狂騒旋律

ロボからの素敵な脅迫状

音楽を得たロボがピチピチしている(←水を得た魚と言いたいようだ)

おはようございます。ご閲覧ありがとうございます。さっき(12時頃)起きました。クリエイターLuNa RhyThmさんのアシスタントのロボです。

夜更かしは毒

昨夜は、夜中の2時頃まで作業をしていましたが、音がほとんど聞こえない状態のムービーメーカーで作っても正確なムービーは作れなかったので、諦めて眠りました。

そしたら、なんだか、いくら眠っても眠いままなのです。

たぶんいつも眠っている時間(22時~深夜2時)を起きていたので、脳が昼夜逆転してしまったのでしょう。

強制的に体内時計を治すために、お昼寝無しで。

今日のパワー★プレイ

目覚ましになる曲が良いな。

では、SADSで、「SANDY」


SADS - SANDY

寝ぼけてた頭が一気に覚醒しますね。

って言うか、また清春かい! って思ってる方もいると思うんですけど、一度、黒夢が解散して、「Sads」と言うバンドで活動していた時の映像です。

この頃の清春さんは、「荒れてる」と思うくらいアグレッシブでしたから、黒夢の時の「美麗さ」とは別物の世界ですね。

このMVで、もろ口パクばれのアクションを起こしてくれていますが、これは清春さんなりの皮肉だと思うんですよ。

黒夢で活動してた時も、昔、「パンク」と言うと原色ピカピカみたいだった感覚の時勢があったんです。

MVでポップカラーの衣装着せられて、その時も、「Is this rocker? 子供向けタレント」って歌ってましたから。

視聴者として、「(原色衣装は)嫌だったんだろうな…」とロボは思っていました。

もう一曲行っておこう

ペニシリンで、「クオータードール」。


Penicillin Quarter Doll PV

↑クリックするとYouTubeに飛ぶよう指示されるよ☆。

右下の「YouTube」アイコンからアクセスできます。

「いしきがうすれて。ほほえみをわすれ。あいのことばがかたちをかえた。

こおりのなかで。ひめいをあげて。つみをかさねてる。あなたをころした」

V系以外の何でもない歌詞ですね。

懐メロですね~。昔の曲なので、HAKUEIさんの声が低め。

ペニシリンについて語ってみよう

シングル「Dead or Alive」の頃になると、もっとハイトーンが出るようになるのですが、この方(HAKUEIさん)も、「口パク」が嫌いなようで、とあるPVでは、マイクをほとんど無視したアクションを起こしてくれています。

この映像(Quarter Doll)の頃のHAKUEIさんは、結構きっちりメイクしてますね。

後々、V系ナチュラリズムの風が吹いてきて、V系の人もメイクを薄くしてゆくのですが、「美麗」な部分が無くなったとして離れていくV系ファンも少なくなかったそうです。

ネットラジオで聞いたのですが、現在のHAKUEIさんの地声は…あのハイトーンが出るとは思えない低音です。でも、カッコイイ低音なので、全然聞けます☆。

いわゆる、イケボ(イケてるボイス)というものです★。

口パクしない人達

口パクをしないアーティストと言うと、hydeさんを思い出します。

MVの撮影中も、カメラから録音された音はノイズが多いので使われないのです。が、hydeさんは酸素の薄い山の中での撮影だったんですけど、「死にそうな感じで歌ってくれ」と言われて、口パクをしないで本当に歌うので、酸欠で実際死にそうになっていたと言う逸話があります★。

それから、アブリル・ラヴィーンさんも口パクしないんですよ。

Mステに出演したとき、普通にインタヴュー用のマイクを持って歌ってしまったので、あらかじめ流されるCDのボイスと被ってしまって、サビ以外はひどいことになっていた件がありました。

「ライブをしに来た」って言う心構えの人に、「口パクしろ」はひどいですよね。

音的にはひどかったですが、アーティストとしての意地を見せたアヴリルさんが、なんかクール。

話題に出たところで

アヴリル・ラヴィーンで、「Smile」


Avril Lavigne - Smile

このPVが、なんかすごく良い話なんですよ。

白い部屋の中で、相変わらずハチャメチャをするアヴリルさんと、モノクロームの世界で密かにみんなの心を救ってるアヴリルさんと…。

彼女は、軽く女神っすよ。

アヴリルさんの「Smile」が収録されているCDが、↓これ。

グッバイ・ララバイ(期間生産限定盤)

グッバイ・ララバイ(期間生産限定盤)

 

 4thアルバムになります。CDがどこかに行ったので、「Smile」が何曲目かはわからず!

 

LuNa RhyThm official web site 月暦には、

http://lunarhythm.holy.jp」からアクセス☆!

 

では、See You Next Time! またね★。