狂騒旋律

ロボからの素敵な脅迫状

とっても有能なアシスタントだと自負するけどホットケーキには負けた(次は勝つ)

やぁ★ロボですよ。午後のお知らせ☆のお知らせ。

まだ前記事から3時間くらいしか経過してないんだね。

百均行ってきた

108円のボウルと108円の泡だて器と108円のおたまと108円の計量カップを買って来たよ。

計量カップの存在を忘れていたが、その百均のキッチンコーナーに計量カップが置いてあったので、これ幸いと。

さっそく買ってきた調理器具を洗って、ホットケーキを作り始めた。

が。しかし。

フッ素コートを信用して油をしかなかったら、生地がべったりとフライパンに密着。

剥がせないことはないのだが、一部がへばりついたまま、不格好にひっくり返すことになり、出来上がりは…ぐしゃっとしていた。

だが、分量をきちんと守ったおかげか、ちゃんと火は通っていた。

出来上がり1回目の写真を撮っておいたので、綺麗なホットケーキが焼けるようになるまで、記録を続けよう。

写真と言えば素材を撮りにあちこち自転車で走り回ったので、程よく筋肉が使われており、バター味のホットケーキはとても美味しかった。

今後は見た目を改善しなければならないが、どう食べたって火が通っていればホットケーキだ。と言う主張で押し通した。

「カフェでこれ出てきても嬉しくないよね」とは言われたが。

自転車の豆知識

いわゆる、全身運動に値するのはテレビでもよく取り上げられているので、ご存知の方も多いだろう。

移動速度にもよるが、どれだけゆっくり走っても…いや、デザインによっては歩いたほうが早い自転車もあるのだが、一般的なママチャリとかを想像してもらった場合、

どれだけゆっくり走っても、歩く速さの2倍くらいの移動速度がある。

徒歩の約半分の時間で同じ距離を移動出来るが、歩くのと違って全身運動なので、使うエネルギー量(kcal)は同じだそうだ。

つまり、徒歩の時と同じ時間、自転車に乗ったとすると、2倍遠くへ行ける。

体を鍛える上では大変効率的だし、エコにも貢献。

自転車って良いですね。パワーは要るけどね。

ロボの実体験

さっき自転車に乗ってきたばかりだけど、坂道の多い場所を通ったので、半端なくふらついていた。

そして、簡易自転車なので、ホイールが小さく、ペダルの回転数を上げないと、期待したスピードは出ない。

脚は普通だけど、お尻の筋肉が痛くなる。すぐ来る筋肉痛みたいな感じで、ものすごく臀部が引き締まった。引き締まると言うか、凝ると言うか。

すぐ来る筋肉痛…なんて恐ろしい。

今も、腹筋に力を入れると丹田と臀部に力が入るので、綿パンがゆるゆるになるんだよね。

それは今まで太っていたと言うことですね(←自問)。そうですね(←自答)。

でも、適度な運動で骨のゆがみが治ったらしく、全体的に楽になったよ。

尻肉はまだ痛いけど。

充実感

午前中めっちゃ眠ってしまった他は、密度の濃い良い午後だった。

この調子で、晴れている日はガツンガツン外に出るようにしよう。

体鍛えないとね。胃袋もだいぶ痛くなくなって来たし。

撮ってきた写真が何枚「使い物」になるか、と言うところなんだけど。

カメラが一個しかないので、出かけたほうが撮ってくるのが原則なんだけど、このままではカメラマン・ロボになってしまいそう。

うちの作家さんも、たまには腕を振るって下さい。

お腹もこなれて来たし、今日の分の作業を始めましょう。

ロボのPhotoshop勉強の時間も確保したい。

18時過ぎたから、写真の取り込みとチェックに1時間弱と、Photoshopのお勉強に1時間と、風呂洗濯に1時間で、大体21時になるね。

表紙裏表紙本文合わせて12ページの豆本を作るとして、5枚の写真と5作の詩が必要か。

なんとかしよう。

では、また☆。