狂騒旋律

LuNa RhyThm非公式★宣伝ブログ『ロボの公園』

四文字熟語にこだわった意味は特にないけど文字をつづらねばなりませぬ

やぁ★ロボだよ。午後のお知らせ☆をお知らせします。

泣きそうなんですよ。

旋律提案

そんなに短期間に3作も書けないと文句を言ったら、うちの作曲家さんがメロディーを提案してくれたんですけど、それが、長い。展開する。繰り返すとしても文字数多い。

という難点を抱えた物件で。

AメロBメロサビCメロと、きっちり整っていて、しかも100小節ほぼ歌いっ放し。

一言で言うと、難易度が上がっただけでした。

民謡躍動

そのリズムがまた、小粋な民謡みたいなリズムで、音符が細かい(=文字数が必要)。

せめて8分にしてくれと言ったが、8分だとリズミカルな感じが無くなるから嫌だそうだ。

あのさー、(ト〇ザラス=ロボ・晒す=)ロボザラスなんだよね? ロボの意思が反映されないのはどう言うこと?

音符と展開が決まってるなら、あえてロボが歌詞を書く意味がない気がするんだけど。

「『ボーカロイドたちがただ叫ぶだけ』と同じスタイルで進めて良いなら、考えるけどさ」と言ったら、

「その路線で考えて」だそうだ。

究極ハミングでも良いか。ボカロにハミングさせるほうが難しいと思うけど。

話題切替

ボーカロイドたちがただ叫ぶだけ」は、作詞はしてないけど、何気に調教とか作画とか難しいことしてるからすごいんだよね。

リンちゃんの「いっせーの。おっけー!」のところとか、レン君の「ぽぉおおおおーう」のところが滑らかですごいと思う。

そうか。メロディーが難しいと思うから悪いんだ。もう、「ぶんぶんぶん」のメロディーで替え歌を書いて、後はうちの作曲家さんに丸投げしよう。

唯の英語と日本語のメモからでも、歌詞は作れるのだから、たぶん「ぶんぶんぶん」の替え歌でもちゃんと歌詞になるだろう。

「ぶんぶんぶん」で文字数足りなかったら、「さくらさくら」とか、「夕焼け小焼け」とか、とにかく何でも良いから替え歌を作ってしまえ。

何故童謡を元に替え歌を作るのか。それは! 著作権の侵害にならないからです。

昔聞きかじった情報だから、正しいかどうかわからないけど、著作権の期限って確か100年くらいだったとか聞いた覚えがある。

詳しいことはWikipediaとかで調べてみよう。

実践課題

普通にロボが「ぶんぶんぶん」の替え歌を考えると、

「どんどんどん。でぶってく。こいけやちっぷすかろりーめいとにさいだー。でぶってく」

とかになってしまうので、なるべく静かな気持ちで替え歌を作ります。

ポテチもカロリーメイトもサイダーも…長らく食べていない。

でぶれない。

ごーはんー。ごーはんー。とってもごーはんー。明太子食べたい。

と言う思考回路だと、永遠にOKが出ない気がするので、少し真面目に考えよう。

真面目にファンシーに。

真面目にファンシーにファンタジックにファニーに。ファニーの意味が分からない。

新語辞典が欲しい。

電子機器

そろそろロボはメモ帳のほうに戻らねばなりません。

お知らせが終わったら、ロボのウェブ上でのお仕事は、LuNa RhyThmさんが原稿を仕上げるまでないのです。

その作家さんは、現在きめ声で「女々しくて」を歌っています。

これカラオケでマイク通したら普通にかっこいいと思う。

「こいのうたうたって」が難しいみたいですけどね。毎回そこでつっかえてる。

でも、「女々しくて」って、MV観ないと普通の歌なんだね。

おまけ

ゴールデンボンバーで、「女々しくて」


女々しくて/ゴールデンボンバー PV

このときはまだPV(プロモーションビデオ)って呼び方だったんだね。今はMV(ミュージックビデオ)が主流らしいけど。

あのパラパラ(って知ってる人いる?)運動量が半端ないなぁ。

17時過ぎた。では、また。