読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Luna-Rhythm’s blog

ロボからの素敵な脅迫状

みなさん花観てますか

f:id:Luna-Rhythm:20170508165545j:plain

 こんばんは。クリエイターLuNa RhyThmさんのところの宣伝係、ロボです★。

Twitterにもあげた写真ですけど、花です。

名前は知らないけど、花です。確か…ベラドンナではなかったはずです☆。

 

今日の宣伝的脅迫状だよ★。

 

名前は置いておくとして、日本では、年間を通して様々な花が咲きます。

主な花の季節と言えば春から夏ですけどね。

冬でも、寒椿とか、さざんかとか。

人間は太古から植物と一緒に居たので、植物の無い環境では色々不具合があるんですよ。

不具合が無くても、庭に花を植えたり、その花をとってきて室内に飾ったりする人もいます。

街でも、プランターをおいてチューリップ植えたりする自治体があるでしょ?

公園には緑地帯が置かれるし、家を建てれば庭木にもこだわるし。

現代の日本の大体の場所には、河畔には桜が咲き、海辺には松林があります。

これは江戸幕府の働き掛けで植樹され、花見客を集めて河の土手を固める目的と、海辺の飛び砂を防砂する目的があるのです。

植物と人間の暮らしをうまく使った例ですね。

 

でも、時代が下って人間が増えると、せっかくの防砂林を切って、砂丘地帯に住む人も出て来るのです。

「飛び砂被害」とか言ってますけど、元々そんな所に住むものが悪いんです。

防砂壁とか言うのを作っていますが、蓄積した砂が壁を越えて飛んでゆくので、ほとんど役に立っていないそうです★。

 

話がそれましたが、縦軸は花のことです。

現代の教育事情を知らないので、現代の男の子に「お花綺麗だね」って教えるかどうかは分かりませんが、ロボはつい数年前まで、園芸に興味はありませんでした。

LuNa RhyThmさんが、写真の被写体として植物を撮っていたので、「色んな植物があるもんだね」と思うようになったんです。

LuNa RhyThmさんは特に桜が好きらしくて、毎年執念深く…いや、根気強く…いや、何故かは良くは分かりませんが、桜の季節になると、いそいそとカメラを持ってでかけています。

曇り空の桜が一番好きらしいので、月一日記に載っている桜も、全部背景が曇り空です。

そんなわけで、ロボも最近ようやく植物の良さに目覚めたのですが、自分で写真を撮るとどうしても悪い意味で面白い写真になってしまうので(人物はいりすぎとか、ワンボックスカーのビール屋さんが写りこんでるとか)、LuNa RhyThmさんの写真フォルダから、使わないだろうと思う写真を失敬してきて、Twitterに載せたりしています。

LuNa RhyThmさんは人物を写さない写真の撮り方がすごくうまいんですよ。

日常感を出さないと言うか。

それと比べると、ロボの撮影した写真は、ギャグですね。もうギャグであることを前提に撮っています。

「梢が風でさわさわ言ってるのが綺麗だなー」と思ってファインダーをのぞいても、「オレンジのジャケット着てる外国人の人がスゲー目立つ」と言う事に気づいて、人物も一緒に写しちゃうとかね☆。

素材としては使えないのですが、ギャグとしては使えるので、そう言う写真はTwitter行きになるんですよ。

そんなわけで、みなさん、心をいやすために植物を愛でましょう(記述と結論があってないよ)。

 

LuNa RhyThm official web site 月暦には、

http://lunarhythm.holy.jp」からアクセスできるよ★。

 

前も書いたけどHPには、ロボのTwitterもリンクされてるよ。

まだ写真の数少ないけど、これからどんどん増やしてゆきます。

 

では、See You Next Time! またね★。