狂騒旋律

LuNa RhyThm非公式★宣伝ブログ『ロボの公園』

呪いの家の恐怖にさらされながら板挟みの状況から逃避して眠っていた日

おはようございます。クリエイターLuNa RhyThmさんのアシスタントのロボです☆。

伯母さんに訳を話してみました。

 

伯母さんの反応

「今すぐでなくても良いのよ。これから時間をかけて考えが変わった時とかでも、もしなんだったら住んでもらえないかなってことだから」

と言われましたが、母親は今すぐにでも手放したい様子だし。

そのことは黙っていましたが、伯母さんとしてはあの家はちゃんと保存されるんだと思っているようなので、その点だけは今度はロボがちゃんと期待を裏切らないでお母んに手放すをの少し待ってくれと言う番だと思いました。

でも、人生の窮地であることは変わらないですけどね(板挟み)。

友人と話してみた感じ

農業が工業化されるとか、この辺りはベッドタウンになるんじゃないかとか、母親や伯母さんの言っていた「きっとそのうち」は、

「それって希望的観測なんだよねー」と言う話をしていたのですが、「元々年寄りしか住んでなかったから、みんな亡くなって空き家も増えてきてるし、若者って言うか…子供の数がまず少ないんだよ」と言ったところ、

「ベッドタウンになるどころか過疎化が進んでいるんじゃん」と言われ、「なんか、伯母さんの想いだけで建っている家って感じ」と、まさに神髄を友人が言い当ててくれて、それでロボは悩んでいるんだと改めて納得しました。

アトリエとして使うのはどうだろう? という案も出たのですが、アトリエとしては使えても住むのは無理ですね。

ロボの口から出てくる言葉も、田舎の家のデメリットばかりなので、「(まともな神経で)住むのは無理だ」と言う結論が出ました。

この問題で悩み始めてから

眠る時間が長くなりました。昨日はちゃんと22時に眠ったのに、今日まず起きたのが9時頃で、その時伯母さんに電話を入れて、それから作業をしようとしたけど眠気が復活して15時過ぎまで眠ってしまった。合計17時間くらい眠ってます。

ご飯や水分はちゃんと摂ったんですけど、起きてる気力が無い。

今日は内科に検査の結果を聞きに行く日だったのに。

しかも晴れてたのに。

伯母さんに断りの電話を入れるだけで神経をすり減らしてしまった。

後は、母親のほうをなんとかなだめることなんですが。

LuNaさんの意見

ロボ「どうですか。アトリエにしますか」

LuNa「呪われた家に? 俺が何をしに?」

ロボ「でっかい絵を描くとか」

LuNa「確かにでっかい絵は描けるが、その間、ロボが怪奇現象や近隣の住民の恐怖におびえているなら、そこまでしてでっかい絵を描きに行く意味が無いと思う」

ロボ「怪奇現象はめったに起こらないと思うけど、何かしてないと落ち着かない家ではある」

LuNa「怪奇現象って言うのは、具体的になんなんだ?」

ロボ「夢か現実か分からないのだが、暗がりのタンスの戸の隙間から黒アゲハがぴょこんと表れて、飛んできて耳の中に入ってこようとしたりするんだ」

LuNa「作り話なら三流怪談だが、体験談となると怖いな」

ロボ「その時が、爺(祖父)の通夜の前で、遺体が北枕で眠ってる、その戸が無い状態の北側の部屋にロボが南枕で眠ってたんだ。そこに黒アゲハが現れて、ロボの耳に入ってこようとしたから、『俺は死体じゃない!』って思って、布団をがっと頭まで被ったのを覚えている」

LuNa「シチュエーションが怖い」

ロボ「うん。そう言う不可解な状況じゃなきゃ、怪奇現象は起きないと思うけど」

LuNa「でも、近所の住民とかは、干渉してくるんだろ?」

ロボ「住むとなると、回覧板の類は回ってくると思うけど、今のこの家を維持しながらアトリエにするくらいなら、問題は無いと思う」

LuNa「もし借りることになっても、借りることはできても継ぐことはできないってしっかり言っとけよ」

ロボ「うん。そこはしっかりする」

LuNa「でも、今のところ、制作はこの家だけで間に合ってる」

ロボ「うん。事実だね」

LuNa「明日も晴れたら、内科に行ったついでに画材買ってこようぜ」

ロボ「寒いし遠いよ」

LuNa「晴れればだいぶ違う。たまには遠出も良いだろう。今からなんにもできないんじゃ、田舎にこもってるのと同じだぞ」

ロボ「そうだね。ロボも頑張るよ」

アトリエ計画はそんな感じで

母親が、「そんなにとっておきたきゃ200万で買い取れって言いたい」って言っていたのは、家の修繕費を考えるとそのくらいと言う金額だと思います。

例えば、200万で家を修繕して、単純計算1ヶ月4万円で貸し出すとして、50週で元が取れるとして、50÷12だと、4年とちょっとで200万になりますね。

都心の人とかでも、農業がしたいって言う人に貸し出しても良いと思うんだけどな。

畑だけあっても、休む家が無いと落ち着かないでしょ。

怪奇現象が起きなければ、普通の家だから。

(呪いの家を)アトリエとして借りるとなると、その前に副業復活して少し稼いでおかないとね。

LuNa RhyThm official web site 月暦には、

http://lunarhythm.holy.jp」からアクセス☆!

では、See You Next Time! またね★