狂騒旋律

LuNa RhyThm非公式★宣伝ブログ『ロボの公園』

暴れ狂うふろふき大根を冷ましながら完食した11月最後の日

やぁ。ロボだよ☆。18時09分をお知らせします。

今日は活動的でしたね。

これからも作業は続くのですが

ひと段落して、夕方のレタスの時間です。ポン酢レタス。美味い。でも冷える

ロボの快気祝い何が良い?と言われたので

ロボ「今日中に原稿がそろうこと。プログラミングもある程度進められること。明日アップするだけで良い状態にしておける事」

LuNa「実用的な奴だな」

ロボ「ロボだから。最低限の栄養と仕事があれば幸せです」

LuNa「最低限の栄養が昼のピザ一切れか…」

ロボ「アンパンも食べたよ」

LuNa「よくそれで腹が持つな」

ロボ「持たないからレタス食べてんじゃん」

LuNa「また筋肉が無くなるぞ」

ロボ「やめて。ロボを窮地に追いやらないで」

LuNa「引き締めるな魚肉を買ってこないとな」

ロボ「そう言う君もポン酢のお湯割り飲んでるんじゃん」

LuNa「正確にはゆずぽん」

ロボ「それならロボ、チーカマ食べたい」

LuNa「明日2袋買ってきて食え。今日の分もだ」

ロボ「鱈さんありがとう」

LuNa「食う前にごちそうさまをしてどうする」

(何気なく冷蔵庫を開けるロボ)

ロボ「やっぱり、ふろ吹き大根で快気祝いしよーぜ」

LuNa「大根まだあったの」

ロボ「うん。なんか美味しそうな状態で」

LuNa「サランラップの力はすごいな」

ロボ「結局食べて良いの?」

LuNa「どうぞ」

ロボ「ふーろふきーだいーこんーせいぎのだーいーこん(←カッティング中)」

LuNa「…」

ロボ「…」

LuNa「つづきは?」

ロボ「ごごっごー。れっつごー。ふろふきーごー(←皿に入れてレンジへ)」

LuNa「ふろふき号」

ロボ「電車の名前っぽくするの止めて」

そして電子レンジは回転するのであった。

快気を祝った後は

作業を続けます。その実、すごく眠いんですねどね。何故なら、今日うちの作家さんがめっちゃ早く起きてきて、

LuNa「今から写真撮るから、そこどいて」

って言うんです。

何をはりきっているのかと思ったら、プロフィール用の写真を撮り始めた。顔出しはしない主義では…と寝ぼけながら思ったんだけど、顔半分だけ出すって言う撮り方で、寝ぼけているロボにシャッターを押させるのです。

作家さんも寝ぼけているらしく、顔が半分死んでる。

その写真を撮影後、使えそうなのを選んだら、何気にベストショットをすぐに選び出して、加工を施し、それから9時過ぎに内科に行くまで、ずーっと作業してたの。

病院に行ったその足でご飯食べて画材屋さんに行って、帰ってきたのが13時くらい。

そこからまたポコポコと作業を始めて、中継挟んで今に至る。

22時に眠ったとは言え、普段12時間(以上)くらい眠ってるロボを朝の7時に叩き起こした鬼作家さんは…ちゃんと原稿は用意してくれました。

だけどロボはこれ以上起きていると強制的にシャットダウンしてしまうので、そろそろ眠ろうかと思います。

眠りに就く前に

エグスプロージョンで、「運慶学園校歌」


運慶学園校歌【エグスプロージョン】

これは一応「校歌」だから、音楽のジャンルかと。

校歌と言えば、PL学園の校歌も有名らしいけど、聞いたことないや。

(PL学園校歌、検索)

↓これがその「PL学園校歌」でございます。


PL学園高等学校 校歌 [混声合唱]

1分12秒の曲。

「ぴーえる」って、日本語じゃない名前の学校なのに、「永久(とこしえ)に」とか歌うんだね。

そんなことを書いている間に、20時が来ようとしています。

急ぎ、眠る準備をいたします!

では、皆様グッナイ☆

 

追伸:

母が、お掃除業者さんを雇って、田舎の家の2階を空っぽにすることにしたそうです。

なんか最後通告みたいなメールがさっき届いた。

別に困らないけど。