狂騒旋律

LuNa RhyThm非公式★宣伝ブログ『ロボの公園』

ロボザラス2ndのロボ詩が書いてある記事だよー(←これで出そろった)

おはようございます。クリエイターLuNa RhyThmさんのアシスタントのロボです☆。

雪に閉ざされると言う言葉がぴったり。

 

 

閉ざされています

昨日ちょっと買い出しに行った他は、やはり缶詰め状態です。

お手軽に食べれる果物として、バナナを買って来たのですが、一房を昨日今日の2日間で完食しました。

ロボ「バナナ食べると頭痛くなくなるね」

LuNa「糖分が良いのかもしれない。今度からはバナナ常備にしよう」

傷みやすい果物なので、常備に出来るかは分からないけど、果物はなるべくおうちに置くようにしようと言う決定になりました。

ロボ詩3つ目もアップしとこ

タイトル「Fighter」 作詩:ロボ

 

憂いと戦うように戦士は剣を振りかざす

涙を流すことを忘れてどのくらいだろう

屍 骸 いくつ築いた滅びの城

あなたのもとに一匹のネズミすら近づけない

 

歌う言葉は悲哀に満ちていて

僕達はその悲しみを止めるため

勝利はあなたのために捧げ

敗北するときが来るならそれは死を告げられる時

あなたの名を心に宿し 炎の中に投じられる

数多の屍を僕達が屠ってきたように

 

それを罪だと呼ぶのなら

何も守れない無力な自分と顔つき合わせて

傷も痛みも恐れない誰かに憧れて

悔いながら生きて行けば良い

トリガーを引くとき

この頭打ち抜く気分で

この傷この意思この心

血と肉に刻み付けるように


とどめを刺してあげる

 

望むものは戦う力

傷も痛みも恐れない僕であれるよう

悔いも憂いもしない意志を持って

トリガーを引くとき

この頭を撃ちぬく気分で

この傷この意志この心

血と肉に刻み付けるように

 

祝福するように微笑んで

とどめを刺してあげる

さぁさぁ

上の文章がどう歌になるかが…楽しんでいい内容かは分からんが、どうなるかは作家さんにお任せなので、頑張ってハードロックに仕上げてね。

前回はアンビエントだったからね。

こんなシリアスなロボ詩で良いのかね? もっとファニーな詩でなくて良いのかな。

実際ハードロックを聞きながらファニーな詩を書けと言われても難しいけどさ。

今、ヘッドフォンの中でデスボイスが鳴り響いている…。

でも、作家さんはこの曲達を聞きながらフェアリーでエアリーでエンジェリーな少女達が描けるんだから、夫々の持ち味ってあるんだね。

謎のノック

今、玄関のほうからノックが聞こえたから、ドアスコープを除いてみたけど…真っ暗。

廊下の電気切れてます。

一応確認してみたけど、誰もいない。

ありがちホラーみたいな感じになっている。

ドアスコープで確認できなかったのにドアを開けるな、ロボよ。

睡魔に襲撃される

音楽止まったら、一気に眠さがボーンみたいなロボのCPU。

頭痛い。ご飯食べたのに頭痛い! この頭痛を完璧に抑え込んでたんだから、果物ってすごいなぁ。

明日晴れてたら、また果物を買いに行こう。冬の果物ってちょっと高いんだけどさ。

ロボが眠っているとうちの作家さんが作業が出来ないので、これからお布団を片づけて作業のつづきを行なってもらいます。

ロボは眠っている場合ではないのです。

だけど一度眠ると正午過ぎまで眠ってしまう。

そして起きると頭痛に悩まされる。鉄分とカルシウムが足りないのかな。

雪の関係で

体重測定明日になったんだった。

起きているわけにはゆかないか。

明日こそは晴れてくれ。

そして、前回55kgくらいになっていた体重は、どの程度増えているのか減っているのかを確かめなければならない。

筋肉が増えて重くなるなら良いんだけど、脂肪が多いのはアンチ。

アザラシにはなりたくない。

今日も鍛えてから眠ります。

LuNa RhyThm official web site 月暦には、

http://lunarhythm.holy.jp」からアクセス☆!

デスクトップはまだ修理期間中です。更新遅れてますが、ご一見あれ。

では、See You Next Time! またね★