狂騒旋律

ロボからの素敵な脅迫状

名前は「エルゴ」ちゃんです

ロボです。午後のお知らせです☆。
卵かけご飯でデリシャスな生活(←貧しい)。

危うし

ボーカロイドエディタが危機です。
そろそろ寿命かなー?伴奏の再生はできるけど、歌声の再生が上手く出来ない状態です。
少し読み込んでは止まり、また少し読み込んでは止まり、の繰り返しなので、しばらく放っておくことにしました。
放っておく間に、じっくり読み込めと。

作詞進んだよ

説明が前後してしまいますが、「L-5」の歌詞は書けました。
あまり考え込まない方が言葉は出てきやすいようですね。
でも言葉が被ってるところはなおさないとね。
LuNa RhyThmさんはボーカロイドに「しゅ」とか「しゃ」とか発音させるのが好きなので、今回も多用していますが、それ結果的に本人が歌うとき、歌いづらくなるだけじゃない?とロボは思うんですけど。

L-5の行先

難しいくらいが挑戦する価値があると言うので、ほぼ「好きにしたまえ」と放ってありますが、今回は低いド(C3)から、高いド(C4)まで音域のある歌なので、歌えそうだったら歌うと言う姿勢で作っています。
もしかしたら、YouTube曲かCD曲になる可能性もあり。

生きていました

ようやく読み込み終わりました。通して聞けました。
テンポをまた2遅くして、136で。それでも早口。
Mewさんに歌ってもらったのですが、低音がかっこよくて、なんか知的な感じがします。
Mewさんの特徴か、ボカロ全体の特徴かは聞き比べないとわかりませんが、音が短いと発音が弱くなるようなので、後々調節します。
今はフラットに歌ってもらってどうなるかって感じですね。

名づけ

ちなみにタイトルは「エルゴ」です。「L-5」だからと言う意味と、麦角菌に汚染されたライ麦(これを食べると麦角菌に感染して、手足に焼けつくような痛みを感じるようになる)の名前からつけました。
「エルゴ」の正確な意味としては「鶏のケヅメ」を意味するのですが、そんなに攻撃的な歌ではないです。曲調的には爽やか系。
トランペットが良い感じです。

DTMerの作曲

イントロとアウトロに音を短く切った、軽快なトランペットが使われていますが、息継ぎのタイミングがないんですよね。吹きながら吸わないとならない。
これはDTMの仕事ですね。でも、ノリが良いので結構ロボ的にも好みの感じの音です。

毒々しいとか?

曲に毒は…あるのかな?詞としてはそんなに暗くないし、曲も爽やかなので、「エルゴ」の名は「L-5」だから、の方が分かりやすくて良いか。
通し番号の影響で不吉な名前をつけられてしまった「エルゴ」ちゃんを、これから可愛がり(調教やコーラス等をつけ)ます。

今日は詞を書いて読み込ませただけで終わりだけど。
もうそろそろ眠る時間なので、今日はこれにて。

みなさまGood night★☆!

では、また。