狂騒旋律

ロボからの素敵な脅迫状

ローマが一日でできるわけないってこと

挨拶

おはようございます。昔、「ご飯のおとも」を「ご飯のおもと」だと思っていたロボです。ご飯を奉っている。おもとには…城下町でもあるのかな☆。

ブログチャレンジ

中級編のブログチャレンジに、「リアルタイムプレビューを使って記事を書く」って言うのがあるんですけど、「リアルタイムプレビュー」が既に分かりません。

音声入力は…たぶんスマホから書くってことですよね。スマホからは何度か書いたことがあるので、それを「音声入力で」書けば良いってことなのか。

両方調べる必要があるけど、結構皆さん設定の仕方とか教えてくれる記事も多いので、ググってみると結構な確率で問題は解消できます。

タイムライン出てきている

でも、Twitterの「Twitter」と書いてあるボタンを設置したかったのに、何故かタイムラインを表示してしまった…。方法は、はてなブログ内のとある方の記事で知ったんですけど、まぁ、スキンが寂しかったから、良いかと思います。

でも、ブログやTwitterに書くことを注意しないといけないなぁと思うようになりました(←今更?)。

はてなブログは、「じっくり自分の意見を書いても良いブログ」だと思ってて、「Twitterはブログでは書ききれなかった些末な事」を書くようにしていたんですけど、今後はTwitterも注意して書かなきゃならないんですね…。

でも、Twitterでブログのことは明かさない(ポリシー★)。

スターになりたい人達

文末で色んな人がつけてくれる星マークのことじゃないですよ。

何か知らないけど、「歌うたいになりたい人」って、結構な数居るんだなぁと人生でしみじみと2回思ったのを思い出しました。

1回目は学生時代ですね。サークルの中で、文化祭に「伴奏を弾くから歌いませんか?」と言う募集をかけたバンドさんがいたんですけど、応募者はかなりいたそうです。ふるいにかけなければならないくらい。

応募者らしい人々が、サークルハウスの辺りをうろうろしているのを何度か目撃したこともあります。

2回目は、副業ながら社会に出てからです。

楽器覚えるより知識要らなくて済みそうとか、歌う人は目立つからとか、色んな理由があるんでしょうけど、歌は生ものなので、それをどう調理するかと言うことを考えないと、「下手の横好き」で終わるわけですが。

「あたし歌手になるから」と言って、普段から歌っている人がいたんですけど、唯の鼻歌にしか聞こえなかったです。それと、「歌える」ことと「歌手になる」ことは、やはり違うと思うんですよ。

どこがどう違うと言えば、「価値のある歌」が歌えるかとか、「売り込みに行く」行動力があるかとか、「人前で歌う場数を踏める」とか、等々。

今はニコニコ動画とかYouTubeとか、サウンドクラウドとかDTMとか、色んな「音楽をやりたい」人にも優良な環境が整っていますが、最終的には努力はしなくちゃならないんですよね。

ロボsが唯一応援しているアイドル

perfumeさんです。彼女達のパフォーマンス力はすごい。プロデューサーの中田ヤスタカ氏の音楽も秀逸ですが。

perfumeさんは、新人時代に「なんかよくわからない箱の上で踊らされた」こともあるそうで、今、perfumeさんが輝いているのは、ひとつひとつのステージを大切にしてきた証なんだなぁと思っております。

木村カエラさんが、自身がMCを担当するラジオ番組で、perfumeさんの曲をヘビロテしたのも、perfumeさんが注目された要因だとか?

パフォーマンスに限らず、「曲をヘビロテしてもらえるだけの魅力」を、perfumeさんが開花させていたと言う、やはりローマは一日ではできない話でした。

夢見る夢子ちゃん

これはCD作るときに、とある人に「嘲笑された」言葉です。

DTMから始まって、作詞の修業をして、CD-R配る活動をして、YouTubeに曲をアップして、等、忙しく活動をつづけ、ようやく「CD-RじゃなくCD作ろう」となった時点で、とある人にその話をしたら、「いつまでも夢見る夢子ちゃんじゃないんだから、現実的に考えなさい」って言われたんですね。

ロボが「ただ日常的に鼻歌歌っている人」を見て、「何がしたいのかわからん」と思ってた時と、多分同じ心証を受けたんでしょう。

LuNa RhyThmさんも、努力過程はあまり自慢しないほうなので、いきなり「CD作る」と言い出せば、「ああ、この子も、努力せずに夢を見ているのね…」と思われても仕方ないと思いますが、毎日が時間との勝負(副業後、直帰で深夜まで作家活動を続けていた)だった頃を思い出すと、ロボsも多少ムカつきまして。

思わず友人に電話をかけて、心のケアをしてもらいました。

そして現在

出展イベントの抽選待ち中です。「現実的に考えて」、今までの努力を無に帰してはならんと判断しました。

今回発表するのはボカロソングなので、普通の音楽系イベント以外にも、ボカロイベントにも出展できるのが強みかな。

ボカロイベントだとかすんじゃうかもしれないですけどね。

今回のボカロアルバム「Wind Words」は、ニコニコ動画には発表していないし、ほぼ無名の新人ですから。

なんかYouTubeのほうが勝手がわかるし居心地がいいんですよね。

それより、HPの作詩のコーナーを更新しないと。

 

LuNa RhyThm official web site 月暦には、

http://lunarhythm.holy.jp」からアクセス!

 

 では、See You Next TIme! またね★。