狂騒旋律

ロボからの素敵な脅迫状

2000文字の読みごたえと200文字のストレート

おはようございます。3時34分は、まだ夜の気がするのですが、眠って起きたのでおはようございます。ご閲覧ありがとうございます。クリエイターさんのアシをしています。ロボです☆。

何故アシ?

プログラミングの手伝いをするようになったからです。ロボsは胃炎を抱えているので、ロボも宣伝だけすりゃー良いってわけには行かなくなりまして。

宣伝係から、アシスタントに昇格?しました。でも、宣伝係のころと何が変わるってわけではないのですけど。

webアップロードの前に、プログラミング(要所を書き換えれば使える)をすこしいじるだけです。

進行状況

作曲がようやく少し進みました。ドラム、トランペット、歌メロ、ベース、と作ってきて、ようやくギターが入りました。

ベースが、キックドラムをなぞっているだけなので、後でソロで聞いてみてかっこいいかどうかを吟味します。

トランペットが「でぃーてぃーえむー」に成らないように、ちゃんと息継ぎする箇所を作りました。

歌メロはいつも通りです。なぜか小気味が良い。

ドラムは本当、無茶なことをさせていますが、音としても技術的にも破綻はしていないと思います。

ギターを作るときに毎回胃を壊すんですけど、今回は「ギターはシンプルに作ろう」を目標に作っているので、ただストロークが早いか遅いかくらいのちがいですね。

テンポは138で作りました。最初は140で作ったんですけど、「さすがにこれ早いわ」ってことになって、微調整したら2遅いくらいが丁度いいかな?と。

スローロックは次辺りで作りましょう。

イベントの準備は進んでる?

インデックスカードの印刷に手間がかかってます。十分暖めておかないと、パソコンがエラーするので。暖めておいてもエラーしますけどね。

必要なものは、電卓と、コインケースと、テーブルクロスと、梱包に使う袋と、印刷用紙達が手に入りました。他に細かく必要なのは、お札入れとクリアフィルと収納袋だけかな。

大物である、カートとロープはまだです。

それこそ、色んな意見はありますね

ブログの閲覧数を上げるために、

「他の人の記事を観ないほうが良い」

「他の人の記事を率先的に見て、星やコメントを残したほうが良い」

「情報に振り回されてはいけない」

「情報を取り込んで、還元すべきである」

と、色んな意見があるのですが、

「色んな意見に触れないほうが良い」

「色んな意見があると言ってはならない」

と言うのもあり、それこそ中道を探すのに手間取っています。

「自分の情報を発信するためのブログ」なのか、「情報を取り込んで還元するためのブログ」なのかの違いだと思うんですけど、ロボsは、色んなブログを読む派ですね。

以前は読まなかったんですけど、面白いと思うブログは結構見るようになりました。でも、見たからと言って持論が揺らぐわけでもないし、一時的に考えることはあっても、自分のスタンスはなるべく変えないほうです。

元々が、音楽に関することや制作に関することを宣伝するためのブログなので。

「他人色に染まってはならない」って書いてるあなたのスタンスをお勧めされるってことは、他人に染まるってことですよね。とか、思ったり。

究極は「色んな意見があると言ってはならない」ですよ。

確かに、「なぁなぁ主義」的な、「色んな意見」があると言ってはいけないかもしれないけど、実体験からしまして、人々と言うのは、みんな夫々に適当なことを言うので、その意見を総合するときはどうするか、とかも考えますけど、そんなに頭を余計なことに使ってられないときもあるので、「色んな意見があるね」でまとめることもあります。

そう言う「色んな意見がある」と言う人は、主に「色んな意見を聞かされる立場」にあることが多い人です。

いちいち構っていられない、「ああ、こいつ言っても駄目だ」と思った時に、「色んな意見があるね」で、場を収めるわけです。

文字数じゃない

ロボは文章を打ち始めると結構語ってしまうほうなので、約1000~2000文字で文章を書きますが、200文字も使ってないんじゃない? って言う文章が「おすすめ記事」として「はてな」のページに載ってたりするので、記事って、いかにポイントをつくかであって、駄文じゃダメなんだな、と意識改革しました。

「閲覧数を上げる方法」として書いてある「色んな意見」の記事より、自分の普通の意見を率直に書いてる、その200文字に満たないストレートな文体の記事のほうが、雑味がなくて「これスゲー」ってなりました。

見習おう。だけどたぶん、短くしても千文字くらいになると思う。(←スタンス変えてんじゃん☆)

締め

ここのところ、目次記法をしばしば使うのですが、役にたっているかわかりません。

今まで間接文で話を変えていたのを、省略しただけみたいなものですから。

読み飛ばしたいときは楽か…でも、せっかく書いたなら読んでほしいのが心境。

だけど大したことは書いていないのが実情。

宣伝のためにも活動を活発にせねば(←本末転倒)。

 

LuNa RhyThm official web site 月暦には、

http://lunarhythm.holy.jp」からアクセス!

 

では、See You Next Time!  またね★。