狂騒旋律

LuNa RhyThm非公式★宣伝ブログ『ロボの公園』

細マッチョを目指した結果と、怪奇現象の起こる家に引っ越したらを考える

おはようございます。クリエイターLuNa RhyThmさんのアシスタントのロボです☆。

結果がついに分かりました。

 

細マッチョを目指した結果

ダンベル体操とストレッチだけで細マッチョを目指すと、腕だけ細くなることが分かりました。

全体的にも筋肉はついているのですが、腕だけ細くて他はもっちり(太ってないけど痩せてない)と言うありさまです。

これからは本当に全身運動を取り入れて頑張ってみよう。

田舎の家の話

美化されていますが、田舎の家の夢をよく見るんですよ。この頃。

で、昨日とは考え方を変えて、「住んでみたらどうなるか」を設定してみましたが、冬の雪と、恐らく起こるであろう怪奇現象を乗り越えれば、なんとかなるのではないか?

と思いました。

浮世の事情とか

家を所有するはできないので、母親の運営する貸家に住む、と言う形式になりますが。

貸主が母親だとまずい場合は、別主に家を買い取ってもらって、月々の賃貸料を支払うと言う形になります。

夏季はまだ良いのですが、冬季にすっかり仕事が出来なくなる暮らしになるため、夏の間に副業を頑張っておかねばなりません。

それも副業が無かったら、本業と、ネットで出来るお仕事を探すことになりますね。

もちろん本業のために、うちの作家さんも連れて行きます。

作家さんの身の振り方

音楽さえ作れれば、大体どうでも良いっぽいですけど、この人は「今日は部屋の掃除でもして羽のばすぞ」と思ったとき以外、掃除や料理をしない人なので、

「ロボの好きにすれば?」と言うています。

田舎の家は、一時期は2世帯住宅として使っていたので、2階を住居にして1階を「お客様用」にすれば良いわけで。

ロボsは生ゴミの出るご飯を食べないタイプなので、出るとしたら茶葉ガラくらいなんですよ。

テレビ観ないし、Wi-Fiが無くなるのでタブレットが使えなくなるだけで、ニュースや漫画はスマホで観れば良いし。

打開策は色々ありそうです。

住むとしたら

数年貯金を貯めて、早いうちから住んでいたほうが良い感じがします。

年取ってから急に過疎生活になるよりマシだろうと思いますが、貯金の回復は必要ですからね。

誰が貸主になるか分からないけど、書類を作ってもらって、毎月いくら口座から引き落とされるとかを、ちゃんと把握して。

ロボsが暮らすくらいなら、今ある家電で全然間に合うので、このまま引っ越ししてしまって、古くて電気代のかかる家電は伯母さんに引き取ってもらったりして、場所(部屋数)だけはいっぱいあるので、夏の内に冬にこもる(12~2、3月くらい)期間を考えて消耗品とかを備蓄しておけば良いのではないかと思われます。

住むほうで考えてみると

悪くはないけど、問題はニンゲン関係ですね。

挨拶をしてこない人に挨拶はしなくても良いし、大事なノコギリとかスコップとかは、使いっぱなしにしないで、しっかり片づけてしまえば良いんだし、隙を見せないことが重要なのではないかと思われます。

ニンゲン関係的には、町で暮らしてた時と同じ感覚で居れば良いのか。

でも、カラスと戦ったことが無いので、農作業はしません。

春と夏だけ働くバイトとなると

短期バイトを探すことになります。もしくはネットで在宅ワークを。

ただ、町に住んでいたときの慣れで、回覧板とか回ってきたらどうすれば良いかとか、突然体調を崩したら駆け込める医者が無いとか、色々困ったことも起きてきますが、それはロボsを田舎に閉じ込めた母親と伯母の責任なので、大いに車を出してもらいます。

ネットにどんな在宅ワークがるのか分からないので、まずその調査を始めます。

「これなら田舎に住んでも続けられる」と言う仕事が見つかったら良いんですけどね。

住んでみる方向で考えると

住まない方向で考えるより建設的ですが、ロボは結婚も子作りもしないので、ロボの代で、あの家も終わりですね。

ネットは絶対必要なので、電話は要らないから無線LANだけは引いてもらわないとなりませんけど。

実際住み始めたら、電気屋さんに相談に行こう。壁に穴を開けない方法で取り付けられる無線LANをつけてもらえないかと。

テレビがあると邪魔なので(テレビがあるだけでNHKから受信料を取られる)、テレビは廃棄してもらって、今ロボsの家にあるテレビも、オフハウスにでも引き取ってもらって、ネット中心の生活を始めましょうか。

芸術家になるの?

ロボ「LuNaさん芸術してみる?」

LuNa「芸術って言うか…今までの生活が少し変わるだけだろ?」

ロボ「田舎はめっちゃ田舎だけどね」

LuNa「プライバシーを侵害してこない田舎だと良いのだが…」

ロボ「それは言えるね。注意しよう」

こちらの話はまとまったので、先方に連絡してみよう。

LuNa RhyThm official web site 月暦には、

http://lunarhythm.holy.jp」からアクセス☆!

それでは☆