狂騒旋律

ロボからの素敵な脅迫状

日を改めて

こんにちは。ロボです☆。午後のお知らせです。

本当は今頃、手続を始めている頃でした。13時58分。

書類足りない

必要書類が足りないそうで、退職の手続きは明日になりました。

電話連絡があった時点でバスを降りて後は徒歩で元副業先に行こうとしていたロボは、帰らざるを得ませんでした。

意外な支出

帰る前に、次の副業先を探す時に着ていく「ちゃんとした服」を、古着屋とHoneysで買って来ました。

古着屋のほうはシャツ4着で3000円くらいで、Honeysのほうはスキニー2着で4000円くらいかかって、一気に懐が寂しくなりました。

副業とは言え、膝の破けてない服は必要ですからね。

シャツのほうは、500円の白いシャツ2つと、500円のゴス服の黒シャツと、1500円のロリ服の白シャツを買ったのですが、全体的にシンプルで、着方によっては普通に「きちんとした服」として着れるものを買いました。

Honeysのほうが、以前は1600円くらいだったスキニーが300円も値上げしていて、「絶対、副業先以外では着ない」と思うくらいでした。

古着屋の感覚に慣れていると、普通の服屋さんでは買い物できませんね。

580円のお昼ご飯

副業の時にお昼を食べていたベーカリーで、サーモンのパンピザとアンパンとセットのドリンクを頼んだら、580円。

少し時間があるなと思って立ち寄ったカフェで千円チャージして、お財布から合計1580円が去りました。

カフェがかかりすぎですが、そのくらいくつろいでからじゃないと出かけられないほど、副業先がストレスだったんです。だから胃を壊したとよ…。

そして7000円分服を買ったので、ざっくり数えて8580円。服は仕方ないとしても、580円のお昼ご飯はなしですねー。

でも、副業復活したら、外食は避けられないしな…。職種に寄るけどね。ご飯食べていい時間を取れる仕事だったら、コンビニでおむすび買ってって食べたりできるけど。

カフェ通いをやめられるくらいストレスのかからない職種だったら、お昼ご飯をメインにして、朝晩は軽い食事でもいいんだけど。

500円マックとかがもてはやされるのはそういう理由なのかな。

でも、ロボはフィレオフィッシュしか食べれない…。

木村拓哉さんばりに、バーガーだけを頼んで、店外でガードレールに腰かけながら食べるか…(注:木村拓哉さんはちゃんと普通のハンバーガーを頼むそうです)。

フィレオフィッシュを頼んだ時点でカッコよさはダウンしてるし、日に焼けるの嫌だから店内で食べたい。

節約のためにシミは作りたくない。

普段づかいのメイク

メイクをしていかないと不自然な職場の場合なら、基礎化粧とファンデーションくらい塗って行くけど。でも粉ファンデは苦手。

普段メイクは礼儀だからね。

男性が、しわのないパリッとしたシャツを着て、きちんとネクタイを締めているのが礼儀であるのと同じです。

そんなに真面目な会社が雇ってくれるかなー?

ほんと、職種に寄るよね。服装自由だったらそれに越したことはないけど、制服があればそれはそれで…スカートだったらストッキング(肌色)買わなくちゃ。

化粧水とコンシーラーベースが切れかけてるし、オークル20(普通の肌色)のリキッドファンデを持っていないので、それも買いに行かなきゃ。

カフェ通ってる場合じゃないね。コスメ類に力を注がねばならんのか…。

ラーメン屋とかで働くことになったら、メイク要らんと思うけど。

焦るな危険

まずは胃袋も危ういんだから、しばらくは様子見で。

服が着れなくなると困るので、太らないことだけは注意しよう。

そうしてロボは再び節食の道を歩むのであった。

 

では、また。