狂騒旋律

LuNa RhyThm非公式★宣伝ブログ『ロボの公園』

流されまいと逆らいながら

やぁ。ロボですよ☆。今日の作業は…バックアップ取りで終わりそうだそうです。

鬼にならねば

ロボもね、あんまり厳しいこと書きたくないの。
優しいロボさんで居られたら、それは自分だって楽だし、それこそ縁のない世界にわざわざ関わらなくても良いじゃん?
でもさ、ロボはマザー・テレサじゃないから、「オメーそこは違うんじゃねーの?」って思うこともあるのですよ。
他人事だからスルーしてしまえば良いんだろうけど、そうすると、うちの作家さんの言葉じゃないけど、「頷くだけの機械」になってしまうでしょ?
だけど、大体ロボの思い付く事って、一般の方々には厳しい事や、優しくないことが多いようです。

優しさってなんだろう

その実、ロボの文章には優しくない性分があり余らんばかりに滲み出ているのかも知らんけど、ただ「ソフトリー」なだけでも、毒にも薬にもならんと思うわけですよ。
ロボsは、DTMとかの世界にちょい見聞があるだけで、ロボの読んでるブログを書いてる人のように、アプリやパソコンの世界にそんなに詳しいわけでもないしね。
そうすると人生とかの話になるんだけど、それがどうも「普通の人にはそう言う生き方は難しいんじゃない?」って言うのを提示してしまう人生観の持ち主なようです。
別にロボの人生観が全部って訳じゃないし、色んなパターンがあるってのはわかってるけどね。
(でも、ロボsの人生に「スェクスィー☆」の要素は要らない)

人の数だけLifeはある

雑誌の名前じゃないよ。英語のLife。暮らし、人生、命。
面倒くさいことを短く言うと、「毎日を丁寧に生きてみよう」ってこと。
それが難しいって場合もあるだろうけど。
その日その日を食べてくのもやっとって言う状況や、なんにも手につかなくなるほど疲弊してしまうこともある。
そんなときには少し休んで、おやつ(があれば)食べて昼寝でもすりゃ良い。
家の無い人は凍死しない場所で眠りましょう。
これからの季節、ロボの言葉より外気温が厳しいからね。

死なない程度に生きよう

ロボもここのところ、あまり革新的ではない暮らしが続いているね。
飯食って眠って、買い出しにも行かない。
今日もうちの作家さんが、「何か食べたいものある?」と言うので、あんまんを買ってきてもらった。
一袋4個入り。半分こにすると丁度良い。
最近のロボは昼寝とおやつで2kg太ったが、どうせまた痩せることを知っている。
何故なら、昼食にバームクーヘン一個と、夕飯にあんまん二つ食べた以降、全く腹が減らないからだ。
たぶん備蓄エネルギーがいっぱいあるんだろう。

時間軸の設定

眠りすぎの話をしたら、
「何か決まった社会との接点があったほうが良いんじゃない?」と、ある人にアドバイスされた。
それは分かっているので、胃袋の検査の後、副業を探す予定なのは何度も書いた通り。
そろそろ休職にも飽きた。
じっくり制作やブログ書きに時間が取れるのは、それはまたそれで「楽」ではあったが、「楽」を通りすぎると「暇」になるのだ。
それこそ、人生論を考え出すほどの暇。

まとめると

人生色々。ロボは優しくない。暇は苦行である。
の三本です。
(サザエさん形式で書いてもソフトにならんから)
そしてこの話題は続きません。
何故なら、バックアップ取りでデスクトップを使っているので、パソコンで書いてるわけてはないからです。
文字数なん文字かわからんし、こんなくどくどした話、続けても面白くないでしょ?
相当人生に悩んでいるなら、温かい中華まん食べて、お布団で亀になるのも良いさ。
記事書けたから、デスクトップの見張り番、交代してもらお。
ではまた☆