4月に就職して休みもらえるものなのかな?」

LuNa「それを危ぶんで、3月に就活をしようと思っている」

ロボ「修羅場だね」

LuNa「だろう?」

ロボ「ロボの眠る時間も少なくしなきゃならないのか」

LuNa「そうなることになる。たぶん俺は静かに作業は出来ない」

ロボ「いつも何かブツブツ言ってるもんね」

LuNa「そのくらいテンションを上げないと、やってらんねぇってことだ」

ウェブを観る時間は短くなるのか?

ロボ「そこまで切羽詰まってくると、恐らく、午後の記事が上げられない日が、多々出てくると思われます」

LuNa「挑戦している記録には、あとどのくらいなの?」

ロボ「今が344日目くらいなんだ。ざっくり数えてあと1~2ヶ月だと思われる」

LuNa「その後はクオリティ重視にするんだっけ?」

ロボ「ブログのクオリティってなんだって話だけどね」

LuNa「そうなると、広報活動が本当に広報活動だけになるんだな」

ロボ「ロボのことだから、駄弁は色々書くかもしれないけど、HPの更新の話とか、実況中継とかが増えると思う」

LuNa「基本的には今までと変わらないのな」

ロボ「うん。挨拶と締めがシステマチックと言うか…ビジネスライクになるだけかな」

LuNa「そして君は結局絵描きになるの? ライターになるの?」

ロボ「絵も描きたいけど、やっぱりライターかなと思ってる」

LuNa「普通のバイトとダブルワークするの?」

ロボ「アシストも含めるとトリプルワークになります」

LuNa「どんだけ根性必要なんだ」

ロボ「ムカつく職場でなければ大丈夫だと思う。後、ライターの仕事が難しくなければだけど」

LuNa「自分でテーマ決めて書かなきゃならない時もあるんだろ? ネタとかどうするの?」

ロボ「取材…とか?」

LuNa「やめろ。無茶苦茶イセエビが食いたくなる」

ロボ「君の取材のイメージってイセエビ食うことなの?」

LuNa「彦摩呂さん風なイメージ。いくら丼食べるとか」

ロボ「海鮮を食うイメージか」

LuNa「そもそもどこのライターさんになるかとかが問題だと思うんだが」

ロボ「ライター 募集でググってみる」

LuNa「安全な募集かどうかチェックしろよ」

と言うわけで

明日には、桃音モモさん製造元(←酒蔵か!)に、メールを送りたいと思います。

曲数は多いけど、CD作る枚数はそんなに多くないので、通販も小規模だと思いますけどね。

ロボ「さがしてーただいやもーん。みつけたーけーれどー。と~き~ど~き~な~」

LuNa「そんなに辛いか。って言うか著作権的にヤバいからやめなさい」

ロボ「桃音モモさん製造元の所には、LuNaさんからメールを送ってください」

LuNa「それは作家としては当り前」

ロボ「これから忙しくなるね」

LuNa「だな。飯はしっかり食おう。蛋白質を摂ろう」

ロボ「豆腐意外に蛋白質のものなんかあったっけ?」

LuNa「魚肉ハンバーグをまた買って来てある」

ロボ「ナイス!」

LuNa「でも、太るから今からは食べちゃダメ」

ロボ「明日の楽しみか。米の上にハンバーグを乗せて食べたい」

LuNa「魚肉ハンバーグ丼」

ロボ「海鮮って良いですね」

LuNa「食べないうちに感想を言ってどうする」

ロボ「このままだらだら駄弁を続けているときりがないので、そろそろ眠りましょう」

LuNa「おう。おやすみ」

ロボ「おやすみ」

ではまた☆