狂騒旋律

LuNa RhyThm非公式★宣伝ブログ『ロボの公園』

無事に帰ってきてくれました

おはようございます。クリエイターLuNa RhyThmさんのアシスタントのロボです☆。

嬉しい知らせを連れて、うちの作家さんが帰ってきました。

でも、まず音楽から。

今日の音楽

ボーカロイドたちがただテッテーテレッテーするだけ」作曲者不明


ボーカロイドたちがただテッテーテレッテーするだけ

嬉しいお知らせ

先日の「M3 2017秋」に参加の皆さん、ひどい悪天候だったようですが、ご参加お疲れさまでした。

うちの作家さんも配布+販売を頑張った結果、無料配布は持って行った分が全部無くなり、販売のほうも、初参加でほとんどアピールもしない新人ながら、3名の方にCDとCD-Rをお買い上げいただき、目標の5千円にはちょっと届かなかったけど、覚えめでたかったとのことでした。

両隣のサークルさんに、とても親切にしていただいて、楽しいおしゃべりなども出来たそうで、金額では買えないものを得てきたと言って、作家さんはほくほく顔で帰ってきました。

CDとCD-Rを買ってくれた3名中1名は、スペース右隣のサークルの人だったそうです。

土産話

LuNa「右隣さんも無料配布してたんだけど、自分のCD-R受け取ってくれた人に『こちら(LuNaさんのCD-R)のほうもお願いします』って言ってくれて、すっごく助けてもらったんだよね。

無料CD-R渡した初老の男性が、1200円のほうのCDを買ってくれたんだけど、その時、丁度、右隣さんの応援に来てた女性の方が、『やりましたね☆!』って言ってくれたのがめっちゃうれしかった。

(話を)聞くには、右隣の人達は、なんかのサークルつながりの人達で、今回のそのメンバーさんの男性が曲を作ったから初参加したんだって。その無料のCD-Rをもらったんだけど、ボイスドラマのCD-Rで、それを聞いてみたところによると、アフレコサークルさんらしいんだよ。

その人達のサークルのメンバーさん達が、応援に来てて、みんなすごく通る良い声をしてるから、何のサークルさんかと思ってたら、なるほど、みたいな」

ロボ「ほー。ボイスドラマ聞いたの?」

LuNa「宿で出だしを少し聞いて、キャラクターの名前と設定が大体分かった辺りでやめておいた。当日体力限界だったし、楽しみはあとにしようと思って。リーフレットにキャラクターと演者名が書いてあってさ、一名だけ、名前分かってる人が居て、この声がこの人かって言うのが分かったんだけど、あとは分からない。声優さんって、演じてる時と地声って結構違うじゃん」

ロボ「そのサークルさんの男性が作ったって言う曲は何?」

LuNa「あ。もらった」

ロボ「もらったんかい」

LuNa「なんか、女声ボカロとがくぽの組み合わせで作ってるんだって。まだ女声のほうの曲しか聞いてない。ポップスだね。いい感じにサビでちゃんと聞かせるタイプの」

ロボ「LuNaさんCメロで聞かせてるもんね★」

LuNa「それはおいておいて。その右隣さんがさ、ギターだけ生で録ってるらしいの。で、さらにその右隣さんも男性で、ベースだけ生で録ってるんだって。呼び込みの時、アピールの張り合いになってて、もちろん張り合いって言っても冗談半分だけど、かなり聞いてて面白かった」

ロボ「で、サングラスは忘れなかった?」

LuNa「かける前に壊れた」

ロボ「何それ! じゃ、ほぼ素で?」

LuNa「うん。ファンデーションとパウダーだけで」

ロボ「目の周り塗れよ!」

LuNa「いや、ちゃんと理由はあるんだ。サングラスが壊れていると発見したのが、会場に辿り着いて順番待ちをしていた、早朝5時頃で。朝飯はカレー食べたんだけど、荷物の重たさで既に疲弊し始めていて、アイメイクなんてしてる余力なかったの」

ロボ「じゃぁ、路上で靴下を脱いだがの如く…」

LuNa「うん。最初恥ずかしかったね。そのうち慣れたけど。たぶんね、サングラスしたら誰も親切になんてできない面してたと思うから、あれは天の導きでしょう」

ロボ「君の天には何が居るんだ」

LuNa「たぶんジュピター。一人じゃないって教えてくれたんだよ。一般参加も面白いけど、サークル参加も数倍面白いね」

これからの対策

ロボ「(平原綾香やん、と思いつつ)次はどうする?」

LuNa「傾向からして、曲数は多めなほうが良いっぽい。後、俺の技量だと、まだマスタリングが甘い。CDにした時、音が削れるのをなんとなしないとだめだね。今、ハードロック系作ってんじゃん、なるべく低音削りたくないんだよ。

ゲーソンの戦闘の音楽っぽいって、その右隣さんの女性が試聴してくれた時に言ってくれて、『ボス戦を聴きたい』って言われたんで、まさにナウだよって思って『今作ってます!』って言ったのね。名刺も要るね。今回は無料CD-Rが名刺代わりになったけど、もうストックないし」

ロボ「うん。(イベント前に)友達関係とかで結構はけてたしね」

LuNa「イベントの呼び込みの真っ最中に電話よこした馬鹿が居て、着信拒否ったけどね。マナーモードだからマシだったけど」

ロボ「そこだけ残念だね」

LuNa「うん。後はほぼ無事」

そんな、ほぼ無事で帰ってきた、うちの作家さんのHP、

LuNa RhyThm official web site 月暦には、

http://lunarhythm.holy.jp」からアクセス☆!

では、See You Next Time! またね★。