狂騒旋律

ロボからの素敵な脅迫状

5年前のことを書いてみよう

5年前のこと

これもブログチャレンジの課題です☆。

「君は何のために生きているんだ!?」と、暑苦しく尋ねられたら、

「課題を終わらせるためだ!!」と答えます。学生かよ。

 

しかるに、ブログチャレンジいたします。

 

5年前。ロボsは作家(クリエイター)になるために、社会の荒波にもまれながら、色々修業していましたね。その頃のLuNa RhyThmさんは、クリエイター予備軍と名乗っていました。

今とは別の副業をしながら、作品制作を始めるための準備費用などを貯めていました。

古いほうのパソコンを買ったのも5年前だから、恐る恐る作品制作を始めていたころかな?と思います。

まだ予備軍なので、音楽の勉強をしながら、ボーカロイドや作曲ソフトを苦心して操作していました。

今思えば不出来な音楽を焼いたCD-Rを、友人知人に送りつけて、「聞いてみてくれ!」っていう活動をしてたんだけど、あのレベルで人に聞かせようとしてたんだから…結構強気だったね。若かったからかな。

「LuNa RhyThm」の定義も曖昧で、一応、音楽活動名としていたんですけど、そのうち自分でも歌いたいなーって言う希望はあったので、その後「LuNa RhyThm」は電子ボイスを使うときの名義、と言うことになりました。

 

5年前に焦点を絞ると、交友関係が悪かったですね。

旅行によく出かけていたので、普通に副業先で仲良くなった人たちに、旅土産を渡したりもして居ましたが、悪いのはそれじゃなくて、なんだか知らないけど、約2名の人に依存されてしまいまして。

どちらも、「遊び相手に飢えている寂しがり」で、一方のほうは遠くに引っ越したので、メールで迷惑をかけられ(睡眠の邪魔)、もう一方は近所に住んで居たので、「一人でいるのがつらい」とメールが来て、作業の邪魔をされることは多かったです。

最初のうちは、「じゃぁ、気分転換に少し出かける?」って返信して、その元友人と出かけてたんですけど、もちろん友人に付き合っている間は、作業はストップしますよね。

あまりにも、その元友人の依存度が高くなった(夜間まで連れまわされる)のと、段々元友人の妄想的症状がひどくなったので、ついて行けなくなり、絶縁してさようならです。

そんな5年前ですが、よく乗り越えたと思いますよ。

そこから、本格的に色々クリエイターとして動き出して、CD-R作ったり、HP作ったり、M3に応募して落選して、YouTubeに作品を載せるようになり、なんだかんだで5年が過ぎたわけです。クリエイターってちゃんと名乗るようになったしね。

あっと言う間でしたが、M3にもリトライする勇気も出てきたし、ロボsは、少しずつ成長しております。

 

 昨日、申し込んであったCDプレスも終わり、ちゃんと工場から郵送されたと言うお知らせが来ました。

うれしいですねー。どんな風に出来上がってくるんだろう。

「2017 M3 秋」には、そのCDを持ってゆくので、抽選が当選したらお知らせいたします。

結局しめは宣伝になるんですね☆。

 

LuNa RhyThm official web site 月暦には、

http://lunarhythm.holy.jp」からアクセス!

 

では、See You Next Time!  またね★。