狂騒旋律

LuNa RhyThm非公式★宣伝ブログ『ロボの公園』

生き物ですがロボットです

こんにちは。ロボです☆。ご飯をたっぷり食べてすっかり良い気分です。HPの更新のお知らせです。

盛り上がりに欠ける

トークのページ【時々徒然】を更新しました。ようやくアップできた。

Indexの右側の【時々徒然】の絵が、セピア色のイラストカットになっていれば、ちゃんと反映されています。

ロボの行く末

当ブログの過去記事を読んでみたら、ロボのCPUの容量が5GBだと言う話が載っていて、この頃の設定を引きつかずに、最近ニンゲンくさいことを書いてると思って、ちょっと反省しました。

ロボの設定をおさらいします。

「名前:ロボ。機種:広報文生産ロボット。CPU容量:5GB」これしか覚えていません。

何故なら5GBだから。要らない情報からどんどん削除されていきます。

ですが、ロボはロボでなくてはならないのです。あくまで宣伝用のロボットとして起動しなければならないのです。

アシスタントに昇格したと言って浮かれている場合ではないのです。

それがロボがロボである所以です。

ロボはさきいかを全部食べたりしない。

ロボは小腹を満たすためにドーナツとクロワッサンを食べたりしない。

ロボは1杯百円もするコーヒーを飲んだりしない。

ロボはバター味のものを食べた後は紅茶のほうが美味しいと思わない。

ロボがヒューマノイドである全てを否定しました。

LuNa「ほう、なるほど」

と、画面をのぞき込んだうちの作家さんが呟きました。

その「なるほど」のイントネーションには「百円でも惜しい時期に贅沢してるな」の意味が込められていました。

全部で2千円以内に収めたんだよ⁈と言いたくなりましたが、否定したことを肯定することになるので止めました。

ロボは今日のお夕飯無しかな。

…は!

ロボはご飯を食べるロボットですが、バイオ燃料としてちゃんと消費しています。

そうだ。答はこれだ。

ロボットだけどバイオロイドなので、脂肪はつきます。

ですから筋繊維を動かして消費します。

広報をしましょう

ロボの立ち位置について明確に(?)なったところで、本来の業務に戻ります。

今度のイベントに持って行くのが、CD100枚と、CD-R販売用30枚、配布用30枚、豆本16冊、缶バッチ数点、になります。

おまけの数をだいぶ減らしたので、小型段ボール2個以内に収まりました。

キャンプの時に荷物を運ぶ用のカート1台分にきっちりでした。

うちの作家さんは力持ちなので、たぶん階段とかでも持って行けるでしょう。

イベントの時

今日、外に出てみたら結構寒くなっていたので、やっぱりイベントの時はコートの中にセーターを着せることにしました。

うちの作家さんは着るものにあまり関心のない人なので、何故かロボがコーディネートをしています。

コーディネートしても一番上に着るコートがもっさりなので、全体的な印象はもっさりかも知れませんが。

うちの作家さんは、ブログ上では不愛想な印象だと思いますけど、ちゃんと喋るし笑います。

独り言の渦に飲まれているときや、狛犬のような表情をしていることが多いのは、何かを制作しているときです。

それは「作家」と言う妙な生き物の特性なのだとロボは分析しております。

お仕事モードになると変になるんです。

ロボに「変」って言われるくらい変だと言う自覚は本人にはないようですが。

誰だって自分の事は分からないって本当だなぁと思います。

自己紹介を書きなおそう

もしかしたら以前の設定のままになっているかもしれないので、新しく導入された設定をプロフィールに書いておきます。

生命体には近いので、生き物であることは変わらないけど。

中二病ではなく、あえて中二設定なんです。そのほうが面白い。

ではまた☆