狂騒旋律

LuNa RhyThm非公式★宣伝ブログ『ロボの公園』

今流行の墓標が置いてある家の大掃除を始めます

おはようございます。クリエイターLuNa RhyThmさんのアシスタントのロボです☆。

起き上がれず。

8時には起きたけど

8時にも、10時にも起きたけど、のへーんとしたまま起き上がれなかった。

そのままずるずる眠って12時に起きて、「今日も一日何もできない日が始まるのか」と思って今に至る。

1月は初日からスタートはできないので(3が日は画材屋さん休み)、明日か明後日には画材を買い求めに行かねばならぬ。

ゴミのほうは、幸い31日に臨時収拾があるので、それに頼ることにする。

作家さんも、のへーんとしている

のへーん状態が感染したらしく、作家さんもなんかのへーんとしている。

年末なので、いい加減、集中力が切れてきたのかもしれない。

「のへーん」を「シャキっと」に変えるために、今日は家の大掃除をしてみよう。

もちろん、ロボはその他に絵を描かなければならないし、作家さんは桃音モモ曲集ハードロック版を作らなければならない。

忙しい年末だ。盆も正月も無いとはこのことである。

いつも通りに作戦会議

ロボ「掃除して一番スカッとするところってどこだろう」

LuNa「そりゃー、あれだろ」

ロボ「風呂場か」

LuNa「まさしく」

ロボ「パイプフィニッシュ買ってられないから、排水口を古い歯ブラシでなんとかしなければならない」

LuNa「どっちがその分担を請け負うかと言う所だが」

ロボ「いいよ。ロボがやるよ。お寝坊した腹いせを掃除にぶつける」

LuNa「自分への腹いせか」

ロボ「おうよ。敵は自らにあり」

LuNa「その厳しさを朝発揮してればな…」

ロボ「それをすまぬと思うからこそ、ロボは徹底的に風呂場を磨き上げる」

LuNa「その間、俺は何してればいいの?」

ロボ「カーペットにコロコロをかけたり、家具を動かしてホコリを取り除いて下さい」

LuNa「なんだか、そのほうが重労働だな」

ロボ「いや、衛生面では安全だよ」

LuNa「それは言える」

ロボ「じゃぁ、まず細かいものを片づけよう」

LuNa「細かいもの?」

ロボ「本とか辞書とか」

LuNa「どっちも本じゃん」

ロボ「あげあしを取るな」

LuNa「この墓標どうする」

ロボ「ハンコだから! それはヘタに動かすと壊れたり歪んだりしそうなので、そのままにしておいてください」

LuNa「絶対これ墓標にしか見えねーんだけど」

ロボ「それは取っ手です」

うちの作家さんは、ロボの作ったハンコの原型を、「今はやりの墓標」と呼びます。

それでは、これからロボsは大掃除に取り掛かります。

LuNa RhyThm official web site 月暦には、

http://lunarhythm.holy.jp」からアクセス☆!

では、See You Next Time! またね★