狂騒旋律

LuNa RhyThm非公式★宣伝ブログ『ロボの公園』

次の作曲のお題は「ハードロック」です

おはようございます。クリエイターLuNa RhyThmさんのアシスタントのロボです☆。

朝からホットケーキに挑戦。

今日の音楽

洋楽ハードロック各種


【作業用BGM】超クールな洋楽ハードロックROCKメドレー〔高音質〕

94分間の楽曲達です。後半になるほど男臭くなります。

ロード・オブ・ザ・ホットケーキ

形は整ってくるようになりました。後は焼き加減なのですが、これが結構難しい。

前回焦したのを改めて、弱火でじっくり焼いてみたのですが…生焼けだった。

ありがちミス。

新しいホットケーキミックスを買ってきて、リトライです。

でも、1回目よりは食べ物らしいものになってきましたよ?

リトライの時はメープルシロップ使おう。

豆本制作中

写真は大体決まってきました。ですが、LuNa RhyThmさんの書く詩が…暗い!

無理に明るくなれとは言いませんけど、もっとポジティブにさぁ…(←結局明るくなれと言っている)。

使う写真の種類を変えてみたら明るくなるかなー?
新しく写真を撮りに行くより、宝の持ち腐れになっている写真を発掘したほうが良いと思うので、今日はパソコンの中を巡回します。

「今日の音楽」を聴いているけど

こういうストレートな感じの「ハードロック!」も好きです。

音楽は、えぐくなければ何でも好きなので、うちの作曲家さんにも頑張ってもらおう。

ボーカルがずっとチャイルドボイスだけど、これ、海外版【歌ってみた】なのかな?

めちゃくちゃ歌の上手いお子さん…いや、大人でもチャイルドボイスの人は居るからなー。

とにかく歌は上手いね。

 結構と加工してあるみたいだけど。

31分前後から、普通の男声ボーカルに変わった。

過剰加工に耳が慣れていた状態で聞くと、いまいちピンとこない。

飛ばし飛ばし聞いてたけど、50分辺りから、ごつい別の男声に変わる。

このくらいのごつさのほうがハードロック然としていると言えばそうだね。

でも、日本のアマチュアバンドとかが、声の汚い人をボーカルに適用していると「ださい」と思うのは…「ごつい」と「汚い」の差か。

デスボイスは控えめに

うーん…やはり、「汚い声」が決まる曲と決まらない曲ってあるんだなぁ。

疾走感のある曲にメインボーカルが「デスボイス」は無しじゃろー。

本当にデスボイスならまだましだけど、中途半端にメロディラスだと…微妙。

バンドサウンド極める気で行くなら、ハードロックはどうあっても取り込みたいジャンルなんだよね。

Mew曲の「Blank-A」を作った時、少し低音が生きるようになってきたかなと思ったけど、その時はロボsも満足してなかったんだよ。

後から聞いてみて、「案外悪くない」と思ったレベル。

今まで女声ボカロを使ってきて、綺麗系でまとめる癖がついてるから、一度その癖を取っ払って、女声ボーカルでもクールでゴリゴリのを作ってもらおうか。

「Blank-A」から間を空けずに曲を作り続けていたら…良い感じの曲は出来たかもしれないが、胃袋がさらにおかしくなっていたことは確かだろうね★。

生涯学習継続中

その時で形になるものは違うけど、知識や技術を吸収するのをやめないほうが良いって言うのは分かる。

豆本の作詩が大変なら、一曲なんか作って憂さを晴らしてからにする?」

と提案したら、

「考えさせて」と言いつつデスクトップの前に座る、うちの作曲家さん。

早く広報を済ませろと、こちらをチラ見。

作る気満々ですやん☆。

LuNa RhyThm official web site 月暦には、

http://lunarhythm.holy.jp」からアクセス☆!

では、See You Next Time! またね★。