狂騒旋律

ロボからの素敵な脅迫状

猫の話と犬の話と署名お願いしますと

 おはようございます。クリエイターLuNa RhyThmさんのアシスタントのロボです☆。

動物を虐待していた奴が捕まったんですってね。

今日の音楽

氣志團One Night Carnival 2013」short ver


氣志團 / 「One Night Carnival 2013」 MUSIC VIDEO-short ver-

ジョークでは済まないことをこれから書こうとしているのに、ジョークのような曲を選んでしまった…。

心はとっても真剣だよ。

猫たちの危機

他の人のブログ記事を貼り付ける方法が分からないのだが、動物虐待をして殺していた税理士が逮捕されたそうだ。

その税理士を実刑に処してもらうために、署名活動が行なわれている。

「Neco猫日記さん」の「署名のお願い」記事や、「侍にゃぱん」さんの、「あの猫たちを忘れない」と言う記事を読んでもらうと詳細が分かる。

これで拡散したと言えるかわからないが、記事の貼り付け方が分からない身としては、これが精いっぱいである。

cuthouseneco.hatenablog.com

と思ったら貼り付けできた―! おお。快挙。

だが、ロボはちょっと本名(デフォルトネーム)を明かしたりできないので、署名はできない。このブログを読んでくれている人々で、本名公開OKですって人は、一筆を投じてあげてほしい。

ロボに出来るのはここまでだ!すまぬ!

猫とロボ

長い付き合いである。猫は良い。

喉をカイカイするとゴロゴロと言う。尻尾を触ろうとすると、嫌がる。耳も触ろうとすると、ピピピピと耳を振って嫌がる。

髭は腹の次に触ってほしくない場所らしい。うざがられる。

昔ロボの元の家で飼っていた猫(雄)は、2階の屋根の上が縄張りだった。

子供の頃からケンカをする相手も、ケンカをしたこともなく、地上に一度逃げ出したことがあるが、近所のワル猫に絡まれて、散々怖い思いをしたらしく、ロボの当時の家族が探したところ、夜も更けた頃にガレージに隠れているのが分かった。

母親とロボで呼びかけたところ、半狂乱になってガレージから飛び出してきた。

その時、猫を抱きとめようとしたロボは、首に爪付き猫パンチを食らって、爪が喉に刺さり、痛い思いをして猫を放してしまった。

本猫もいっぱいいっぱいだったらしく、玄関を開け放していた家に逃げ込んでから、遠巻きに「ごめんよー」と言う視線で見ていた。

それにこりたようで、2階の安全な屋根の上を縄張りにするようになったのだ。

その代わり、2階に帰ってきてから、除菌ウェットティッシュで前足後ろ足を拭かれると言う試練を受けることになった。

スカスカして、毛皮が濡れた感じが長続きするらしく、水を切るようにピピピピと手を振っていた。

本猫は、水を切っているつもりらしい。だが、スカスカ感はアルコールなので、しばらく無意味に手を振っている獣を見て、「お前も猫よのぉ」と思ったものである。

最近の変化

ロボは最近、猫に嫌われる。散歩中の飼い犬には好かれる。

何故なら、目玉を大きく開いてにた~っと笑っているので、猫には「威嚇されている」と受け取られ、犬には「この人、僕に興味があるんだ」と受け取られるらしい。

ロボは幼少期、5~6匹の野良犬の取り囲まれ吠えたてられたと言うトラウマがあるためか、犬の鳴き声が苦手なのだが。

吠えない犬なら全然平気。

特に、散歩の途中の犬達は、「楽しいなぁ。今日は良い天気だなぁ。今日も色んなにおいがするなぁ」と、ウキウキしているのが目に見えるので、こちらも、「そうかそうか。お前の世界は平和か」と思っている。

時々、ご主人に続いて歩きながら後ろにいるロボを振り返ってくる犬などは、片手をなでなでの形で差し出すと、「やっぱりこの人ぼくに興味あるんだ!」と言う勢いで、立ち止まって撫でてもらおうとするので、飼い主さんには少し気まずい思いをさせている。

うちの作家さん

べたべたの猫派である。作業中に猫less(ねこれす)になるときがある(「ねーこーねこーねーこーねこー」とか言い出す)ので、ぬいぐるみを抱かせている。

現在の家では、動物は飼えないのだ。

ぬいぐるみのふわふわ感をひとしきり愛でて、「この猫あったかくない」とこぼす。

「そりゃーぬいぐるみは暖かくないだろう」と返すと、「じゃぁ、俺があったかくしてさしあげよう」と言って、ぬいぐるみが体温で暖まるまでボケーッとしているので、ぬいぐるみ作戦は正しいのかどうかわからない。

癒されてはいるようだ。「この猫耳長い」とも言ってくる。

ちなみに抱かせているぬいぐるみはウサギである。

マジなのかギャグなのか分からないので、放置している。

LuNa RhyThm official web site 月暦には、

http://lunarhythm.holy.jp」からアクセス☆!

では、See You Next Time! またね★。