狂騒旋律

ロボからの素敵な脅迫状

ルー語で夢な日記

ルー語で夢な日記

おはようございます。閲覧ありがとうございます。ここ数日間、ブログチャレンジの課題をクリアし続けている、閃光を発したり、上質になったりしているロボです。

もらえる二つ名で、そういうのが多いんですよ。「上質な」と言われた時、「ああ、ロボも肉なんだな…」と思いました☆。

 

いい加減まどろっこしくなってきたので、ブログチャレンジで「2~3この課題を組み合わせた記事」を書くことにしました。
じゃないと、飽きるほうが早い。
そこで今回は、「ルー語で記事を書く」と「夢日記を書く」と言う2つを組み合わせます。

 

夢日記って、睡眠中に見た夢かな?と思ったんですけど、それは結構過去に何回か書いてるんですよ。
中級編で、そんなに簡単な課題はあるまい、と思うので、個人的に難しい「こうだったら良いなぁと言う夢」を、
ルー語で書いてみます。ルー語はちょっと簡単な方法があるので、それを応用します。

 

では、Go to the Dream☆。

 

Someday、ロボはthinking。Why、ロボには筋肉がつかないのか。それは、筋肉のつくものをnot eatingだからだ。
ロボsは、meatをno eating。宗教的なreasonとか、parasiteを気にしているとかではなく、just a not delicious。
Yesterday、fishesの悲劇的なstoryをwrightしておきながら、fishは結構can eatなので、sometime eating。
But、そんなに量はcannot eat。基本的に食事の回数は多い(4time or 5time)、but、little little littleしかeatなので太ろうにも太れないらしい。
いや、筋肉が。
Supplement is not believed by robo's mindなので、ロボはsometime fish meatをeating。
そんなロボのdreamは、HOSO-MACCHOである。
Fortuneなことに、持久力筋はついているので、持久力筋をmore鍛えれば、slenderでpowerのあるbodyになれるのでは?
と、I have a dream(←キング牧師)。

(Oh,This is not Mr.Ru)お粗末様でした!!

ちなみに、文章をルー語にするには、普通に書いた後、知っている英語に変換できる部分を、英語に置き換えるだけ。
これたぶん、英語の上手な人だと難しいと思う。
文節の構造は日本語のまま、単語や文脈の一部を英語に変えなければならないので。
本物のルー語は、カタカナだと思うけどね。ロボも当て字感覚で英語つづりにしたから、正確には意味通ってない語とかあるかも。
ロボは高校生くらいまでは英語そんなに嫌いじゃなかったから、文節の構造が適当で良いのなら、結構書けるもんだね。
最後はキング牧師の格言になっちゃったけど★。

 

筆がのってきたので、ついでにもう一つの課題も放り込もう。「好きな本を紹介する」。


こういう時に、「夏目漱石の『こころ』」とか言うと、学生っぽくて良いのかもしれないが、ロボsは既に学生ではないし、つまり単に三角関係の物語であるというわけで、そんなに「こころ」に感慨深いものを感じないのだ。

 

明治文学が嫌いなわけではないが、夏目漱石なら、やはり「I am a cat」…「吾輩は猫である」のほうが、全然面白い。


一番印象に残っているシーンと言うと、人間がうまそうに食っている餅と言うものが気になった名の無い飼い猫が、みんなが寝静まった後(だったかに)、こっそり雑煮の餅を食べようとしてみて、牙にくっついてしまってあわや窒息しそうになるという件である。
猫…興味あったんだろうね。餅に★。

 

吾輩は猫である」の現代語訳版を読んだのが小学生の頃で、牙に餅がくっつてテンパってる猫が、ちゃんと助かるのかどうか怖くなり、そのシーンの後を読めなくなってしまったと言うトラウマを持っている。
人間が死ぬより(「こころ」では人が死にます)、猫が死ぬほうが悲しいという思考回路を昔から持っていたんだね。


あ。本当は好きな風景写真集の紹介をするつもりだったのに、「吾輩は猫である」の紹介で、「好きな本を紹介する」がクリアできてしまった。
現代語訳版の単行本が出てるはずだから、「明治文学の入り口」として、そして「猫の命は世界で一等に尊いものである」と言うインプリンティングのために、「吾輩は猫である」を読んでみて下され、世の若人達よ。
「猫が嫌い」と言う人は、「ハチ公物語」の文庫本でも探してみておくんなさいな。存在するかわからんけど。

 

よし。課題3つクリア。それと、一昨日から急にスキン代わってびっくりしたかもしれないけど、これもブログチャレンジの課題なんだよね。
前のファンスィーなスキンもお気に入りだったんだけどな…。
次は、「料理日記を投稿する」か…金のかかる課題だな。課題には金がかかるって知ってるけどね。画材代に泣かされた学生時代…。

 

LuNa RhyThm official web site 月暦には、

http://lunarhythm.holy.jp」からアクセス!

 

では、See You Next Time!  またね★。