狂騒旋律

ロボからの素敵な脅迫状

顔面の小じわが消えた話とか今後の計画とか

やぁ。ロボだよ☆。体のことを考えながら作曲をするなら、1セット4時間程度が限界のようです。

 

2セット目を設定するなら

どうしても午前中に起きておく必要があります。例えば、朝7時に起きて、買い出しに行って来て、一筆書いて、そこから作業を始めれば、9、10、11、12で4時間。

13時まで昼食休憩を取ったとして(うちの作家さんは食べながらも仕事する人だけど)、

16時まで作業すれば合計8時間は作曲に取り掛かれるので、残りの時間で絵を描いたり、趣味の時間や、お風呂の時間や、また午後のブログ更新などをして2~3時間費やしたとして、21時には眠れるようにすれば、7時起きでも10時間の十分な睡眠がとれるわけです。

そのためには、21時に眠らなければならないんだけど、ここのところ、追い込みの時を除いても24時をすぎないと寝付けない日々が続いてたんですよ。

今日も、この記事を書いている時点で21時31分だし。

もちろん、全然眠くない(←そりゃー、15時まで眠ってれば眠くもないだろう)。

これは、強制的に7時に起きて、7時に起きるループを作らないと、ある種のこの睡眠障害から脱出しようがないですね。

普通、睡眠障害って眠れない人を指すんだけど…。

眠り続けてしまうのも睡眠障害の一種だっけ?

美容液達の効果について語る

秋に備蓄したエネルギーで越冬しようとしているかのようだ…と、うちの作家さんが遠い目で呟きました。

秋じゃなくて冬に備蓄した…筋肉を消化しながら眠っているんだけど。

LuNa「春にはガリガリに…」

ロボ「やめて。せっかく細マッチョに近づいてきたのに!」

LuNa「美容のほうは?」

ロボ「おお。報告を忘れてたけど、なんと」

LuNa「…」

ロボ「…」

LuNa「一拍おくな」

ロボ「なんか言ってくれないと返せないじゃん」

LuNa「何?(←ものすげーめんどうくさそうに)」

ロボ「顔全体の小じわが消えました」

LuNa「おめでとう」

ロボ「今まで美容液の効能を信じたことが無かったんだけど、習慣って大切なんだね」

LuNa「俺の顔面は?」

ロボ「それがですね。ちゃんと小じわ消えてるんですよ」

LuNa「へー」

ロボ「面倒くさがらずに塗っとくもんだね」

LuNa「効果は分かったから、検証はこの辺りでストップで」

ロボ「ストップは無し。美容は若いうちからだよ」

LuNa「まだ続けるの?」

ロボ「生きてる限り続けます」

LuNa「一財産かかる出費になりそう」

ロボ「美のためです」

LuNa「本業はクリエイター(作家)では?」

ロボ「最低限度の美容は必要だよ。礼儀としてね」

LuNa「礼儀ですか…」

ロボ「礼儀です。それに、洗顔の後、顔潤うと気持ち良いって言ってたじゃん」

LuNa「確かにそうなんだけどね」

ロボ「筋トレは少し休んでも大丈夫だけど、美容は日頃から気をつけないと」

LuNa「きゅうりでパックはしないよ?」

ロボ「そう言う効果のない事はしません。食べ物でパックするのってほとんど無意味なんだって」

LuNa「へー。髪に卵塗るって言うのは?」

ロボ「ローションの代わりになるかも知れないけど、きっちり洗い流さないと卵くさくなるし、化粧品のローションより卵のほうが高いよ」

LuNa「伊達に蛋白質の塊ではないのな…」

ロボ「それに、卵って乾くとパリパリになるでしょ? その状態は皮膚とか髪に悪い気がする。肌の弱い人はたぶんかぶれる」

LuNa「ジェルと乳液は、曲がりなりにも化粧品として売ってるわけではないのか」

ロボ「曲がってないよ。正統派なところのを使ってるんだから」

LuNa「言葉のあやだ。基礎化粧は『効果あり』として継続する方向か」

ロボ「理解いただけて幸いです」

LuNa「俺もそんなに早く老けたくないし」

ロボ「基礎化粧前は老けていたと認めるんだね★」

LuNa「小じわは気になってたからな」

ロボ「食べ物でコラーゲンをほとんど摂れないロボsとしては、化粧品にくらい手間をかけないとだめだよ」

LuNa「今そう言う話をするな。フライドチキンの記憶が美化される」

ロボ「ネコナゲットでも思い浮かべればいいのに★」

LuNa「一瞬で食欲が減退した」

ロボ「猫シチューとか★」

LuNa「やめろ。気持ち悪い」

とにかく7時に起きましょう

最近の天候の気配からして、午前中は晴れている確率が高いので、とにもかくにも7時には起きます。

今度こそは起きます。食べ物を買いに行かなければ…!

じゃないと、食べる物がありません。

それから明日は頼まれた用件をこなさなければならないので、少し時間がかかります。

10時前に帰ってこれれば良いかな?

計画は整った

後は、作家さんの技能次第。

桃音モモ曲集の曲の整頓とか、グレードアップとか、グラフィック制作とか、すべきことはたくさんあります。

ロボが起きないから今までそれらの作業が停滞してたんですけどね。

さて、春イベント出展を目指そう。

ではまた☆