狂騒旋律

LuNa RhyThm非公式★宣伝ブログ『ロボの公園』

普通に宣伝を書く日もあるってことさ

やぁ。ロボだよ☆。夕方のお知らせです。

昨日クリスタを注文したよ。

クリスタで何描くの?

何の絵を描くって言ったら、やっぱりキャラクターイラストとかかな。

漫画を描くのも面白いと思うけど、あんまりクオリティを追及するとHP用になってしまうので、安全圏として。

うちの作家さんも仕事(本業)で使いたいと言っているので、クリスタはこれから大活躍だと思います。

Photoshopでも絵は描けるけど、ノートパソコンにAdobeソフトがダブルで入ると結構負荷がかかるので、Photoshopにはデスクトップで写真等の加工用として働いてもらうとして、クリスタはノートパソコン用です。

ペンタブの使い方もちゃんと設定して、手書き風イラストを量産すべし!(☆□★)/

意気込むのも良いけど

「早くパソコンを空けてくれ。詩を書かないと(〆切がやばい)」と、珍しくLuNa RhyThmさんから進んでお仕事を提案してきたので、20時までに書き上げられるように頑張ります。

現在のLuNaさんを描写すると、CDを聞きながら手持無沙汰にうだうだしています(←言い返してやった)。

うだうだしてしまえ。うだりきってしまえ。うだりの道に開眼してしまえ。

お知らせすると

配布用豆本の原本を少し改良することにしたので、また印刷のしなおしです。

文字を少し増やして、読み物としても楽しめるようにしました。

タイトルが「Word of LuNa RhyThm」です。

直訳だと、「月律動の言葉」。

おなじみ黒い2つの弓月のマークが目印。目印ちっちゃいけど。

サブタイトルがカワイイんですけど、「はるかぜ あきかぜ みなみかぜ」です。

最初は「絵本風にしようか?」って言って作ってたんですよ。その名残です。

でも、ロボが勉強中に作ったPhotoshopの合成写真が気に入って、それを表紙裏表紙と、本文に数枚取り入れることになったので、絵本っぽさが希薄になったとして、文章を増やして読み物にしたのです。

原本印刷する間に改良できてよかった。

おお。気づけは、20時。バトンタッチの時間です。

ですが、ここまででまだ千文字に満たないので、この記事は明日の記事の下書きとして使用いたします。

え?ダメ? 待つ? 待ってくれる? じゃぁ、キリの良いところまで書くけど、夜更かしはしないでね。

ロボ明るいと眠れないから。

その他のお知らせ

なうな感じで伝わってると思いますけど、現在HP用の作詩制作の真っ最中でございます。

詩のあとまた絵を描いて、素材を用意して…プログラミングです。

ここしばらく毎月このループで苦しんでいる気がするんですが、1ヶ月に1冊(10作)ずつ作詩を増やすことにしてから、段々真面目入ってきましたからね。

何故「冊」と描写したかと言うのは、作詩の掲載されているページへのリンクが本棚式だからです。

しかし、本業が音楽作家なのに作詩に毎月追われているってどういうことさ的な。

「マルチクリエイターはめざして無いんだけどな…」と本人も言っている通り、適当にロボにも負荷が回ってくるので、あまり色んなことに挑戦しすぎるのもどうかと思うのです。

好奇心旺盛なのは良いと思うけど、栄養が足りないからね、ロボsは。

栄養事情

バターを食べるようになってから、皮膚がぶよぶよし始めた。

太ったのではなく、むくみが消えて、体系的には締まってきています。皮膚のぶよっと感は、むくみの分のあまった皮でしょう。

鍛えたらもっと締まると思うけど、完璧11時くらいに起きるのが日課になってるから、鍛えてる暇がない。

朝起きれるエネルギーを確保できる食べ物など用意しよう。

バトンは渡した。では☆。