狂騒旋律

ロボからの素敵な脅迫状

他人様のお題でもきっちり宣伝している

お題「やってみてよかったこと」

 

前置き

ホイホー。クリエイターLuNa RhyThmさんのとこの宣伝係、ロボです。

副業後の休憩を使って、お題に答えてみます。これはブログチャレンジとは関係ないんですけど、今日は緩い感じで進める予定なので。

本題

「やってみてよかったこと」…音楽にかかわり続けたことかな。

聴く側としても、作る側としても。作るって言っても、DTMerなんだけどね。

後、ボーカロイドを使ってみたのが、ためになったのかな。

最初は、声優さんの声をもとにして…って言う時点で、「秋葉の香りがする」と言って存在は知ってても使うのをためらってたんですけど、その当時が、YouTube上に「名作」と言われるボカロソングがあふれかえってた時代で、YouTubeで聞いてみて、「意外と普通なんだな」って言うのが分かったんですね。

それで、実際使ってみて、「この音程は声にするとこんな感じなんだ」って言うのがはっきりわかるようになりましたね。

これは今、LuNa RhyThmさんの歌の練習にも役立っています。

歌練についてさわりだけ

ただし、女声のボカロしかもっていないので、キーは本人の声に合わせてますけど。

女声も出るんですけど、「悪っこ少女ボイス」ならキープできるんですが、綺麗な女の子声が、ファルセットでウィスパーボイスじゃないと出ないので、肺活量がいるらしく、長く続けてると酸欠になるそうです。高音がキンキン声になったり。だって、裏声で既に高音なのに、さらに高音出そうとしたら声ケロるでしょ(←メカかよ)。

男声は、野太い悪声と、鏡音レン的な少年ボイスが出てますね。今のところ。声をつぶさない限り。その声をキープしながら、もちろんメロディーの上がり下がりも調節しないとならないので、「慣れるまで歌うがよかろう」って言う状態です。

よく聴く曲とか

ロボsは声質や歌い方に特徴のあるボイスが好きで、例えば黒夢とか、DIR EN GRAYとか、ブラフマンとか、ベタにラルクアンシエルとか、T.M.Rとか、女性ボイスなら、アヴリル・ラヴィーンさんとか、クラムボンとか。

曲の構造が好きって言うのも大きいですけど、やっぱり声とか歌い方に聴き入りますよね。

作業ミュージックとして聞いていても、いつの間にか歌ってたり。

なので、集中したいときは無音で作業します。無音で作業しながらブツブツ何かつぶやいているので、なんじゃいと思ったら小声で歌ってたりします。

自分で歌うのは邪魔にならないようです。

そんなわけで

日常が充実していると言ったら、充実してるんですよ。基盤が「音楽活動をするための暮らし」として作ってあるから。作詩とか小説書きとかも、詞や音楽のネタになったり、グラフィックのアイデア源になったりするので。

最近販売用のCDを作ったし、抽選待ちですけど、音楽系イベントにそのCDとかを出展予定(抽選受かったら)なので、現在色々準備中です。

他人様のお題でHPへのリンクを貼るのは図々しい気がするので控えますが、

「LuNa RhyThm Official web site」か、「LuNa RhyThm official web site」のどちららかで検索してもらえると、Yahoo!なら結構上に出てくるし、Google charmの場合は、リンクのアドレスが書かれた記事がヒットすると思うので、遠回りですが、遊びに来てくださいな。

Indexのちっこい方の画像から、2~3年前に作った曲の試聴が出来たりします。

「official」の「O」が大文字だったか小文字だったかがうろ覚えなのがすでに危機なんですけどね。

お題「やってみてよかったこと」。DTM。と、HP運営、です。

 

ご通読ありがとうございました! では。