狂騒旋律

ロボからの素敵な脅迫状

日本がスケープゴートを放棄した結果とか

おはようございます。クリエイターLuNa RhyThmさんのところの宣伝係、ロボです★。
早朝4時半から起きて作業。

今日の宣伝的脅迫状だよ☆。

6時半に今日の分の作業が半分終わったので、残りは帰ってきてからにします。

部屋が暑いと思ったら、湿度が高かっただけだった。

その昔、日本に軍隊があった頃、当時のお偉いさんである東条英機氏が、戦前にアメリカに渡った日系移民の2世の人に向けて、「君達は、君達の国(アメリカ)のために忠義を尽くさなければならない」と言うむねの手紙を出したそうで。
日系移民の2世で米国の軍人になった人々は、その言葉どおり、米国の過酷な作戦に不満も言わず、いわゆる「血の犠牲」をはらって、勇敢に戦い抜いたのでした。

東条英機さんも、日系アメリカ兵として戦地に赴いた移民の2世の人々も、忠義と誇りを重んじる、武士だったんですね。

と言う話をYouTubeで観て、ロボは感涙しておりました。

その日系2世米国軍隊の生き残りの人々も、その多くが90歳を過ぎた当年(だったか)に、安部総理が、「Go for broken memorial」と言う米国の石碑を訪れ、かつての日系アメリカ兵士達と会って、労りの言葉をかけたそうです。

そのYouTube動画では、「彼等は裏切り者ではなかったのです」と書いていましたが、夫々の国のために忠義を尽くした者を、誰が裏切り者と呼びましょうか。
武士同士、信念をかけて刃を交える事もあるのです。

裏切り者と言うのは、虚言を鵜呑みにして、もしくは単なる優越感のために、他人(世間の母親とか)のせいにしながら、自分の強情を通そうとする者です。
「世間のお母さんのために」と言うのは、「世間のお母さんが不満を言っているせいで、私はここで意見を言わなければならない」と言う責任転嫁です。
もしくは、「慰安婦問題について韓国に謝れ」と言うのは、「韓国政府が金を配らないで、金を国家事業に使ってしまったので、私達のところには金がおりてこない。もっと金を寄越せと、慰安婦ババア達が言っている」ので、それに従えと言っているのです。

そう言う、「責任を負いたくないけど威張りたい(何かを主張したい)」と言う、いつまでも中二みたいな人々の言動を、「裏切り」と呼びます。

もし意見が通ったら、自分は気分良いし、責任は「世の中の母親」と、「韓国の慰安婦ババア」にあるので、責任とらなくてすむ、と言う、二重の裏切り行為ですね。

そんな、責任すらとる気はないのに、「私は世の女性の代弁者よ」と鼻高々になってしまっている頭のおかしい議員が多いのが、先日記した「民進党」と言う政党です。

民進党が頭おかしいのと同じく、韓国の学者も頭がおかしいらしく、日本は韓国がその昔に支配していた国だ(つまり儒教の教えに従って、韓国を敬うべきだ)と言い出す始末ですから、結局コリアンって、北も南も同じ、中身のない人々なんですね。

とにかくなんとかして日本や米国にたかって生き延びようとしているのが、明確に見てとれますね。
嘆かわしいことです。

日本は地震で滅亡寸線だとか書いてる韓国の人の記事とか見ましたけど、耐震建築については日本は世界基準でもトップクラスなので、地震で滅亡するほど柔な国ではないのですよ。

「韓国は政治家のことでもめてるだけ」だと言う韓国の人の記事も読みましたけど、政治家に云々言う前に、経済不振になったら「反日活動」、国を牛耳るためにも「反日活動」ばかりの韓国と言う国の異常さに気づかないところが異常なのだと、そろそろ気づかないものですかねぇ。

別に韓国が日本へのヘイトスピーチをしていても、反日活動していても確かに安部総理の言う通り、日本は困らないんですよ。
日本と言うスケープゴートがいなくなると、最近のように米国を脅し始めたりするので、米国が困るんです。
だから、オバマさんが「反日活動をやめさせろ」って言ってたんですけど、「反日の快感」に浸っているコリアンは、脳内麻薬に溺れているので、相手にするだけ無駄なんです。
だから、安部総理も韓国を放置(もしくは経済制裁)してたんですけど、さっさも書いた通り、スケープゴートがいなくなると、米国に飛び火するから、今トランプさんが大変でしょ?★。

日米の力添えのおかげで独立させてもらっておきながら、恩を仇で返すのが、韓国の「儒教の教え」なんですかね☆。


そろそろ時間なので、今日はこの辺で。

LuNa RhyThm official web site 月暦には、
http://lunarhythm.holy.jp」からアクセス!

では、See You Next Time! またね★。