狂騒旋律

LuNa RhyThm非公式★宣伝ブログ『ロボの公園』

美味そうなサラダを作る方法のほうがゆめまぼろし☆

おはようございます。クリエイターLuNa RhyThmさんのアシスタントのロボです☆。

さぁ、エレクトロニカとかで潤ってるお耳に爆雷投下。

今日の一曲

デビルメイクライ4の戦闘BGM


デビルメイクライ4 戦闘BGM

3分47秒の曲です。こう言うのの強化版が作りたいのです☆。

現在の状況

2日間早起きはつらいなぁ。そんなこと言ってたら副業再就職なんてできないと思いますけどね。

(と描きながら二度寝する)

11時19分。再び起きました。さっきは7時40分くらいだった。

早起きをキープするには…コーヒーだ!

と言うわけで、三度寝をしないようにコーヒー飲みます。

ロード・オブ・サラダ

昨日買ってきたレタスが死なないうちにサラダ作ろう。

酢を買わなきゃならないんだと気づいて、ワインビネガーとか買えるとカッコ良かったんだろうけど…何故かゆずぽんを買った。

それだけでドレッシングになるじゃん! て話ですよ。

塩(クッキングソルト)とコショーも買ったのに…ゆずぽんが全てを解決してしまった。

まずは、クルミと豆腐とレタスのサラダ。見た目はともかく、クルミと豆腐の入る時点で期待値はかなり大きい。

豆腐は安いんだけど、クルミが小袋で300円くらいして、一気に食べるには向かない食べ物だと知った。

美味しいんだけどね。ナッツ。

そしてまた嫌われる発言をする

以前、相川七瀬さんのライブ映像(YouTube)を見てみたら、相川さんがビシッと決まっている中、同世代と思われる観客のおばさま方が…見事に全員アザラシ体型で、ああ、気をつけないとああなるんだなーと思った。

若いうちからでっせ―?

気をつけないとほんとに。見た目…見た目もなんかドーン↓ってくるし、健康にも悪いし、もう一度「夢見る少女」になろうぜ! おばさま方! 自分変えてこうぜ!

自分を変えるって言うのの、一番簡単で分かりやすい方法が「減量」や「筋トレ」なわけよ。

ロボも、唯一自分の気に入らないところが、腹。腹筋がほとんどなくってぽて腹だから、この記事書きながらも、腹筋に力入れて引き締めてんの。

そうすると、骨盤周りの骨格が安定するらしくて、腰骨ぼりぼり言うけどなんか楽になるんだよね。

カルシウムは摂りましょう。肉は減っても骨は丈夫じゃないとね。

50代。全然問題なし。あと40年は生きられんじゃん。まだまだこれからでっせー。

アメリカの70歳の黒人シンガーの女性が、「actress(女優)」って書いた自分の名刺持ってて、「歌手じゃないの?」って聞かれた時、「女優は夢! これからなるの!」って言ってたそうだ。

いつでも元気でアグレッシブにね☆。

浮世の事情とか

子供、旦那、家庭。育児、留守が良いもの、家事。と、しなきゃならなんことはたくさんあるだろうけど、一見華々しい歌手や役者やバンドメンだって、家庭や仕事を持ちながら頑張ってんだぜ?

ロボsなんか、まだなんにもねーや。手に就いた職と長年買いだめたアナログの道具(絵の具やペンや筆やら)やパソコン機器とソフトしかないから、それを頼りに作家活動をしてるわけよ。

手に就いた職があるからできるんじゃない! って、またご家庭の主婦達がぶちっと来そうなことを書いてるかも知らんけど、手に職つけるのなんて、3年あればできるよ?

マジで「これやりたい! 面白い!」って言う気概だけがあれば、確かに勉強の費用は、我流で何かを始めるにしても、教室に通うにしてもかかるものはかかるけど、何処を削って何処に使うかだよ。

自分の事より育児! って言う人は、「子供に未来を託しすぎない」ようにね。

子供だって過度のプレッシャーは、ええ迷惑だから。

輝いてるお母さんのほうが、子供も「うちのお母んはカッコええなぁ」って思えるじゃん。

音楽するのと飯を作るのと

今日掲示した「デビルメイクライ4」のBGMがマジかっけぇ。ロボsが創り出すもので、まず、目指すのが平均的にこのレベルを維持すること。

ここからもっとハードにしてく感じかな。ゲーソン侮りがたし。

うし。頑張って、まずは飯作りますか。

サラダ―サラダ―和風サラダ―何故ならドレッシングがポン酢だからー。

LuNa RhyThm official web site 月暦には、

http://lunarhythm.holy.jp」からアクセス☆!

ちなみにロボsは主に飯を犠牲にして創作活動をしています。

サラダもたまの贅沢だなー。

イメージする出来上がりのビジョンとしては、クルミと合えたレタスの上にミニ豆腐がのってるだけかもしれぬ。

たぶん美味しい食べ方ってあると思うけどね☆。

そういう所で美的センスを発揮…しないのがロボです。

写真映えするご飯を作れる主婦は尊敬してるよ。

まだまだ知らない美味そうな飯は存在すると信じている。

ロボにとっては、そっちのほうが「夢幻」に近い。

では、See You Next Time! またね★。