Luna-Rhythm’s blog

ロボからの素敵な脅迫状

ほぼワンパンマンを誉めているだけの記事

おはようございます。クリエイターLuNa RhyThmさんのところの宣伝係、ロボです★。

 

現在11時半しっかり12時間眠りました。

昨日はYouTubeで面白いものを見つけました。

 

ワンパンマンって言う、見た目はへぼーんとしてるけど、ヒーローとしてものすごい能力を持った「サイタマ」と言う名前の青年が、いろんな怪人やヒーローと戦ったり、

番外編では人助けをしたりするって言う物語です。

ワンパンチですべての敵を倒してしまうので、ワンパンマンなんです。

サイタマくんが「なんとなく行動してるのにすごく強い」と言うところがシュールで面白いんです。最初は番外編を読んだんですけど、思わずタブレットのGBを半分使って本編も読み続けてしまった。

普通にバトル漫画としても面白いし、アニメ化もされているようなのだけど、ロボは原作を推したい。

あんまり解説してしまうと読んだとき面白くないので伏せますが、番外編で、サイタマくんが、飛び降り自殺しようとしたおっさんを弁当の箸で服をつまんで助けるって言うシーンがあって、

「(サイタマの力がすごいのは分かったが)あの箸は何でできているんだ?」と言うのが謎でした☆。

名前がサイタマって言うところもすごいです。サイタマくんを誉めていると、埼玉県を誉めているような不思議な感覚になります。

「サイタマすげーな」とか、「サイタマの力」とか、自分で言っててウケるんだけど。

ワンパンマン」を語るだけで500文字使ってしまった。

とにかく面白いので、少年漫画の王道(あれは王道だと言いたい)を読みたくなったら是非。

遥か昔に○ヴァを読んだり、雑誌とかでも腐った漫画とかしかなくて、「少年漫画終わったな」と思ってたロボ達ですが、久しぶりに感動しましたね。

とある登場人物(人間としてはかなり強い)が、ピンチになったとき、敵とその登場人物の間に割って入ってきた別の登場人物2名に、「何しに来たんだ?!」と、ピンチだったほうが言ったら、割って入ってきたほうが、「何って…助けに」と言っていたのも、読んでるロボは「まじカッケェー!!」ってなりましたね。

ワンパンマンを語るだけで、今日の宣伝終わりそう。

そんなわけで、脇役もかっこいいぞ。氾濫する腐ったどーじんまがいの少年漫画に飽きた少年漫画読者に、ワンパンマンを再度おすすめします。

 

そこからの、普通の創作活動のお知らせです。

最近は、別名義のほうの活動が優先になってますね。

電子ボイス(ボーカロイドやUTAU)を使って作っても、感覚がわかったら本人も歌っちゃう。

女声ボーカロイドしかもっていないので、高音を歌わせるとキンキン声に近くなってしまって、そのトーンに合わせるのが微妙だったんですけど、ピアノやボイスリード(と言う音がある)を聞きながらなら、普通に自分で歌えるのがわかってきたみたい。

自分で歌えるなら自分で歌ったほう早いやみたいになっています。

音程やビブラートの正確さならボーカロイドのほうが上なんですけど、聞き取りやすさでは人声のほうが面白い感じです。

ボカロから完全に離れてしまうと言うことはないと思うんですけど、今のところは自分で歌うのを面白がっています。

でも、次に発表するのはもちろんボカロ曲ですけどね☆。

お昼をだいぶ過ぎてしまいました。ご飯食べに行こうかな。

今日も紅鮭がロボを呼んでいる。

簡単に食べれる和食っておむすびだもんね。

作りかけの、すごく凝ってるエレクトリックピアノのスコアを見つけたので、とりあえずその曲を完成させます。

まずはご飯が優先だけど。

 

そんなお腹を減らしているロボが宣伝している、

LuNa RhyThm Official web site 月暦には、

http://lunarhythm.holy.jp」からアクセスできるよ★。

 

お腹減ってるときのコーヒーは殺人的。

 

では、See You Next Time! またね★。