狂騒旋律

LuNa RhyThm非公式★宣伝ブログ『ロボの公園』

寒さが沁みてくるようになりました

おはようございます。クリエイターLuNa RhyThmさんのアシスタントのロボです☆。

この出だしを読むと(書いてるロボすら)眠たくなるのは何故だ。

今日の音楽

「戦闘音楽」で検索したら出てきた曲集。


【作業用BGM】かっこいいBGM 戦闘-battle BGM

ゲームミュージックの一環ですが、結構聴かせます。

ボス戦とかの音楽かな。

ドラムがつきました

通し番号M-9の曲にドラムがつきました。まだ仮設だそうで、どうひねるかは今後考えるそうです。

ボーカルのキーが高いので、ライドシンバル多めの乙女ティックな曲になっている…「はずだ!」と作家さんは語ります。

あのキックドラムが変わりまくる拍子で、「乙女ティック」って言ったら、どんな偏屈な乙女なのかを疑ってしまう。

でも、通して聴くとまとまってるから不思議だ。

これは長年のしみついた感覚なのかもね。職人の勘と言うか。

でも、改造してくうちに「こっちのほうが良いね」って言うのも出てくることがあるので、ベーシックな勘って感じ?

5年間ほぼ毎日作曲してて、感覚を覚えないほうがおかしいと言う話でもありますが。

感覚だけじゃなく、ちゃんと考えて作ってる部分もあるので、時々エネルギーが足りなくて死亡遊戯(←どう言う映画か知らんけど)になるのです。

ドラムの構造をこれからどう変えるかと、重要なのが「アウトロ(エンディング)」を、どうするかです。

イントロはちゃんとつけるけど、アウトロを比較的長が引かせないタイプなので、きりよく締める方法を考えてもらいます。

3日で1曲

歌付き歌詞付きバンドサウンドを3日で1曲作ったとすると、時間さえあれば1ヶ月で10曲は作れる計算になりますが、この苦行を行なうと、どこか壊します。

それが、うちの作家さんの場合は胃袋だったんです。ストレス性胃炎ですね。

しかも、副業をしながら曲を作っていたので、早朝起きて作業して、副業行って、帰ってきて作業して、眠る時間は21時と決めてあるけど、もちろん押すときもありました。

今は休職してだいぶ経過するので、胃炎も治まってきたようですが。

その代わり、作業もゆっくりです。

勘と感覚で飛ばして作るのも良いですが、じっくり考えるのもたまには必要です。

LuNa RhyThm official web site 月暦には、

http://lunarhythm.holy.jp」からアクセス☆!

ではまた☆