狂騒旋律

LuNa RhyThm非公式★宣伝ブログ『ロボの公園』

秋の夜長に神経伝達物質による顔面の引きつりについて考える

こんばんは。ロボです☆。16時54分をお知らせします。

もうこの時間で宵闇が迫るようになりました。

電解質

牛乳を1リットル飲んでしまったら…吐き気が。

気持ち悪くなって横になっていたら…眠気が。

お腹が落ち着いてきたので起きたのですが、本来夕飯の時間なのに全く腹が減らない。

寝起きのコーヒーを飲んだら…胃の中でカフェオレになっている感覚がはっきりと。

気持ち悪いよー。

ロボがこんな状態なので、うちの作家さんは「大丈夫か?」と言いながら、じゃがりこを差し出してくれる。

とりあえず食えと言うことらしい。

(食事中)

塩分を得て、汗となって放出される水分。なんかすっきり。求めていたのは塩だったのか。

二元論

他人様のブログネタから派生した話なんですが、完全な美人と完全なブスも居ないんだろうと思います。

ニンゲンに関わる副業をしていて、「人を嘲笑うときの表情って、みんな同じなんだな」って言うのと、そう言う「笑顔」が「不気味」であることを学びました。

そう言うのって、「美しくない」と言う意味では、「ブス」なんですね。

でも、嘲笑ってる人達の顔の構造は、いたって一般的なんですよ。

そう言うグレーゾーンの人は、神経伝達物質による顔面の引きつり(=表情)が、「美人」に見せるか「不気味」に見せるかを決めているんでしょう。

内面が顔に出る、と言うのがこのことかと。

ロボの場合

ロボも特別整った顔でも崩れた顔でもないので、グレーゾーンなんですけど、自分は比類なきドブスであると自負いたします。

何気に観察と考察を怠らないところから、たぶんロボはすごく「とっつきにくい」表情をしていると思うんですね。

でも、寝ぼけてゴミ捨てに行ったりするときは、早朝ウォーキング中のばーちゃんとかに良い笑顔であいさつをされるので、実際の顔面の構造としてはやはりグレーゾーンなんだろうと。

とある方の紹介していた「宝塚のブスの25か条」だったか言うので出てくる、「自分がブスであると気づいていない」とか、「自分が正しいと思っている」とか言うのに、ちらほら引っ掛かりますしね。

現象と人の多面性とか

常に観察して考察する、と言うのはうちの作家さんから学んだ人生訓みたいなものなのです。

そんなじーっくり眺めてじーっくり考えている暇なんてないことが多い日常ですが、耳にしたキーワードを忘れないとか、こうして日常的に文字を打ったり、色々読んだり、副業先の言わば「ミニマムな人生のフィールドワーク」である場所で、労働を通して色々胃に痛いことを考えたり。

でも、労働先は収入を得るために出かけてるわけで、胃を壊してまで通い詰める場所じゃないですね。

慢性的な胃炎で免疫力落ちてヘリコが増殖したのかもしれないし。

そんなことよりー、塚と言う、いわば「ステージに立つ人間を育てるための選ばれた精鋭」みたいな人達の中でも、確かに「私は宝塚のに合格したんだ。私はすごいんだ」になってしまうと、せっかくの「美しさ」も台無しですもんね。

罪なもんだぜ、神経伝達物質

うちの作家さんの場合

この人もグレーゾーンです。男だか女だかわからん顔をしていると言う意味でもグレーゾーンです★。オカマとかおなべって意味じゃないですよ?

昨日前髪を切ってたんですけど、出来上がりを見せてもらったら、「ショタっぽい男性のようにも、ボーイッシュな女性のようにも見える」と思って、「うん、良いんじゃない?」って言っておきました☆。

どうせそのつぶら★な猫目はサングラスで隠しちゃうんだし。

ロボ「あえてサングラスしてくる人に、サングラス外せって言う人いないと思うけど、いたらどうする?」

LuNa「路上で突然『靴下脱いで下さい』って言う人が近づいてきた時と同じだと思って下さいって言う」

問答は一瞬で終わりました。

それは、確かにそれ以上追求してくる人もいなくなるだろうけど、お客さんも居なくなるのでは…まぁいいか。靴下脱いでまでCD買ってもらわなくても…。

顔売りに言ってるわけじゃないしね…。顔売るってなんかの用語だったのではないだろうか。

神経伝達物質

ニンゲンはとにかくこいつに操られっぱなしなんですよ。

うちの作家さんは、この伝達物質の影響で、「猫依存症」にかかっています。

緊張のピークを過ぎたら疲れてきたらしい。おーい。本番明後日だよー。

「たくさんの猫達が現れて、このやたら重い段ボール箱を運んでくれたら…」とか、普段はロボが口にしそうなことをブツブツ言っている。

荷物運んでもらう前に猫達に真心を示さないとね。

クロネコヤマトに頼むには遅すぎるか。明日の明後日じゃね。

帰りの荷物減らすなら、会場でクロネコヤマトの出張所があるらしいから、それ使っても良いしね。

商品がはける=帰りの荷物が減るのが、一番理想的だけど、まだまだ初陣だから、地道に頑張るが良いさ。

無料配布CD-Rくらいは全部なくなるのを目指そう。

ではまた☆