狂騒旋律

ロボからの素敵な脅迫状

50%の国民が「日本と戦争すべき」と言っているなかで、「日本を嫌いな韓国人なんていない」とのたまうサイコさんはお花畑

おはようございます。クリエイターLuNa RhyThmさんのところの宣伝係、ロボです★。

チョコレートを食べてから眠ったからか、朝から頭がはっきりしています。
栄養を摂るって大切ですね。

今日の宣伝的脅迫状だよ★。

大体、世論について語りたいことは語ったので、そんなに繰り返して言うことじゃないと思うんですけど、コリアンが思うほどコリアの文化は世の中に知られてないよとか、在日と呼ばれる人たちは受け継ぐものが自己満足的な憎しみしかないのか、そりゃ嫌われるわけだ、とか、まだ色々な感想はありますけどね。

日本の文化に慣れ親しんでると言うわりには、宴会の席で自分が「在日」であるとカミングアウトして、「俺んちの一家は悲劇のなんとかなんだ」を語りたがる人っているそうですね。
やっぱり思想を思い込むことしかできないんだなぁと言うところですか。
日本の占領下が最悪だった(と聞いている)わりには、その最悪な日本にちゃんと逃げてきて、宴会に出席出来るくらいの収入と生活を維持できてるんじゃん。と思うんですよね。

日本占領下時代に、日本人の家に招いてもらって一緒に宴会をしたコリアの人や、笑いながら遠足に行くコリアの女学生達の写真等も残ってるんですけどね。

聞かされた歴史(?)が憎くて、それを信じて疑わず、「日本は最悪な国だ、日本が憎くて仕方ない、俺はそれを皆に啓蒙して回りたいんだ」とは言っても、そう言う悲劇のなんとかになっている人に対して、「憎しみは憎しみを生むだけです」と啓蒙するのは言い得て妙です。

日本も大東亜戦争時は、アメリカからの空爆と原爆投下を受けました。だけど、それでアメリカに賠償しろとは言いませんし、遺されたものに出来ることは、ただ死者の冥福を祈ることです。

それこそ、大東亜戦争時に、原爆の威力や残留する放射能がどの程度で半減期を迎えるか、等のデータが得られたので、一時期ロシア(旧ソビエト連邦)とアメリカで原爆の「製造競争」が起こったんですよ。
当時は冷戦と呼ばれる時代で、ロシアとアメリカが、実際戦争はしないものの、いつ戦火(原子力爆弾を使った戦争)を交えてもおかしくない状態になったことがあったんです。

そんな経緯もふまえて、「原爆」が再び使用される事がない世界を目指し、日本では原爆投下の日に毎年各国代表を招いて追悼式典が行われるのです。
そこで「アメリカが憎いんだ」と言って回る日本人はいません。

戦後に生まれた身としては、幼い頃は子供心に、一分間の黙祷は意味がわからなかったし、その意味がわかるようになった今も、あるのは「遠き日に亡くなった方への敬意」だけです。

上記の話と並べて書きたくないんですけど、以前も書きました通り、サウスコリアがベトナム戦争で蛮行、いわゆる三光作戦を行った結果、多数のコリアン兵とベトナム人女性の私生児ができたんですって。

もちろん、ちゃんと手続きを経て「慰安所」に入り、給料をもらって避妊しながら衛生的に働いていた「慰安婦」とは違います。

単なる「俺様コリアン兵隊」による、一方的な強姦によってです。
ベトナムの人が何も言ってこないのを良いことに、サウスコリアンはその事実を無かったことにしていますが、私生児達は今も生存しています。

現在、サウスコリアンは、慰安婦問題(既に問題かも疑問です)が、人種差別だのユダヤ人虐殺に継ぐ世界の問題だだの、言いたいこと言ってますけど、お前のとーちゃん達がベトナムで何したかの史実を、ベトナムにいる私生児達から聞いてこいって感じです。
とーちゃん達は絶対嘘つきますからね。

人種差別の問題だと言うなら、サウスコリアンに侵害されたベトナムの人は「人」ではないのか?と問いただしたい。

サウスコリアでは、今人口の50%を越える人が、「日本と戦争すべき」と答えているそうです。
パソコンの前で、「きっと日本は戦争がしたいんだ」と書いていた青年だか少年だか知らんが、そいつ赤っ恥ですね。
戦争したがってるのが自分の国だったんですから。

それは良いとして、国民の口から「戦争」の言葉を導きだすのが「反日教育」の狙いだったんだなぁと思いましたが、どれだけサウスコリアンが「自国の軍事力」に期待しても、ノースコリアの「日本海にごみを捨ててるのと同じ弾道ミサイル」に期待しても、たぶん助けてくれると思ってるロシアに期待しても、無駄ですから。

何故なら、民間人がわかるくらいサウスコリアの軍事力はぺなぺなで、ノースコリアの中距離弾道ミサイルとやらは、さっきも書いた通り日本海にごみ捨ててるのと一緒(日本海までしか飛ばないもの)だし、国際的な信用が失墜しているコリアに、ロシアが加勢しても、ロシアにはなんの利益もないからです。

以前のサウスコリアは、アメリカを取り込んで、日本を潰す作戦を立てていると報道していましたが、「アメリカを慰安婦(問題?)の話に巻き込んだ」ので、トランプ大統領さんはコリアに怒り心頭ですからね。
サウスコリアンは小銭のために自滅する方向に走ってるんですねぇ。

日本からの輸入品で物を作って、海外に輸出しているサウスコリアですが、日本からの輸入をやめようって言ってるんですって。理由、反日が気分良いから。
でも、日本からの輸入していた材料がなくなると、サウスコリアの半導体工場は生産がストップします。
工場つぶれます。雇用数減ります。失業者増えます。
雇用数を増加することをプロパガンダにあげて当選した、今も反日発言で人気を得ている現サウスコリア大統領は、公約を守れません。
工場が減ると、サウスコリアの若者は職に就けません。貧困層が増加します。現サウスコリア大統領、失脚します。
はい、以上を「自滅」と言います。

そんな状態にも関わらず、「日本を嫌いな韓国人なんていないのにね」と発言する、サイコなコリアンがいるので、どれだけ世の中が見えてないのか。

サウスコリアのテレビ観て新聞読んで大統領演説聞いて、大統領の反日発言の度に拍手喝采になる光景を目の当たりにすれば、少しは「今のサウスコリアの状態」がわかるんじゃない?
「日本を嫌いな韓国人なんていない」と言うなら、君が慰安婦ババアに啓蒙してあげなさい。
「残り少ない人生を泣いて過ごす気ですか。叫んだって喚いたって、誰かのせいにしたって、今あなたの自尊心を傷つけているのはあなたですよ」と。

そんなこと言われたくらいで脳内麻薬と「一泣きいくら」の給料への欲求からは逃れられないだろうけど。

でも、たぶん、「日本を嫌いな韓国人なんて…」といっていたサウスコリアンも、日本が輸出止めたら「日本はなんてひどいことをするんだ!やっぱり悪魔の国だったんだ!」に変わるんだろうなと予想はつきます。
手のひら返しがお家芸ですもんね。
原因が自らにあるとは一切考えないのも、「コリアン被害者意識の会★」の賜物ですものね。

そんなことは、ハッキリ言ってどうでも良い。
一縷のあわれみすらなくなったのは、言うまでもない。

それより中国の大気汚染の方が心配。
チャイニーズよ、エコに努めてくれ。

今回もなんの宣伝文でもないものになってしまった。
いたって平和な、
LuNa RhyThm official web site 月暦には、
http://lunarhythm.holy.jp」からアクセス!

ロボもね、平和な話がしたいんだけど、時代がね。平和じゃないからね。良いところ大人だし、世論の話になっちゃうのですよ。
お花畑に住めたらどれだけ良いことか…。
そう言う世界はLuNa RhyThmさんが作品に反映してくれるので、更新を待ってあげて下さい。

では、See You Next Time! またね★。