狂騒旋律

ロボからの素敵な脅迫状

そしてアブラゼミが鳴く

おはようございます。クリエイターLuNa RhyThmさんのアシスタントのロボです★。

なんだか考え深い夢を見ました。

夢見の内容

聖☆おにいさん」の仏陀さんと観光をしていて、足湯場にあったおみくじみたいなので焦土の如くと書かれたコインを引き当てるのと、運転しているのが誰かは知らないけど、安心して車に乗っていて、溶けかけた雪の残る風景がすごく写真映えすると思ったり。

実際あんななら、片時もカメラを手放さずに居たいね。

作曲の状況

ラスト1歌の作メロから作詞までを今日中に終わらせる予定で進めるそうです。

次は伴奏書きです。最後の曲はスローロックが良いな、とロボの要望も伝えてあるので、それも考慮して作ってくれるってさ。

焦土の如く、明るい部分だけ見せて来たけど、しっとりした綺麗な歌も悪くないと思うんだよね。

洗顔料で洗いましょう

最近、体を洗う石鹸で顔を洗っていたのだが、歳に似合わず小じわがものすごく増えてきて、ある日、先顔料を買って使ってみたら、なんと小じわが消えました。

それについてはあんまり気にとめてなかったんだけど、先日なんとなく石鹸で顔を洗ってみたら、肌がバリバリに乾燥するのが分かったのです。

ほんのちょっぴりの石鹸でもすごく肌の必要な油まで取れているのが分かったので、すぐ石鹸を洗いながしました。

それからは、必ず洗顔料で顔を洗っています。洗顔料もちゃんと役立ってるんですね。

目はすっかり覚めてるけど

今日の一曲

初音ミクで、「バビロン」


【初音ミク】バビロン【オリジナル曲】sm14332782

「そんとくかんじょう。しんらばんしょう。ねらったしんぞう。ごむでっぽう」です。

作詞作曲作画、トーマさんとなっています。

何故入れ歯が向かい合っているのかとか謎は多いですが、このジャンクな絵は嫌いじゃないです。

トーマさんは、先日歌い手さんのことを書いた記事で、「秋赤音」さんが歌っていた「エンヴィキャットウォーク」も作曲された方ですね。

早口なのはどちらの曲も変わりませんが、例の2.5次元の雑誌によると、トーマさんはメロを考えると同時に作詞もしてゆく、と言う形式で歌を作るので、結果的にカオティックな感じなるんだそうです。

何気に立ち読み程度でも、必要な情報は頭に残るもんですね。

メロディ先行の人

うちのLuNa RhyThmさんを例に挙げますね。

まずメロを考えて、必要(本当に究極本人が追い込まれている)なら、ロボが少し手直しをして(音の上がり下がりを調節するくらいですが)、作詞はメロディが完成した後なんですけど、計算しつくしたように最後がきっちり決まるので、

「なんか予測してんの?」「いや、たぶん(脳の)どこかで文字数を計算してはいるんだろう」と言うやり取りをしたくらい、オチが音符数ぴったりってことが多いです。

そういう時に、たぶん作曲者の右脳が活発に動いているので、ろくろく飯も食わずに2曲フル作詞とかになると死にそうになっているんだと思います。

飴玉で命つないでるようなもんだからなぁ…。

HPの更新について

読み物くらい増やしておきたい感じですね。作曲ばかりでHPの更新を忘れていた。また短編かも知れませんが、今月中に何らかの更新は進めておきます。

ロボは買い出しの刑に処されに行きます。またやたら熱い時刻に出かけることになるのか。

12時まで起きないのが悪いんですけどね。一日の半分を眠っている。

LuNa RhyThm official web site 月暦には、

http://lunarhythm.holy.jp」からアクセス☆!

 

では、See You Next Time! またね★。