狂騒旋律

LuNa RhyThm非公式★宣伝ブログ『ロボの公園』

世の中は相変わらずです

こんにちは。ロボです☆。先日から天井に宙ぶらりんにぶら下がっている照明が、ついに修理されます。

余談から入りますが

韓○人が突然発狂することを「火病」と呼ぶらしいですね。
燃え上がっているんですね★
ドーパミンが一定量放出されるまで鎮静しない(疲れるまで止まらない)ので、まさしく「火病」なのか。

現在の韓○では、慰安婦ネタが下火になって、泣いて気分よくなるのが出来なくなったから、今度は「軍艦島」ネタで気分よくなろうと言う流れがあるようです。

立派にファンタジーと脳内麻薬づけの人々が量産されている。

韓○版「軍艦島」に出演している役者達も、もちろんきっちり洗脳されてて、韓○版「軍艦島」を史実だと思ってるんだって。
脚本家と監督達は確信犯だね。
「史実と言ったほうが盛り上がるから」ってところですか。

こうしてあの国は日常的にサイコさんが作り出されているんだね。

日本のリアル軍艦島に、無許可で「慰霊」をしに来る韓○人もいるんだって。
いくら祈っても、その島に韓○人の祖先はいないよ★。

では本題に入りましょう

先日から接続コードだけで空中に浮いていた照明がなおりました。
さっき業者さんが来て直してくれました。
どうやら、照明を取り付けるときの欠陥工事で、天井裏に木の通っていないところにビスが打たれていたので、照明が剥がれてしまったと言うことでした。

新しく木の通っている場所にビスを打ち直してもらったので、これからは大丈夫でしょうと太鼓判を押してもらいました。

ロボが壊したわけではなく、いずれは壊れる運命にあったと言うことがはっきりして一安心。

照明のカバーはずしたら、内側に小バエがいっぱい死んでてかなり恥ずかしい思いをしたけど、空中に浮いている照明のカバーがはずせなかったので、掃除ができなかったんです。

そのカバーは業者さんがちゃんと磨いてくれたので、現在きれいな状態です。
業者さんが気のきくおにーさんで良かった。

気のきくおにーさんは、剥がれかかっていたエアコンのカバーもつけなおしてくれました。

「他には(困ってることは)ないですか?」と聞かれて、一点思い浮かんだのだが、タンスを開けないと修繕できない部分なので、さすがに遠慮しておいたけど。
折り畳み扉のビスがはずれているだけなので、これはロボsでも直せるかな、と思う。

電気代を気にして一本しか蛍光灯をつけていなかったのだが、今は2本点いている。

明るいほうが目には良いのだが、やはり電気代が気にかかる。
さて、照明にかけるお金をどこで節約しようかな。

話戻るけど

日本で真面目に働いている韓○人もいるし、そう言う人達を差別はしないけど、区別はするよね。

「コリアンを可哀想がろうの会」みたいな日本のテレビ局とかもあるそうだけど、頭悪いと思う。

喧嘩を売られないなら、ロボもある程度の「寛容さ」はあるけど、ファンタジーで頭の中が埋まっていて、その商法に踊らされて、検討違いな「慰霊」をしている人達を、「純粋」と呼べるかと言ったら、問題はある。

何故なら、「あのさー、信じるものを壊して悪いんだけど、軍艦島にコリアンが強制連行されたって言うのは、ファンタジーなんだよ」と説明すると、
先に記した「火病」を発症するんでしょ?

そうなると問題あるっしょ?聞く耳持たない「陶酔」は。

おまけ劇場「酔い」

エス「もしもし?仏陀?頼みがある」

仏陀「なんだい?藪から棒に」

エス「悟りってどうやって得るのか教えてほしいんだ」

仏陀「それは、短く説明するのは少し難しいなぁ」

エス「集団で何かのファンタジーを信じるって、つまり私達の場合、私が起こした『奇跡』を信じることに似てると思うんだよ」

仏陀「んー?確かに、浮世離れはするよねぇ」

エス「ぺテロ達と話し合ったんだけど、今のままの私達じゃ、説得力が足りないと思うんだ。何せ、布教時代にあれこれを『奇跡』にしちゃったからさ…。そこで、己を見つめる力が必要だと思って」

仏陀「ああ、それで悟りが必要だと思ったの?」

エス「うん。熱狂するだけが『信仰』じゃないって伝えたいんだ…ヒック」

仏陀「あれ?もしかして、君酔っぱらってる?」

エス「…うん。少し。ぺテロ達と話が盛り上がったら、いつの間にかワイン3本くらい空けちゃって…。でも、多少酔いは覚めたんだよ?! 電話番号2回間違えたけど!」

仏陀「イエスよ…。まず、慎みなさい。酔いの回っている状態では、悟れることも悟れませんよ」

エス「ごめん。もう少し酔いが覚めてからまた電話します。でも、悟りたいのは本当だよ?…ヒック」

仏陀「イエスよ。今日は水を飲んで眠るのです。肝機能が高まらないと、酔いは覚めませんよ。そして電話で悟りを説くと言うのは、必要以上に電話代がかかることを悟るのです」

エス「うん。日を改めて、ちゃんと会おう…ヒック。じゃあ」

電話を切ったイエスに、買い物から帰ったヤーウェが言いました。

ヤーウェ「アルプスの天然水買ってきたぞ。飲み会も良いが、ほどほどにな」

エス「飲み会じゃないよ! 会議だよ! …ヒック」

しゃっくりはしばらく止まりませんでした。