狂騒旋律

ロボからの素敵な脅迫状

サクサク進めるぞー★☆

おはようございます。クリエイターLuNa RhyThmさんのアシスタントのロボです★。

節約しようと思ってエコンなしで眠ったのですが、やはり5時間後に暑さで起きてエアコンつけました。節約できず…。

宮沢賢治がすごい

文庫本になっていた「銀河鉄道の夜」を買ったのですが…ええ、もう立ち読みじゃ済まなくて、買ってしまいました。やはり宮沢賢治はすごいです。

詩のような文章、多すぎも少なすぎもしない描写、一度文章になったイメージが頭の中で再構築され、絵が見えてくるような文体。

ほめちぎるなら、そのようなところでしょうか。

何よりも、「良き者」であるが故の苦労や悲しみなどを書いている「双子の星」や「夜鷹の星」などが、物語の冒頭から惹きつけられますね。

文庫本のタイトル作品である、「銀河鉄道の夜」はどんな感じだろう、と思うと、今から楽しみです。

ざっくりしたストーリーは知っているのですが、文章で読むのが、かなり久しぶりなので忘れてしまってるんですよね。

重力が伝わってくる文章

宮沢賢治さんの「双子の星」は、重力が伝わってくる文章でした。

「星々の世界」と言うファンタジーで、全体的には軽やかな世界なのですが、時々出てくる「重力の描写」が、重たさと軽やかさを見事に書き分けているのです。

LuNa RhyThmさんの文章

中学生の頃、国語の先生に「温度の伝わってくる文章」だと言われたそうです。

温度の描写をしているわけではないのですが、何故か「手のぬくもりまで伝わってくる文章」だと言われたんですって。

LuNa RhyThmさんの文章は、下記URLのHPから読めますが、温度伝わってますか★?

特に【絵空模様】の「Ellen's story」がおすすめ。「Kuroko&Piyoko」はロボの作品なのでお間違えなく。誰が書いたものかも記入しておこう。

【絵空模様】の本も増やさないと。「Michele’s story」を少しずつ進めるのも良いけど、もう一気に序章からエピローグまで書き上げてもらおう。

 締め

 YouTubeも急がなきゃならないけど、まずは文章打ってみようか。今は作詩(詞)って感じじゃないしね。

 

LuNa RhyThm official web site 月暦には、

http://lunarhythm.holy.jp」からアクセス★!!

 

では、See You Next Time! またね☆。