Luna-Rhythm’s blog

ロボからの素敵な脅迫状

オリエンタルトロピカル・タピオカ

こんにちは。クリエイターLuNa RhyThmさんのところの宣伝係、ロボです★。
先月から2kg痩せました。

今日の宣伝的脅迫状だよ☆。

着るものも薄くなったのと、冬の間に必要だった脂肪が、ごっそりとれたらしく、50kgに到達しました。理想体重が52kgなので、やや痩せぎみですね。

そんなことより、日本の視線は今、台湾に向けられているんですね。
料理と文化を紹介するNHK番組「グレーテルのかまど」で、「タピオカミルクティー」が紹介されていましたが、あれって台湾が発祥だったんですね。

現在は日本のコンビニでも「タピオカミルクティー」は手に入りますが、こんなところ(コンビニ)で国際交流していたとは、と、なんだかほほえましい気持ちになりました。

台湾の人達は、タピオカのモチモチ感を「QQ」と呼ぶそうです。確かに噛むと「きゅうきゅう」と言う擬音の感触がします。
と、偉そうに解説していますが、ロボは飲み物を噛むのが苦手です。
日本でタピオカが紹介されてから数年経過したある日、ロボも好奇心でタピオカドリンクをコンビニで買ったのですが、そのときが初タピオカ体験で、
「タピオカと言うものの食べ方」を知らなかったので、ほとんど噛まずに…いや、噛めずに飲んじゃったんですね。
タピオカを口のなかに残して噛む、と言う食べ方ができず、数個を噛んだ以外は、ほぼ全部喉ごし。

「これは喉ごしで食べるものなの?」とか、「でも食感がって言ってるから、たぶん噛むものなんだよね?」とか、「どうやって飲みながら噛んだら良いの?」とか、頭の中で疑問符が湧きました☆。
蕎麦を初めて食った欧米人が、「すすり混むってどうすれば良いの?」みたいになるのに似てるのかな。
その逆パターンで、「飲み物を噛みながら飲むってどうすれば良いの?」になりましたね。牛乳すら噛みながら飲めませんからね。

そんな「喉ごしのロボ(変な二つ名)」ですが、ビールのうまさは全然わかりません。
あれも喉ごしで飲むものですけど、お腹がふくれるし、「味あわずに飲む」って言うことも出来ないので、口の中を通過するとき苦いし。

ビールは余談として、タピオカの正しい食べ方がわかったので、再トライするときは、なんとかしてタピオカを噛んでみます。噛めば噛むほど味が出て美味しいそうなので。

タピオカに挑む作戦としましては、まずタピオカとドリンクをストローで一定量チューっとすすって、口の中にタピオカを残してドリンク部分を先に飲んで、ゆっくりタピオカを「QQ」言わせながら噛む、と言う方法で…なんか描写すると行儀悪いみたいな感じですけど、たぶんその方法なら噛めると思います。

よし、明日はコンビニでタピオカミルクティー買うぞ。季節や店舗によって置いてなかったりするので、思い当たるコンビニをハシゴしてみよう。

LuNa RhyThm official web site 月暦には、
http://lunarhythm.holy.jp」からアクセス!

あんまりCDデザインばかりしていると気が滅入ってくるので、作詩でも始めます。

では、See You Next Time! またね★。