狂騒旋律

ロボからの素敵な脅迫状

季節外れは承知の上

f:id:Luna-Rhythm:20170511205405j:plain

こんばんは。クリエイターLuNa RhyThmさんのところの宣伝係、ロボです★。

この時期に桜は季節はずれかな。少しピンボケだし。

 

今日の宣伝的脅迫状だよ★。

 

またしても、Twitterに乗せた写真なんですけど、全体的にぼやけていて、使い物にならないので素材から外されていた物を流用しました。

何処をトリミングしようか迷いましたね。

もちろんそんな事に労力を割いているばかりでもないんですよ。

昨日復活を宣言したばかりなのに、LuNa RhyThmさんボイスのUTAU「Iruku」が使えなくなりました。

保存した歌声を再生できなくなり、原音を設定しようとしても、「パス名が無効です」と言う表示が出て、ウィンドウが閉じてしまうのです。

やはりデフォ子達と一緒に1から始めなくちゃならないですね。

 

別名義で、生声を使った活動を推進中なので、「Iruku」のほうが歌上手いとか言われないのは良いかな、と良いほうに考えているようです。

 

日本では、花は桜と言われているのは良く知られていますが、それは万葉の世界で、花と言うと桜の季語だったと言うのの名残だそうです。

ここでも二文字の世界が渦を巻いています。

昔から、歌を詠む人達は、どのように「文面」を5、7、5、7、7の中に収めるかに熱を注いでいたんですね。

でも、春の花のうたを詠んだのに、秋の花にその手紙を括り付けて、貴族の女性に送ってしまった貴族の男性は、「センスない」と見なされてフラれたそうです。

最初から秋の花のうたを書けばいいのに、と思いますが、たぶん納期(春)を待てない恋心が暴走したんでしょうね★。

 

平安時代の話はおいておくとして、せっかく春の花の写真を添付したので、春の話でもしましょうか。

「出会いと別れの季節」とか、「新年度」とか、いろいろ美的な装飾語をもらっている春ですが、ロボ達としては、暑苦しいのに汗が出なくて困る季節です。

学校や会社のシステム的な習慣にあまり興味がないので、「卒業や入学による人間の出入り」にも、そんなに興味はないですね。植物の移り変わりのほうが面白いかも。

新年度だから何か始めようとかも思わないですし。毎月何かは作ってますからね。月末が怖いだけです(自己管理〆切)。

話それますけど、なんだか香ばしいものが食べたい。それこそじゃがりこが食べたい。

(調理)

目玉焼きとわかめスープを食べてみました。少し落ち着いたかな。

いつの間にか23時を過ぎてしまいました。ろくろく春っぽい話も出来ませんでしたが、眠ります。

 

LuNa RhyThm official web site 月暦には、

http://lunarhythm.holy.jp」からアクセスできるよ★。

 

明日は初夏っぽい写真でも撮れると良いな。じゃがりこも買ってこよう。

 

では、See You Next Time! またね★。