狂騒旋律

ロボからの素敵な脅迫状

てんてこが舞ってはならない

こんにちは。クリエイターLuNa RhyThmさんのところの宣伝係、ロボです★。

米が美味しい。そして作業につまっています。

今日の宣伝的脅迫状だよ★。

今日は気分転換に他の作業をすすめることにします。HP系の作業ですね。
具体的には作詩の背景描きです。

イラスト専用ソフトとかもあるそうで、そう言うのも良いなぁ使ってみたいなぁ思っているのですが、CD作ったあと予算があったら買ってみようかな。

以前も描いたけど、LuNa RhyThmさんはPhotoshop使いなので、Photoshopで大体の作業をこなしてるのですが、時々Illustratorを使わなければならなくなったりすると、今回のように「てんてこ」が舞ったりするんです。
(「てんてこ」ってなんだ←後で調べよう)

ソフト内での線的な緻密な描写とかもPhotoshopでは難しい(出来ないことはないが時間がかかる)ので、頑張って新しいソフトを購入します。

線的な描写ならIllustratorでできるはずなんですけど、今のところIllustratorは「入稿時のデータ変換用」にしか使っていない、大変もったいない使い方しかしていないので、今後使い方を覚えて行けばなんとかなるかな…。

でも、直感的に描ける媒体となると、やはり新しいソフトは必要なんだよね。
Illustratorは、部分的に線を盛るのが大変。線の強弱がある絵が好きな人にはあまり向いてないかも。

と言うわけで、新しく貯金です。

イラストソフトいくらするんだ…!十万以内なら良いのだが。

余談だけど、YouTubeで、「ドラえもんの格ゲーがあったら」と言う設定のキャラクター紹介で、美形のしずかちゃんが、「湯けむりむすめ」と言う二つ名で出てて、
もう一人なんか赤い皮膚のがいるなーと思ったら、二つ名は忘れたが「のぼせたしずかちゃん」と言う設定で、真っ白い髪を二つ結びにして、真っ赤な皮膚でそれこそ鬼のような鬼気迫る顔をしていたんです。目はつり上がり、口は裂け、ですよ。

「ここまで崩せるキャラデザがスゲー☆」と受けていた。
二つ髷以外、しずかちゃんの原型がないよ…。

その他に居た、「父親の工場がつぶれたスネ夫」とかは普通だったんだけどな…。普通って言うか…あれを美形と言うのかはわからんが、クールな感じで。

てんてこの意味がわかりました。てんてこは、里神楽と言うものの太鼓の名前で、「てんてこ舞い」は、休む暇もなく忙しく動き回ること、だそうです。
つまり「てんてこ舞い」って、休む暇もなく忙しく踊り回る舞いなんですね。
和楽器ブレイクダンス?違うか。
「てんてこ(太鼓)」が舞うわけではなく、「てんてこ舞い」そのものが舞わなければならないので、てんてこ舞いを舞わなければならないと言うとは…なんのことだろう(意味がわからなくなっていた)。

それとも「てんてこ」自体の動きが細かいのかな…?
和楽器ラウドパンク?…やっぱり違う気がする。

なんだか今日の記事はごちゃごちゃしてますね。
何が言いたいのかと言えば、作業が詰まっていると言うこと。
さくさく背景画を描きます。

LuNa RhyThm official web site 月暦には、
http://lunarhythm.holy.jp」からアクセス!

作詩(soundless words81~90)の更新はもう少し待ってね。

では、See You Next Time! またね★。