狂騒旋律

ロボからの素敵な脅迫状

イマジン ユアセルフ ライフ

暇人がイマジン。寒い。ロボ、禁断の3rd(1日に3件目の記事)に突入。

電気代は死守できるのか?!

話を始めましょう

「イメージしてごらん?」の和訳で有名な、元ビートルズの人…有名な人なのに名前が出てこない。

名前思い出してる間に電気は消費されるので、話はサクサク進めます。

こう言うことは、ロボが文章でお伝えするより、うちの作家さんに作詩の素にしてもらったほうが伝わるんじゃないかと思うのですが、

うちの作家さんが仕事の出来る緊張状態でもないので、ロボが代筆いたします。

死にたくなるくらい生きたかった

のではないかと思うんですよ。

「自分の人生」をです。

他人に支配された人生と言うのは、「自分の人生」ではなく、「支配する者の人生の一部として生きる」と言うことです。

少し回りくどい言い方ですが、「自分の人生」の中心から、「自分」が居なくなり、「他の誰か」が取って代わってしまった人生と言うことです。

子供の場合

子供の頃は、大体の場合、親に支配されています。

でも、子供はその中でも自由を見出して、「親の言うことを聞かない」こともあります。

それが「個」を持った普通の子供です。

高圧的な親の場合、「子供を徹底的に服従させないと気が済まない」場合があります。

子供に「人生」や「個」を与えず、「自分の思い通りに動く機械」のように扱おうとします。

反発されると「力の暴力」や「言葉の暴力」で、子供が「個」を持つことを諦めるように促します。

これは、未成熟な親に多く、「大人になりきれていないニンゲン」が、突然「子供」と言うものをもつと、子供を「小さなニンゲン」ではなく、「服従させるべきペット」と見なすわけです。

「親」が自覚はしていなくても、子供を「親の機嫌が良いようにふるまう様に躾る」わけです。

こうして「個」をはく奪された子供は、心理的に追い詰められます。

「自己の意思決定」が出来なくなり、「個」を持たないニンゲンになります。

もちろん、大人の社会では「自己決定」を出来ない人は生き延びれません。

学校に通っているうちは、整ったレールの上を走っているようなものですから、自己決定は「どんな学校に入るか」くらいで十分なのですが、それにも「親」は口を出してきます。

より就職率が安定していて、将来高収入が得られて、学費がかからない学校(大学)に進学させようと、やっきになる親もいます。

女性の場合

昔は、「個」を持たないことが日本女性の美徳だと思われていた時代がありますが、人の見ていないところではしっかり自己主張(井戸端会議など)をしているのが、女性の強さでもありました。

もののけ姫」のアシタカが言うように、「良い村は女が元気だと言います」と言うのは、本当なんです。

古風な考え方ですが、女性は、ある一定の年齢になると、「結婚」と「子育て」のレールを敷かれます。

遥か昔は、結婚相手まで親が決めることもあったくらい、女性に「個と言う決定権」はありませんでした。

公の場では「個」を抑え、「親の意志」の次は「結婚相手(旦那)の意志」に従うように、躾けられていたのです。

ですが、女しかいない場所では、しっかり旦那の悪口なんて言いあって、ストレス発散しているのが「日本女性の在り方」だったんです。

ですが、周りに味方がおらず、徹底的に「主人への服従」を求められる人々も居ました。

そう言う場合は、現代で言えば様々な病名がありますが、一種の精神疾患を病むこともあったでしょう。

少し特別な例ですが

皇室で言うと、民間の家庭から「公の人」となった雅子様がご病気になられたように、24時間、一時も気の休まる時が無く、もしくは長い間子宝に恵まれなかったこともあり、唯一理解してくれる夫(皇太子様)も、「公の人」としてしか味方が出来ない、と言う不条理を、乗り越えていらっしゃいました。

愛子様も、テレビ等では笑顔で振るまえない立場が続いていました。

その心の内はご本人にしか分かりませんが、ロボの推し量るところでは、「自分が男の子だったら」と考えたことも、一度はあるでしょう。

近年になり、皇太子様ご一家の笑顔の写真などを公開して下さっているのが、何よりです。

まとめると

「自分の人生を生きられない」と言う苦しみは、確かに「死への願望」を生みますが、それは「他人の人生を生きていることを終わらせたい」のである、と考えてみて下さい。

ロボは、生まれてからの11年間を、両親の「支配」と「自己の心」の間で板挟みになっていました。

11年目に、父親が病死しました。

その後、母親の支配がはじまるのですが、父親の死はロボにとっては「不条理からの脱出」を思わせました。

「ようやく大きな赤ん坊から解放された」と思ったのです。

涙は出ませんでした。

その後、母親の子供への執着に悩まされることになるのですが、話がそれてしまうのと、そろそろ二千文字なので省略します。

では、グッナイ☆