読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Luna-Rhythm’s blog

ロボからの素敵な脅迫状

鯉とか「」とか恋とかカッコウとか

こんにちは。クリエイターLuNa RhyThmさんのところの宣伝係、ロボですよ★。

 

日焼けをする季節になってきましたね。手指が焼ける。

ロボは少し風邪気味です。

 

今日の宣伝的脅迫状だよ☆。

 

久しぶりに包丁をショリショリと研ぐロボ。

その背後には、今日の食材、パスタとパスタソースが!!

包丁はパスタソースを開けるだけ。パスタは3分でゆで上がるものを買ったので、お湯を沸かす時間のほうが長い。

そうしてほのぼのとした夕飯を迎えようとしていたのですが、お客さんが来る日だったことに気づいていたので、掃除も同時進行。

調理は一度やめて茶の用意。

それにしても今日はやけに眠い。

 

と思ったら、お客さん来る日じゃなかったみたい。

お茶の準備をしてしまったので、仕方ないから茶はロボが飲みます。

緑茶はうまいね。

 

湯を沸かしてパスタ達をアルデンテにする準備をします。

ロボ達は魚が大好きなので、昼間にNHKで観た、鯛料理(唐揚げとか)がうまそうで仕方なかったけど、

実際生け簀に泳いでいる魚(鯉とか)を見ると、「優雅だねぇ」と、哺乳類と変わらない仲間意識を持ってしまうので、切り身にされたものでもなければ食べません。

動いてるのを見るとね…生き物だと認識してしまうとね…食べる気が失せる。

生け簀に手を突っ込んで鯉の踊り食いをするのがいたら、たぶん発狂しています。そういうのには近づかないで、静かに写メ(証拠写真)を撮って、警察を呼びましょう。

にわかには信じてくれないかもしれませんが(鯉踊り食いするってどんだけ熊なの?)、そこは警察を説得して下さい。

「生け簀の鯉を捕まえて生のままバリバリ食べてる人がいるんです!」

「え?なんですか?もう一度」

「だから、生け簀の鯉を!」

「池須の恋を」

「捕まえて生のまま食べてる人がいるんです!」

「捕まえて?…恋を捕まえて…?ああ、鯉。鯉なんて捕まえてる人いるんですか?」

「いるから知らせてるんじゃないですか!」

と言うやり取りをしている間に、食事の終わった狂人は何処かに去ってしまうかもしれないので、写メ撮れと最初に言ったのは、そのためです。

たぶん電話だと、「鯉」と「恋」は同じ発音なので、一瞬意味不明になると思うんですよ。

生け簀って言う言葉が出てこなかったら、水槽とか言えばもっと分かりやすいかも。

普通に聞いてて「恋」だか「鯉」だかわからなくなっている時点で、笑い話でしかないですけどね。

緊急性が感じられない。

パスタも食べて満足なので、今日の作業を始めます。

 

LuNa RhyThm official web site 月暦には、

http://lunarhythm.holy.jp」からアクセスできるよ★。

最近更新少なくてすいません。

CDのほうにかかりっきりでして。

 

せめてTwitterに替え歌を載せたのですが、みなさん「静かな湖畔」って言うみんなのうた知ってます?

「静かな湖畔の森の影から、もう起きちゃいかがとカッコが鳴くー」

って言うのなんですけど、この「カッコ」は、「」←これのことではなく、鳥のカッコウのことです。

発音的にも少し微妙で、「」←これなんだか、カッコウなんだかギリギリの発音をするので、

「いっそ「」←が鳴いても良いんじゃない?」と思ってしまいます。

もちろん替え歌のほうは意味不明ですが、カッコウが鳴く静かな湖畔が酸性雨に汚染されたから石灰撒いたら撒きすぎて水がアルカリ性になって、どちらにしろ生物は住めないと言う歌に仕上がりました。

なんだか現実的なわりには、カッコウの取り仕切ってる管理会社があるんですよ…☆。

 

では、See You Next Time! またね★。